バッグの中をスッキリ整理できる簡単6ステップ

気候もよくなってきて、気分はお出かけモードの人も多いのでは?

そんな時、荷物がゆったりたっぷり入る大きめのバッグがあれば、ガイドブックや羽織モノに飲み物……と荷物が増えても安心ですよね。とはいえ、大きめバッグの悩みは「アレどこいった?」「イヤホンが絡まって出てこない〜!」など中身が散らかりがちなこと。

そこで今回はこんな困った悩みを解決できちゃうオススメアイテムをPinkoi編集部がご紹介していきます。バッグの外身も中身も気持ちよくすっきりさせて、気分よくお出かけしましょう。

ステップ1:大きめバッグを準備

5678901086912512
© Pinkoi
4798556003106816
© Pinkoi

バッグは素材選びが大事。硬い素材よりも少し柔らかい素材を選んだほうが荷物が増えてもたくさん収納できますし、見た目もやさしい印象になり、これからの暑い季節に向いています。

デジカメや壊れ物を収納する時にはクッション付きポーチなどを上手に使うのもGood!

ステップ2:長財布でレシートをスッキリ収納

5331521179222016
© Pinkoi
5465274950090752
© Pinkoi

お出かけ先で買い物が増えると、レシートがお財布の中にいっぱい溜まってパンパンになってしまいがち。そんな時は、折りたたみ式のお財布より長財布の方がいいみたい。

レシートも領収書も折らずにしまえるので、バッグの中でも散乱せず、カードや小銭も取り出しやすく収納できてでオススメです。

ステップ3:サイズが違う収納ポーチを使う

6201557267775488
© Pinkoi
6706448121724928
© Pinkoi

コスメグッズ以外に、制汗剤や日焼け止め、コンタクトレンズの替えや保存容器など、普段より持ち歩くものが増えてしまった時に使いたいのがポーチ。

種類や大きさ別に分類して入れておくと、必要な時に必要なものをさっと見つけることができて便利です。

ステップ4:文房具は包んでしまう

5564456583036928
© Pinkoi

普段スマホはとても便利ですが、出先で紙にメモしたいなと思った時に「ペン……ペンはどこ?」とバッグの中をガサゴソ捜索することありませんか?

そんな時に工具袋のような、ロール式文具ケースにしまっておいたらハサミ鉛筆消しゴム万年筆、必要なものがスマートに収納できてとっても便利。文房具大好きな人にはとくにオススメです。

ステップ5:ケーブルはコードホルダーを使って巻く

5151682207940608
© Pinkoi

スマートフォンやノートパソコンの充電ケーブル、ヘッドホンやイヤホンのケーブルはちょっと目を離すとこんがらがって、取り出す時にとても不便です。

そんな時にはコードホルダーを上手に使って、バッグの中をすっきりさせましょう。

ステップ6:バッグの中にポシェットを用意しておく

6305857595768832
© Pinkoi

大きめバッグの中に軽くて小さめのポシェットを入れておけば、友人とイベントに出展したり、彼や家族とで遠出したりした時に、大きな荷物はメインの大きめバッグにまかせて、お財布やスマートフォン、ハンカチなど最小限の貴重品だけ入れて、ランチを食べに行ったり飲み物やおみやげをさっと買いにでかけられますね。

文・翻訳:Pinkoi

記事提供:Pinkoiマガジン

#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
〈SPEEDO(スピード)〉と〈NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)〉がコラボした「ウォータープルーフポーチ」が便利です。本来の用途は水着...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
ケーブル類、バッテリー、ポケットwifi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACKE...
文房具メーカーの〈DELFONICS(デルフォニックス)〉による「コナーバッグ」。生地は軽量かつ耐久性のあるリップストップ、ストラップはダブルホックで耐荷...
武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
恋愛から人生論まで、毎回心にガツンと響く記事を書き上げる「Elite Daily」の人気女性ライターZara Barrie氏。彼女は「バッグの中身が整理整...
キャンベルスープのカートンボックスをそのままバッグに落とし込んだ〈ROOTOTE(ルートート)〉のボックスバッグ。ストレージボックスとしてインテリアにも最...
ジムでワークアウトをしたあとや、旅行のとき。カバン中に汚れた汗臭い服を入れるのはちょっとイヤですよね。そんな悩みを解決すべく開発され、現在Kickstar...
一旦、バスグッズなどを入れて使っているけれど、バッテリーやケーブル類を整理するにも良さそう。バッグの中で収まりもいい
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
〈トラサルディ〉のポーチは、無骨で男性っぽい見た目。ですが、意外と女性が持ってもハマります。
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
「WOLVERINE PACK」と名づけられたこのナイロンバッグ。何といっても注目すべきポイントは、素材だろう。Regenerative FuseFabr...
メッセンジャーバッグのような形ですが、大きな違いはジャケットの下に身につけられる薄さと機能的な収納力。身につけるとこうなります。まるでガンホルダー。つまる...
「7ven」はオーストラリア、メルボルンの〈ALPAKA(アルパカ)〉のメッセンジャーバッグ。最大の特徴はポケットの多さ。ディティールを語りだすと止まらな...