封筒みたいな「クラッチバッグ」。

経年変化が楽しめる、しかもレザーじゃなくて紙で!

〈MATATABI(マタタビ)〉の「Paper Clutch Bag」は、キャンバス地にペーパーを貼り合わせることで、封筒のような質感とキャンバスの強度を合わせ持っています。

使い込んでいくと、表面のペーパーが擦れたり、裂けたりしてきて、ユーズド感がいい味になってくるんですね。素材としてはキャンバスなので少々のことでは破れたりはしない、と。

内側にプリントされたアンティークな世界地図も、素材の風合いにマッチします。

もうひとつ、このプロダクトのおもしろいのは、バッグ自体をカスタマイズできるところ。

写真のサンプルには「NEW YORK CITY」とありますが、これはデザイナーの手書き。好きな言葉を書いてもらうサービスもあるし、自分で書いちゃってもOK。ステッカーを貼ったりしてもクールです。

オンラインショップで購入可能です。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
ユーズドのコットンならではの経年変化の味わいもいいが、思い切ったサイズもいい。後ろの自転車と比べてもらえば大きさがわかるだろうか。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
いま、もっとも勢いのある日本初のジッパーバッグブランド「Pake」。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
編集部員が「Good Clean Love ビオジェネシス」を初体験した感想をお届けします。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
2018年に初めて隅田川での航行を実現した「ファスナーの船」が再登場。
「Go To Eatキャンペーン」の対象店をいくつものサイトを横断して検索しながら、不便だなぁ……と思っていた人もいるのでは?そこで完成したのが、東京のG...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
自分は結構荷物が多いようですが、「Clipa2」の耐荷重はナント15kg。これなら安心です。
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、18種類紹介!