「透明のクラッチバッグ」みたいなノート。

〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。

スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃんとマチがあって、ポーチやクラッチバッグのように使えちゃうんです。

僕は写真のように、主にスマホを入れてますが、カバーの上からも操作できるのとイヤホンコード用の穴が空いてるのがいいですね。ほかの小物類も、比較的厚みのないものであれば入ります。

このノートのコンセプトは、“アイデアは机上では生まれない。非日常空間や新たな出会いからアイデアが生まれる”というもの。なるほどたしかにノートなのに、お気に入りのバッグみたい。外へ連れ出したくなります。

サイズはS、M、Lとあって、カラーも豊富。公式オンラインショップで購入可能です。

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ケーブル類、バッテリー、ポケットWi-Fi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACK...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
さて、ここからはノートの自慢。
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
〈MATATABI(マタタビ)〉の「Paper Clutch Bag」は、キャンバス地のペーパーを貼り合わせることで、封筒のような質感とキャンバスの強度を...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
文房具メーカーの〈DELFONICS(デルフォニックス)〉による「コナーバッグ」。生地は軽量かつ耐久性のあるリップストップ、ストラップはダブルホックで耐荷...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
気候もよくなってきて、気分はお出かけモードの人も多いのでは?そんな時、荷物がゆったりたっぷり入る大きめのバッグがあれば、ガイドブックや羽織モノに飲み物……...
「亀の子束子×BEAMS JAPAN」のノートです。色で遊べ!#13
ウォールポケット、あるいはレターラックって言うんでしょうか。ポケットがいっぱいあって、壁に吊るすヤツ。ハガキとか小さな文房具類を入れるのが普通ですが、『V...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
『VOIRY STORE』の「NEON CLUTCH POUCH」。キャンバス地のポーチって無数に選択肢があると思うんですが、蛍光色っていうのが一番のポイ...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
正直、あまり期待せずに、“夏にプールやビーチでスマホ入れに使えそう”と思ってポチッてみたら、これがなかなか。
イギリスの〈Royal Mail(ロイヤルメール)〉、つまり日本でいうところの郵便局のレターバッグ。手紙の仕分け用です。A4サイズの書類を入れても余裕があ...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...