【世界初】乗って移動できる「電動バイク型スーツケース」が誕生

旅は、いつだってワクワクするもの。特に、出発日の朝に空港へ向かっているときは、なんともいえない高揚感に包まれる。

ただし、ちょっとだけ厄介なのが手荷物。もちろん、スーツケースを引くという非日常的な行為自体が、「旅」を構成する要素であることは理解している。が、旅の終盤にもなると、単純に「重たいもの」になってしまうのがオチだ。

そんなとき、このスーツケースなら、あなたの足の代わりになってくれるという。

こんなの見たことない。
引いても乗ってもOK

この「Modobag」は、シカゴ生まれの乗って移動できるスーツケース。実際に乗る勇気があるかはさておき、これまでにない革新的な製品であることは間違いない。

当然、通常のスーツケースとしても使用可能。

スロットル、ブレーキ付きのハンドルと、収納可能なフットレストを装備。

サイズは22×56×35cm、容量32L、重量8.6kg。手荷物として機内に持ち込めるのもナイス。

最高時速12.8km

最高時速は約13km。ざっくり言うと、徒歩の3倍のスピードといったところ。

体重約82kgの人なら、1回の充電で8km程度走行可能だそう。ちなみに、体重制限の目安は118kg。

側面にスマホ、タブレット用のポケットを装備しているだけでなく、付近にはUSBポートも。スーツケースで充電できるのは、かなり嬉しいポイントではないだろうか。

「Modobag」は現在「INDIEGOGO」で資金調達中。価格は995ドル(約10万円)からで、発送は2017年1月を予定している。

とはいえ購入希望者は、空港内でこの移動方法が認められているかどうかをチェックしておく必要がありそうだ。

Licensed material used with permission by Modobag
Marc Sadlerさんがデザインしたのは、オフィスを持ち運べるスーツケース。ノマドワーカーに向けて開発されたそう。
少し旅慣れた人なら、利便性よりも先にリスクが脳裏をよぎるはず。とはいえ、そのアイデアや目を引く動画はあっぱれ。まるでペットの子犬が自分のあとを追いかけてく...
「Rollink」社の本シリーズは、ハード素材のフロント部分と布素材のマチ部分になっているのが特徴。利用していないときはマチ部分を内側に織り込むと厚さわず...
「RetraStrap」は、キャリーケースの取っ手部分につける、ストラップのようなもの。それを自分の肩にかけて、引いていくイメージです。値段は22ドルから。
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
イタリア・ベネチアに拠点を置く「CRASH BAGGAGE」は、スーツケースの生産を手がけているメーカー。そのプロダクトのいちばんの特徴は「ダメージ加工」...
コンパクトに折りたたんでバッグに収納できる、世界でもっとも効率的でパワフルな電動バイク「smacircle S1」。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
「Head Case」は、自分や仲間の顔面をドアップでプリントできるスーツケースカバー。絶対に荷物を取り違えないし、空港でも注目の的になること間違いなし。...
「DASuitcase」には、空気を取り込んでエアソファーになる機能が付いています。長さ200cm、幅70cmと、寝返りは打てないものの横になるには十分な...
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
トラベルギアブランド「TO&FRO」と「和トリエ」がコラボレーションした「トラベルティー」です。
光をエネルギーとして活用し、触媒に酸化チタンを用いた「MUON~無音~Lampscape」。
「ファンケル」から発売された「抗菌やさしい潤いマスク」は、抗菌、保湿、苦しくない設計、繰り返し使用の4つの機能性と、肌への優しさを追求したマスク。
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
この動画を見てください!なんとスーツケースが…これは、「NUA Robotics」が開発中の「スマート・スーツケース」を紹介するコンセプト動画。Bluet...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
アメリカのクラウドファンディングで一億円以上の資金調達に成功した次世代スーツケース「KABUTO」が、満を持して日本上陸。
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
旅好きのみなさん、お待たせしました。ついに理想のスーツケースの誕生です!…と言われたところで、現時点では疑っている人が大半ですよね。でも、決して侮ることな...