ノートPC以外、全部入る「ポーチ」。

“こういうのが欲しかった”って人は多いはず。自分もその一人です。

ケーブル類、バッテリー、ポケットWi-Fi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACKER」に収納できます。入らないのは、ノートPCぐらい。

容量としていろいろ入るポーチならいくらでもあるし、小分けに便利なポケットが付いているバッグっていうのも珍しくありません。それらと「THE POWER PACKER」の違いは、機能的に小物類を収納できるようになっているところ。

ケーブルを収納するのに便利なゴムやペンホルダー、クッション付きポケットなど、用意されている収納スペースは、いちいち気が利いています。

そして、そんな考え抜かれたスペースを自分でアレンジして使うのもまた楽しいです。

例えば僕は、ケーブルをまとめるゴムにフレグランススプレーや耳栓を挟んでいます。子どもの頃にこういう機能的な筆箱あったじゃないですか。全然勉強に関係ないモノを入れたりして。あのイメージでいろんなモノを収納することができます。

すでにクラウドファンディングサイト『Makuake』で目標金額を達成しており、現在は追加で支援を受付中。プロジェクトページには、より細かく「THE POWER PACKER」の機能が解説されているので、気になる人はチェックしてみてください。

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

関連する記事

〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
〈GRAVEL(グラベル)〉というアメリカブランドの防水トラベルポーチ。ポケットの充実度がハンパじゃない。ポイントは、外側だけでなく内側にも防水ポケットが...
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。