ノートPC以外、全部入る「ポーチ」。

“こういうのが欲しかった”って人は多いはず。自分もその一人です。

ケーブル類、バッテリー、ポケットWi-Fi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACKER」に収納できます。入らないのは、ノートPCぐらい。

容量としていろいろ入るポーチならいくらでもあるし、小分けに便利なポケットが付いているバッグっていうのも珍しくありません。それらと「THE POWER PACKER」の違いは、機能的に小物類を収納できるようになっているところ。

ケーブルを収納するのに便利なゴムやペンホルダー、クッション付きポケットなど、用意されている収納スペースは、いちいち気が利いています。

そして、そんな考え抜かれたスペースを自分でアレンジして使うのもまた楽しいです。

例えば僕は、ケーブルをまとめるゴムにフレグランススプレーや耳栓を挟んでいます。子どもの頃にこういう機能的な筆箱あったじゃないですか。全然勉強に関係ないモノを入れたりして。あのイメージでいろんなモノを収納することができます。

すでにクラウドファンディングサイト『Makuake』で目標金額を達成しており、現在は追加で支援を受付中。プロジェクトページには、より細かく「THE POWER PACKER」の機能が解説されているので、気になる人はチェックしてみてください。

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

関連する記事

〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
〈GRAVEL(グラベル)〉というアメリカブランドの防水トラベルポーチ。ポケットの充実度がハンパじゃない。ポイントは、外側だけでなく内側にも防水ポケットが...
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
〈トラサルディ〉のポーチは、無骨で男性っぽい見た目。ですが、意外と女性が持ってもハマります。
一旦、バスグッズなどを入れて使っているけれど、バッテリーやケーブル類を整理するにも良さそう。バッグの中で収まりもいい
正直、あまり期待せずに、“夏にプールやビーチでスマホ入れに使えそう”と思ってポチッてみたら、これがなかなか。
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
遊んでるクセに実用性が高い「LORINZAのポーチセット」の紹介です。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
モチーフとなっているのはアメリカ軍の医療機関で使われていたバッグ。ワックスコットンの素材感と合わせて、巾着型なのに男性的な魅力があるところがお気に入り。デ...
マスクをはじめとする衛生用品をコンパクトにまとめて収納できる「3in1 マスクポーチ」がスゴイ。タッチペンが付属しており、駅の券売機や銀行のATMなどのタ...
機能的でタフなバックパックに定評のある「Aer(エアー)」ですが、こんなプロダクトも出してます。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「CABLE POUCH -MINI-」。わずか23グラムのケーブルポーチです。
『VOIRY STORE』の「NEON CLUTCH POUCH」。キャンバス地のポーチって無数に選択肢があると思うんですが、蛍光色っていうのが一番のポイ...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第一回はルフトハンザドイツ航空です。
「LORINZA(ロリンザ)」のトラベルポーチは、朝の時短に役立ちます。
ソファでPC作業をするのに適したデスクが「Makuake」に登場!人間工学に基づいた設計により、体を痛める心配もなく、くつろいで仕事ができる。
〈MXP(エムエックスピー)〉と〈BRIEFING(ブリーフィング)〉のコラボ「DAY ONE POUCH SET」。マキシフレッシュプラスと異形断面糸ポ...
〈SPEEDO(スピード)〉と〈NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)〉がコラボした「ウォータープルーフポーチ」が便利です。本来の用途は水着...
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
「HAKU」はミニマリストに向けた、必需品(+α)だけを持ち運ぶためのバッグ。
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
海やキャンプにいくなら、バッグを開けずにスマホが使えて貴重品も濡らさない画期的な防水サコッシュ「bitplay・AquaSeal」がおすすめ!
〈FREITAG(フライターグ)〉の新作は、バッグを作る際に余った素材を用いた小物類。その中でも、“日常でめちゃくちゃ使える!”と思ったのが、「F533 ...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第二回はANAです。