バッグの中をスッキリ整理できる簡単6ステップ

気候もよくなってきて、気分はお出かけモードの人も多いのでは?

そんな時、荷物がゆったりたっぷり入る大きめのバッグがあれば、ガイドブックや羽織モノに飲み物……と荷物が増えても安心ですよね。とはいえ、大きめバッグの悩みは「アレどこいった?」「イヤホンが絡まって出てこない〜!」など中身が散らかりがちなこと。

そこで今回はこんな困った悩みを解決できちゃうオススメアイテムをPinkoi編集部がご紹介していきます。バッグの外身も中身も気持ちよくすっきりさせて、気分よくお出かけしましょう。

ステップ1:大きめバッグを準備

© Pinkoi
© Pinkoi

バッグは素材選びが大事。硬い素材よりも少し柔らかい素材を選んだほうが荷物が増えてもたくさん収納できますし、見た目もやさしい印象になり、これからの暑い季節に向いています。

デジカメや壊れ物を収納する時にはクッション付きポーチなどを上手に使うのもGood!

ステップ2:長財布でレシートをスッキリ収納

© Pinkoi
© Pinkoi

お出かけ先で買い物が増えると、レシートがお財布の中にいっぱい溜まってパンパンになってしまいがち。そんな時は、折りたたみ式のお財布より長財布の方がいいみたい。

レシートも領収書も折らずにしまえるので、バッグの中でも散乱せず、カードや小銭も取り出しやすく収納できてでオススメです。

ステップ3:サイズが違う収納ポーチを使う

© Pinkoi
© Pinkoi

コスメグッズ以外に、制汗剤や日焼け止め、コンタクトレンズの替えや保存容器など、普段より持ち歩くものが増えてしまった時に使いたいのがポーチ。

種類や大きさ別に分類して入れておくと、必要な時に必要なものをさっと見つけることができて便利です。

ステップ4:文房具は包んでしまう

© Pinkoi

普段スマホはとても便利ですが、出先で紙にメモしたいなと思った時に「ペン……ペンはどこ?」とバッグの中をガサゴソ捜索することありませんか?

そんな時に工具袋のような、ロール式文具ケースにしまっておいたらハサミ鉛筆消しゴム万年筆、必要なものがスマートに収納できてとっても便利。文房具大好きな人にはとくにオススメです。

ステップ5:ケーブルはコードホルダーを使って巻く

© Pinkoi

スマートフォンやノートパソコンの充電ケーブル、ヘッドホンやイヤホンのケーブルはちょっと目を離すとこんがらがって、取り出す時にとても不便です。

そんな時にはコードホルダーを上手に使って、バッグの中をすっきりさせましょう。

ステップ6:バッグの中にポシェットを用意しておく

© Pinkoi

大きめバッグの中に軽くて小さめのポシェットを入れておけば、友人とイベントに出展したり、彼や家族とで遠出したりした時に、大きな荷物はメインの大きめバッグにまかせて、お財布やスマートフォン、ハンカチなど最小限の貴重品だけ入れて、ランチを食べに行ったり飲み物やおみやげをさっと買いにでかけられますね。

文・翻訳:Pinkoi

記事提供:Pinkoiマガジン

#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
〈SPEEDO(スピード)〉と〈NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)〉がコラボした「ウォータープルーフポーチ」が便利です。本来の用途は水着...
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
モチーフとなっているのはアメリカ軍の医療機関で使われていたバッグ。ワックスコットンの素材感と合わせて、巾着型なのに男性的な魅力があるところがお気に入り。デ...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
文房具メーカーの〈DELFONICS(デルフォニックス)〉による「コナーバッグ」。生地は軽量かつ耐久性のあるリップストップ、ストラップはダブルホックで耐荷...
ケーブル類、バッテリー、ポケットwifi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACKE...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
武蔵小山の商店街にある〈みやがわスポーツ〉。お店の奥では、いろんなサイズのサコッシュやトートバッグ、ポーチなどが作られています。型もサイズもさまざま。価格...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
一旦、バスグッズなどを入れて使っているけれど、バッテリーやケーブル類を整理するにも良さそう。バッグの中で収まりもいい
恋愛から人生論まで、毎回心にガツンと響く記事を書き上げる「Elite Daily」の人気女性ライターZara Barrie氏。彼女は「バッグの中身が整理整...
正直、あまり期待せずに、“夏にプールやビーチでスマホ入れに使えそう”と思ってポチッてみたら、これがなかなか。
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。
キャンベルスープのカートンボックスをそのままバッグに落とし込んだ〈ROOTOTE(ルートート)〉のボックスバッグ。ストレージボックスとしてインテリアにも最...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
ジムでワークアウトをしたあとや、旅行のとき。カバン中に汚れた汗臭い服を入れるのはちょっとイヤですよね。そんな悩みを解決すべく開発され、現在Kickstar...