「BOOK on BOOK」は、これまでになかった本の飾り方を提案してくれる

本の楽しみ方はさまざまだ。

中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして機能するものも多い。

ここで紹介するのは、そんな“飾りもの”としての本の役割にフォーカスし、従来とは違った見せ方を提供してくれるアイテム。表紙を見せるのがこれまでの主流だったけれど、これからは、お気に入りのページを飾るなんてどうだろう?

本が持つ「世界観」を
より一層引き立てる

C2a50b4d15cdbcde7794581addc5a3c687ed590f

この「BOOK on BOOK」は、好きなページを開いたままにするために作られた、アクリル製の透明な本。使い方はシンプルで、その名の通り本の上に乗せるだけ。

C4298de1eba3591f460a6595e08eb171faf3030711b443b2839e1d0a5e2e28c316f04a970320971a78b0d2870297a81d50a714659701f4e36078081d

本を開いておくための道具はこれまでにも色々な商品が発売されてきたが、そのほとんどは実用性だけを重視したもの。しかし、「BOOK on BOOK」は、プロダクトとして完成された一冊の本の世界観をより引き立てるためのものだ。

F0c0582b415fcecb0d492a5d248ef6ad84c99968

もちろん、“見せる”だけでなく、“読む”としても活躍。両手がふさがっている時でも、透明度の高いアクリル越しに読書を楽しめる。実際に開発のきっかけとなったのは、ごはんを食べながらでも快適に本を読みたいという欲求だったのだそう。

職人の手で
一つひとつハンドメイド

21ad6f450d2127d78c0d1378cfaf329d3c3ea2f7968d87f252e9b8f1036742bc5e3d7c9b9ecdb397

今でさえ実現されたこの特殊な形状。はじめは、製造が困難で量産不可能となっていたのだとか。

ところが、静岡県のアクリルメーカーVathtel社による、数えきれないほどの試作検討によって製造が可能に。職人が、肉厚のアクリル板を一つひとつ加工、研磨している。

A703662301eb50a189263075cf0c2c0d02527040

構想から7年。紆余曲折を経て、ようやく発売された「BOOK on BOOK」。価格は6,048円(税込)で、購入はこちらから。その佇まいはもはや、使わない時でも飾りたくなるほどだ。

Licensed material used with permission by TENT
以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO...
本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
塗り絵ブームはより広がりを見せている感がありますが、お気に入りの写真を塗り絵にできたら楽しさがアップしますよね。「Color Me Book」はそんな思い...
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
見ず知らずの100人で、1冊の本を作る。一体どうやって?と思うかもしれません。その答えは、道行く人ひとりひとりに1ページずつ書いてもらう、という意外な力技...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
ビル・ゲイツは年に数回、<Think Week(考える週)>を設けている。その間は本を読んだり、同僚が時代に取り残されないように、と選んでくれた資料に目を...
フランスにある本屋さん「mollat」のインスタグラムアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり合わ...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...