世界初。「ドローン」からのスカイダイビングがこちら!

今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「スカイドロッピング」と表現したほうが適切かもしれない。

通常のようにヘリコプターから飛び降りるか、それとも今回のようにドローンから落ちるか。両者の恐怖度の天秤は、僕みたいな凡人にはわかりかねる。でも、後者には「本当に自分の体を持ち上げていられるのか?」というプラスアルファの恐ろしさが生まれるのは確かだろう。

そんな“未知の世界”へ足を踏み入れる彼の気持ちを想像しつつ、挑戦を見届けよう。

「飛ぶ」とは違う恐怖がそこに

Ee858f1eb31e55063fffa6d64e2c502c86472821

舞台はラトビアのとある街。高さ120mの電波塔がチャレンジの起点となる。

F2a78521cb8c9acf84b64e6848ed811b025daf278dbc1f010c9c746ef534c95a8546d270cb1fbf1e

世界初の試みゆえ、スタッフの表情には緊張感が。

Ae87edf94423499f4d2b4679b5077b65315147cd

使用するのは、28機ものプロペラが搭載されたドローン「Aerones」。最大200kgまで持ち上げることができるらしい。

C769dbcca898d94f93f894a50f73a8fea7b36404046f1e4e2cefc64986e548f5ec62cd826bf18ae8

電波塔の頂上に到着し、集中力を高めるダイバーIngus Augstkalnsさん。

9fa2b324b96180ca4191af91224a332b5e711c7d8705a016490f3ca23ac775d95900b3241736be78

すると、池にセットされていたドローンが浮上し、Ingusさんの元へ。

これが大人の男性を持ち上げると思うと、正直ちょっと心もとなかったりも。

50d9af5fdb353264421011a294f7db75d516aa1c

ドローンが到着。ロープを手に…。

ここから、高度330mまで上昇!

7a6958c74fc7762b2f71a78d18e68e7dc84bdffe713cac83637d683ae6ff110d9d81a7935d1b44ff

かなりのスピードで急上昇。Ingusさんの体が大きく前後に揺れる。

999f34799080ee68fce4aa0850f2c7cf87b98f7a

3、2、1…落下!

307113b37ab81c3772737dd6642424664a0b9ee6

さあいよいよ、しっかりと握られたその両手を離すとき。

この続きはもう、動画を見て!としか。

見事に成功。

5d24ae4b21516584c62790d340c9308b7117ddd2992d2dd87724d0af7ba1d79e36801137392c8fbe4a97eea7dad675af53d20919b956eeeb1f527d4c

繰り返しで恐縮だが、大事な場面は是非とも動画で。

Congratulations!

Licensed material used with permission by AERONES
スカイダイビングをしながら作品を展示する「Changing Thoughts」というプロジェクト。企画したvexedartと名乗る彼らの作品への思いが、ま...
ペンシルベニア州で暮らすEila Campbellさんが94歳の誕生日に、スリリングな挑戦することを決意した。それは、地上から3,000メートル離れた上空...
スカイダイビングの疑似体験を地上でおこなう特別な装置がある。呼ばれ方はさまざまだが、円筒状の空間に強力なタービンを回転させて風を起こし、垂直に吹きあげる風...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
「空を自由に飛んでみたい」と誰しもが一度は思うもの。そんな夢を叶えてくれるのが、カラダ全体を翼のようにして飛行可能にする「ウイングスーツ」。最近、映画やC...
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
12月23日、富士山のふもとでスカイランタン祭りが開催決定。今回のスカイランタンでは、ただスカイランタンを飛ばすだけではなく、開催地の富士吉田市に1000...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
「Ayers Rock Resort」によって撮影されたこの映像が、これまでに見たことのないウルルの表情を教えてくれると話題に。というのも、ウルル=カタ・...
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
あなたは虹が真円を描くのを見たことがありますか?イギリス人のアンソニー・キリーンは、ニュージーランドの「ベイ・オブ・アイランズ」で16,000フィート(約...
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
正式には「ウイングスーツ」と呼ばれている、とても危険度の高いエクストリームスポーツ用の装備がコレ。スカイダイビングのように上空からジャンプするが、ムササビ...
誰しも、子どもの頃にブランコで遊んだ記憶があると思います。自分が成長するにつれてどんどん高くまで漕げるようになり、最後にはブランコから飛び降りてどのくらい...
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...