実在する作品をモチーフにした「小説バッグ」が、なんだか知的かも。

読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。

そういう意味ではこの「ブッククラッチ」だって注目度大。周囲にアピール!というわけではないけれど、実在する作品をモチーフにしたクラシカルな装丁は、インテリ感満載!?

01.
『高慢と偏見』

02.
『ティファニーで朝食を』

03.
『ライ麦畑でつかまえて』

04.
『風と共に去りぬ』

05.
『ハムレット』

06.
『不思議の国のアリス』

07.
『ロード・オブ・ザ・リング』

08.
『オペラ座の怪人』

09.
『シャーロック・ホームズ』

10.
『ロミオとジュリエット』

ストラップを取り外せば
クラッチバッグにも

このシリーズは全32種類。その他デザインのチェック、および購入は「Etsy」からどうぞ。価格はどれも9,630円(税込)で製造元のロシアから発送。ストラップを取り外してクラッチバッグとしての使用も可能です。本好きな友人へのプレゼントとしてもイイかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Elena Myloslavskaya
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
廃棄物ゼロを目指すフランスのバイオテクノロジー企業「geochanvre」が、マスク需要の高まりを受けて、堆肥化可能な材料で出来たマスクを開発し注目が集ま...
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、18種類紹介!
気分がアガる「THE CONRAN SHOP」のオリジナル メッシュ ショッピングバッグです。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
横浜の「アソビル」で開催されている「バンクシー展 天才か反逆者か」の会期が10月4日(日)まで延長となった。
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
「NEXUSVII」のトートバッグは、昨年の台風15号の後に千葉県内の被災地で使用されていたブルーシートを再利用。
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。