ジムや旅行にいい!自動で「クリーニング」してくれるバッグが画期的

ジムでワークアウトをしたあとや、旅行のとき。カバン中に汚れた汗臭い服を入れるのはちょっとイヤですよね。そんな悩みを解決すべく開発され、現在Kickstarterでクラウドファンディング中のバッグが「PAQSULE」。

中に入れるだけキレイにしてくれるって…いったいどんな仕組み?

スイッチひとつで
「殺菌」

A69fe3cf7d1da5b2b693f1bc741070af69cdec86365e3286005a2a3ccc344ab6e014d1adba9d48d1

使い方は簡単。バッグのなかに汚れたものを入れて、側面についているスイッチを押すだけ。

あとは「PAQSULE」が自動的にキレイにしてくれるそうです。

A0c7a76b625741dbe6c61d168c8f5a8ef0d57f7e

スイッチは、スマホのアプリからでも操作可能。殺菌完了までの残り時間も教えてくれます。

業務用クリーナーの
技術を搭載

581630e0ef15880ac52c6448cef3a6661c93e81d

そんな「PAQSULE」に使われているのは、長年クリーニング店や病院、プロスポーツチームなどで使われてきた技術だとか。

業務用のクリーナーは大きな箱型ですが、「PAQSULE」はそれをぎゅっとコンパクトにして搭載しているのです。

14903caeff90e7371ed371a02dd5e0fb3530d261F671e00800ac4c78c15402d673ddefe2a232de21

スイッチを押すと、この装置から活性酸素が放出され、衣類を殺菌。さらにUVライトを照射することにより、殺菌力を高めるのだそう。

35分ほどで殺菌は完了し、清潔で臭わない服のできあがり。充電することで何度でも使用可能です。有害な化学物質は一切使用していないとのことで、安心。

荷物がたくさん入る
「容量」も魅力的

2400f47bd64d1a3fb4d743744bd85ebc49ceb77c

サイズは、バスケットボールと比べてこの大きさ。靴、グローブなど、大きなものもすんなり入ります。

なかなか丸洗いできないものを殺菌できるのも魅力のひとつ。

48da1d24ddb8ab2163798312db97c512bca8f9c6

飛行機の荷物入れにも入るので、旅行好きや出張派にもいいでしょう。空の状態で1.8km以下と、決して軽いとは言えませんが、苦痛になるほどではなさそう。

Ef5c26c212de759f3d30f5d0ba712ac03259e7b5

また、スマホポケットや靴専用スペースなど、便利な収納が10ヶ所以上もあり、通常のカバンとしても優秀。なかには、バスグッズを収納できるようにと、防水で取り外し可能なミニバッグもついています。もちろんこのバッグ自体も防水。

さらに、USBケーブルをつなげばスマホの充電も可能。旅行バッグとしても最強です。

販売価格350ドル(約38,000円)を予定していて、kickstarterのクラウドファンディングなら、いくつかのお得なプランが提示されています。

旅行にスポーツにと大活躍してくれそうな「PAQSULE」で、あなたも汚れた衣服とサヨナラしてみませんか?

Licensed material used with permission by Paqsule
楽しい旅行は、準備している間もワクワクするもの。でも実際にパッキングしたら、あまりの荷物の多さにびっくり!「これを持ち歩くのか…」と思うと、楽しみにしてい...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。なんと、...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
〈SPEEDO(スピード)〉と〈NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)〉がコラボした「ウォータープルーフポーチ」が便利です。本来の用途は水着...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
「Zorpads」は、シートタイプの消臭グッズで、NASAが保証した技術が採用されています。たった1枚で、60足分の靴の臭いを消してくれるポテンシャルがあ...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
「7ven」はオーストラリア、メルボルンの〈ALPAKA(アルパカ)〉のメッセンジャーバッグ。最大の特徴はポケットの多さ。ディティールを語りだすと止まらな...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
自分は結構荷物が多いようですが、「Clipa2」の耐荷重はナント15kg。これなら安心です。
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
運動は健康にいいなんて今や常識だし、ボディメイクだってもっとしっかりしたいし…そうは思っていても、ジムに行くのはお金も時間もかかるもの。かといって、家でエ...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
旅先で、スリや置き引きの被害にあった人はもちろん、ない人でもこれはチェックしておいて損はありません。おそらく、これ以上安全なバッグは2つとないはず。まさに...
「WOLVERINE PACK」と名づけられたこのナイロンバッグ。何といっても注目すべきポイントは、素材だろう。Regenerative FuseFabr...
アメリカの企業が開発した「Tersa Steam」というクローゼット、単に本来の役割だけでなく、自動で洋服のシワを伸ばしてくれるスチームクリーニング機能付...