泥棒も舌を巻く、史上最強クラスの「防犯バッグ」。海外旅行も安〜心!

旅先で、スリや置き引きの被害にあった人はもちろん、ない人でもこれはチェックしておいて損はありません。おそらく、これ以上安全なバッグは2つとないはず。まさに、史上最強!

あまりにも無防備。
のはずが…超安心だって?

7510f8882c780f4a6ed99fe03239e0b0ddc87b32

たとえば、街中でのこんなシーン。これが自分ではなかったとしても、明らかに危険なサインですよね。ほんの一瞬、目を離した隙にカバンが跡形もなく消えてしまう。いくら近くに置いてあるとはいえ、視界から外れる場所なんてもっての外。

C9dcf732fe1b1b91bc78c03634ad5011e7d84886

こちらのシーンも。たしかにカバンこそ肘掛けの間を通して、簡単には持ちされなくしているみたいだけど、背後からナイフでチョキっといかれても、ちっとも不思議じゃありません。

なのに、ここで紹介する「LOCTOTE」は、スリも泥棒も思わず舌を巻き諦めざるを得ないような、あっと驚く仕掛けがあるんです。それこそが史上最強レベルのタフネスさ。これ、マジなんです。

切ろうが刺そうが
ゼッタイ破けない!

D6e7bc3a9580d511cab17e3308eb8b2ca66d5bd1Afd3513d52de24ac78e71f8ca42abba5a6033f56

どうです、このタフネスぶり。固いニッパーの刃を使おうと、ナイフだろうと、それこそ押しても引いても、ベルトもストラップもバッグ自体もまったく破れない。切れない。貫通しないんです。何なんだコレは?

防弾チョッキの素材で
バッグを作ってみました

Df428dbb69527042864a7c7847625cbc4a41f17b

聞けばLOCTOTEに使用されている素材、実際に防弾チョッキ用に使用されている生地で作られているんだとか。弾丸すら通さない強度、だからこんなことしたって「切れてな〜い!」といった具合。

さらに、ストラップに使用されている生地は、航空機にも使用されるステンレス製のワイヤーが繊維の中に入った、こちらも強度が自慢のもの。

70fa1d0f19a29bd2af3b41c315d2f325aa22c834

けれど、いくら強度があろうとも巾着になった口を開けられてしまえば、何の意味もありません。ということで、巾着の口の部分は南京錠でロックする設計にしてあるんです。ワイヤー入りのストラップを椅子でも柱でも、クルッと引っ掛けてロックしてさえおけば、ちょっとやそっとのことでは持ち去ることも中身を出すこともできないってワケ。

ちなみに、ショルダー部分のまだらのロープだって普通じゃありませんよ。1,000ポンド(約450キロ)を超える荷重にも耐えられる堅牢な作り。

破けないだけじゃない
鉄壁な“ディフェンス”力

8a8fbd56e6c85e3fcbba20fb93601766d07e6524

これだけでも十分高機能なバッグですが、さらにウレタンコーディングによる高い防水性を誇り、雨が振っても濡れても安心。まだまだ、最強のゆえんがもうひとつ。LOCTOTEの生地は電波を遮蔽できてしまうので、スキミング防止にも効果を発揮するというおまけ付き。

660dcadfacaa0cdba90081f2d33ae9106b37f0d6

だから、初めて訪問する異国の地だろうと、安心して大切なモノを全部まとめてこのバッグに入れて持ち歩くことができます。

バッグの見た目には、まあ目をつむってこれだけの安心感を優先したくなりますよね。

61a6e07e769a784736e5bd0cf563ffe624ca0172

クラウドファウンディングにて、実に目標額の4,570%超えという空前絶後の出資を得て、現在Indiegogoにてプレオーダーがスタート。ひとつ179ドル(約19,600円)でこの安心が手に入るなら、決して高い買い物ではないのでは?

Licensed material used with permission by LOCTOTE INDUSTRIAL BAG
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
ジムでワークアウトをしたあとや、旅行のとき。カバン中に汚れた汗臭い服を入れるのはちょっとイヤですよね。そんな悩みを解決すべく開発され、現在Kickstar...
楽しい旅行は、準備している間もワクワクするもの。でも実際にパッキングしたら、あまりの荷物の多さにびっくり!「これを持ち歩くのか…」と思うと、楽しみにしてい...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
あっては困る旅行中の盗難や紛失。とくに旅行カバンがなくなっては、旅そのものを楽しむどころではありません。そんな、旅行中のトラブルを解決する次世代アイテムが...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。
ドローンが急速に普及してまだ日が浅いですが、今度はその技術を防犯カメラに用いたプロダクトが登場しました。固定式では死角が生まれてしまいそうな箇所も、この「...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
旅に出る時は、荷物は少しでも軽くしたいと思うもの。特に長期の旅行者にとっては、荷物は少なくて軽い方が身軽です。そんな方にオススメなのが、15個の特殊機能が...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...