トランジットが快適に。エアベッド付き「スーツケース」

トランジットは長ければ長いほど、疲れる。ベンチに座っていても、だんだんと姿勢が悪くなる。寝ようと思っても、スペースを取ってしまうから遠慮したくなる。

頻繁に海外旅行をする人なら理解できるだろう問題を解消してくれるのが「DASuitcase」だ。スーツケースでありながらもエアベッドが付いているので、僕たちの身体をケアしてくれる。

たった15秒、空気を入れるだけ

実際に寝るときには、空気を入れて膨らませるだけ。わずか15秒で全長2メートルのベッドが出来上がるらしい。

このスーツケースなら場所取りをする必要もなくなる。深夜便や早朝便に乗る予定なら、なおさら活躍してくれそうだ。

だけど、クラウドファンディングの目標達成率は4%と製品化には程遠い。おそらく使うのが恥ずかしいと考える人や、他人の迷惑になると思った人が多くいるのだろう。どんな状況でも使ってみたい、というのが個人的な感想なんだけど……。

Licensed material used with permission by DASuitcase
「RetraStrap」は、キャリーケースの取っ手部分につける、ストラップのようなもの。それを自分の肩にかけて、引いていくイメージです。値段は22ドルから。
Marc Sadlerさんがデザインしたのは、オフィスを持ち運べるスーツケース。ノマドワーカーに向けて開発されたそう。
「Head Case」は、自分や仲間の顔面をドアップでプリントできるスーツケースカバー。絶対に荷物を取り違えないし、空港でも注目の的になること間違いなし。...
パッキングが苦手な人のための便利グッズを紹介しましょう。この商品が効果を発揮するのは、目的地のホテルに到着した、その瞬間です!スーツケースからそのままハン...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。