まるでジェットコースター!空港で預けた「旅行カバン」の舞台裏(動画あり)

チェックインカウンターで手荷物を預けたアナタ。身軽になって、いよいよ旅行気分も最高潮。だから、こんなこと考えないかもしれない。預けたカバンがどうやってアナタの代わりに飛行機まで運ばれているのか?空港の舞台裏に潜入したこの動画が、そのギモンを解決してくれます。
ある意味「やっぱりね感」もあるでしょう。でも、このスリル満点な世界観は、旅の思い出話よりも友だちウケいいかも!?

スクリーンショット 2015-08-26 16.28.08

ここは、オランダ・アムステルダムのスキポール空港。空港スタッフが、利用客から預かった手荷物がどう、機内まで運ばれているかの一部始終を伝えるため、カバンにカメラを設置。普段決して見ることのできない空港の裏側を紹介しています。
チェックインカウンターの裏に消えた旅行カバンが集積所に到着。ここから彼らの旅もスタートします。

スクリーンショット 2015-08-26 16.29.19

ベルトコンベアに乗ったカバンが、ゆっくりと坂を上がっていきます。

スクリーンショット 2015-08-26 16.30.16

支線から本線に合流、見事にゴンドラに着地するや、ここから一気にペースアップ!

スクリーンショット 2015-08-26 16.31.31

右に左にツイストが加わります。もはや、ジェットコースターそのもの。

スクリーンショット 2015-08-26 16.32.03

スクリーンショット 2015-08-26 16.32.49

ベルトコンベアを流れるように進んでいくスーツケース。自動管理されたロボットや、エレベーターやフル稼働していて、オートメーション化されていることがよく分かります。

スクリーンショット 2015-08-26 16.33.25

スクリーンショット 2015-08-26 16.33.46

スクリーンショット 2015-08-26 16.34.47

最後はロボットアームによって、ひとつずつコンテナの中へ。ここでようやく長い旅が終了。

コンコースを通って搭乗口まで、あなたが空港内を移動しているように、旅行カバンも長〜い道のりを移動している訳ですが、その様子は意外にもエキサイティングなものでした。
もっと詳しく観てみたい人は、こちらの360度カメラで撮影されたバージョンもどうぞ!

 Reference:Amsterdam Airport Schiphol
Licensed material used with permission by thrillist

KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
「RetraStrap」は、キャリーケースの取っ手部分につける、ストラップのようなもの。それを自分の肩にかけて、引いていくイメージです。値段は22ドルから。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
現在ルフトハンザグループで利用できる電子タグ「BAGTAG」。これをスーツケースに付けるだけで、自宅で手荷物のチェックインができるようになるんです。
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
ジェットブルー航空が開催したキャンペーンの紹介です。内容はInstagramの投稿をすべて削除(もしくはアーカイブ)したら、ジェットブルー航空が1年間使い...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
あっては困る旅行中の盗難や紛失。とくに旅行カバンがなくなっては、旅そのものを楽しむどころではありません。そんな、旅行中のトラブルを解決する次世代アイテムが...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
「旅行者」と「ローカルアーティスト」をつなぎ、ディープでユニークなアクティビティを企画・提供する旅行会社が人気を集めている。そのアクティビティの内容とは....
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...