「BOOK on BOOK」は、これまでになかった本の飾り方を提案してくれる

本の楽しみ方はさまざまだ。

中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして機能するものも多い。

ここで紹介するのは、そんな“飾りもの”としての本の役割にフォーカスし、従来とは違った見せ方を提供してくれるアイテム。表紙を見せるのがこれまでの主流だったけれど、これからは、お気に入りのページを飾るなんてどうだろう?

本が持つ「世界観」を
より一層引き立てる

この「BOOK on BOOK」は、好きなページを開いたままにするために作られた、アクリル製の透明な本。使い方はシンプルで、その名の通り本の上に乗せるだけ。

本を開いておくための道具はこれまでにも色々な商品が発売されてきたが、そのほとんどは実用性だけを重視したもの。しかし、「BOOK on BOOK」は、プロダクトとして完成された一冊の本の世界観をより引き立てるためのものだ。

もちろん、“見せる”だけでなく、“読む”としても活躍。両手がふさがっている時でも、透明度の高いアクリル越しに読書を楽しめる。実際に開発のきっかけとなったのは、ごはんを食べながらでも快適に本を読みたいという欲求だったのだそう。

職人の手で
一つひとつハンドメイド

今でさえ実現されたこの特殊な形状。はじめは、製造が困難で量産不可能となっていたのだとか。

ところが、静岡県のアクリルメーカーVathtel社による、数えきれないほどの試作検討によって製造が可能に。職人が、肉厚のアクリル板を一つひとつ加工、研磨している。

構想から7年。紆余曲折を経て、ようやく発売された「BOOK on BOOK」。価格は6,048円(税込)で、購入はこちらから。その佇まいはもはや、使わない時でも飾りたくなるほどだ。

Licensed material used with permission by TENT

関連する記事

本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
街の本屋さんが次々と灯りを消していくなかで、個性を出しながら本好きの心を奪う店が増えてきている。北海道・札幌の北18条にある古本屋「BOOK LAB.」も...
以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO...
本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。一つ目は、日本のふりかけの元祖と言われている、熊本の「御飯の友」。ラクチン...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
福岡のソウルフード「マルタイラーメン」を全国に広めるべく、若手社員5名が商品開発に挑戦。インテリアとしても素敵なBOOK型のラーメンが誕生した。博多とんこ...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が新業態のカフェ「STAND by bookandbedtokyo」を、8月26日より、JR高田馬場駅...
「This Book is a Planetarium」は、タイトルを直訳すると「この本はプラネタリウム」。中はかなり趣向を凝らしたつくりとなっていて、「...
目の周りに配置した6つのシリコンに加え、こめかみ専用のユニットで目元を癒す「モノルルド アイケア」が発売。人の手でマッサージされているような心地よさが魅力。
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
年々、足を運ぶ観光客も多くなり、気軽に飲める場所になっている新宿・ゴールデン街。とはいえ、「どこに行ったらいいのかわからない」「まだまだハードルが高い」...
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
塗り絵ブームはより広がりを見せている感がありますが、お気に入りの写真を塗り絵にできたら楽しさがアップしますよね。「Color Me Book」はそんな思い...
「wa/ter」は、インテリア制作の過程で出る「ゴミ(廃材)」にデザインの力で新しい価値を与え、別のインテリアに生まれ変わらせるプロダクトブランド。ゴミを...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「本棚で飾るために欲しい洋書」を3冊紹介。とはいえ、内容に...
クリスマスに子どもたちに本を届けるプロジェクト『ブックサンタ2020』が、本を寄付してくれるサンタさんを募集中!
書籍の消費税は7%。生理用品の消費税は19%。税金のかけられ方に疑問を感じた企業が、生理用品を本として販売し始めました。
人気キャラクターやアート作品をブロックにした「大人のためのレゴ」が登場。組み立て時には、リラックスした趣味の時間が楽しめ、飾れば部屋に彩りを与えるインテリアに!
新宿・ゴールデン街にあるレモンサワー専門店「OPEN BOOK」のレモンサワーがリキュールに!公式サイトで販売中。
「Dior」が制作した「A COLORING BOOK(塗り絵)」がリリース。現在、ブランド公式サイトにて無料公開中だ。
高級オーディオメーカー「Bang & Olufsen」が、スイス発のブランド「On」の高性能ランニングシューズ「Cloudboom」とコラボレーションした...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
本物のアイスを「付録」にしたマルチメディア本が期間限定販売。
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...