旅好きが買ってはいけない「スーツケース」

場所にとらわれずに仕事をしている人は、少しでも荷物を減らしたいと考えているだろう。結果的には荷物を増やしてしまうのだが、当たり前のように海外でも仕事をしている人のためのスーツケースがある。

世界中のどこにいても一定の感覚でパソコンに向き合えるようになりそうだ。

持ち運べる「オフィス」

「スーツケース」持ち運べるオフィス
© Fabbrica Pelletterie Milano

このスーツケースを開いて出てくるのは、折りたたみ式のイスや机、そして引き出し。パソコンや洋服を詰めるためではなく、自分のオフィスを持ち運ぶために作られているのだ。

デザインを手がけたMarc Sadlerさんは、「一気に進んだ交通手段をうまく利用している旅人に使ってほしい」と言っている。

クリエイティブ活動をするときには、場所を変える行為はポジティブに働くケースが多い。でも、目の前のタスクに集中したいときには、慣れ親しんだ環境のほうが取り組みやすい。

こう考えると、いつだって同じイスと机で仕事ができるスーツケースを持っているのはアイデアとして決して悪くない。旅好きには向いてないかもしれないけど……。

ちなみに、キッチンとベッドを持ち運べるデザインも販売されているようだ。

Licensed material used with permission by Marc Sadler

関連する記事

イタリア・ベネチアに拠点を置く「CRASH BAGGAGE」は、スーツケースの生産を手がけているメーカー。そのプロダクトのいちばんの特徴は「ダメージ加工」...
「Rollink」社の本シリーズは、ハード素材のフロント部分と布素材のマチ部分になっているのが特徴。利用していないときはマチ部分を内側に織り込むと厚さわず...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
イギリス・ノッティンガムに昨年10月に現れたバンクシーの作品「フラフープの少女」が、アートギャラリーのオーナーによって購入され、壁ごと切り取られた。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...