スカイダイビングの風圧にも耐えた「強すぎる傘」

オランダ発の珠玉の傘「Senz゜」は、台風にだって負けない。

ヨーロピアンテイストを極めたデザイン性を持ちながら、風速100km/hにも耐えうる強靭さをもつ、すごい傘なのだ(※)。

Senz゜の柄(え)は、傘の中心ではなく前方に設定されている。翼のように軽やかに風を受け流すためには、柄の付け根ではなく傘の中心が頭の上にくるようにすることが大切なのだ(横から見ると、やや前傾になっている)。

©︎2019 合同会社Stork Corp

この、空気力学に基づいた特許構造が、飛行機の翼のように風をスムーズに受け流し、嵐のような強風にも耐えられる構造になっている。耐風傘と呼ばれるものは多く売られているが、風に浮くように強風をいなすのはこのSenz゜だけなのだとか。

だが、決して傘全体の表面で風に立ち向かうように持ってはいけない。風に傘全体を向けることは、翼で言えば失速状態入ることを意味するからだ。可能な範囲で軽く握ると傘が風の方向にも追従していることがわかり、雨の日が楽しくなるという。

前が短く後ろが長いアシンメトリーデザインは、雨風の強い日も前方は視界が広く、後方は背中やリュックを濡れから守ってくれる。最高水準の撥水性能で、傘を軽く開け閉めするだけで布面がほぼ乾くので、水滴がよく切れた状態で畳むこともできる。それだけではない。UPF50+で紫外線をカットするので、日傘としての利用も可能なのだ。

さて、じつはこのSenz゜、2008年4月に日本に上陸した際はその独特のフォルムと高い耐風性能で、テレビや雑誌などでも大きく取り上げられ、その年には日本のグッドデザイン賞を受賞したものの、残念なことに2015年をもって日本を撤退してしまっていた。

しかし、本製品の日本での販売復活を願う千葉県の「合同会社Stork Corp」が、クラウドファンディングによって資金調達に成功し、晴れて先日、支援者の元に届けられることに。

このまま需要が高まれば、日本で再販される日も近いかもしれない。強風のなか、この傘を片手に風に悪戦苦闘する人々の間を颯爽と歩くなんて、なんだかとても気分が良さそうだ。

※「Senz゜Micro」の耐風性は風速70km/h。また、送風実験はあくまでもオランダの基準にて一方向からの風に対するテストのため、自然条件での耐久性を保証するものではない。

© 2019 Senz゜
Top image: © 2019 合同会社Stork Corp
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
スカイダイビングをしながら作品を展示する「Changing Thoughts」というプロジェクト。企画したvexedartと名乗る彼らの作品への思いが、ま...
今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「...
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
日本初「ピーター・ドイグ展」が「東京国立近代美術館」で開催。会期は2月26日〜6月14日まで。彼の世界観を体感できる貴重な機会です。
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる。雨...
雨の中、折りたたみ傘を使って家に到着…したはいいものの、そこからってちょっと悩ましかったり。だって、そのまま丸めて袋にしまうにはビショビショすぎるし、かと...
ペンシルベニア州で暮らすEila Campbellさんが94歳の誕生日に、スリリングな挑戦することを決意した。それは、地上から3,000メートル離れた上空...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「THE CONVENI」の傘です。色で遊べ!#7
12月20日、「UNIT + B1FLAT」にて23時から「ライゾマティクス」がオーガナイズするイヤーエンドパーティーが開催。なかなかのアツい夜になりそうだ。
毎年恒例となっている「東京スカイツリータウン」4階の「スカイアリーナ」に本物の氷を使用したアイススケートリンクが来年1月4日〜3月8日までオープン。夜は東...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
スカイダイビングの疑似体験を地上でおこなう特別な装置がある。呼ばれ方はさまざまだが、円筒状の空間に強力なタービンを回転させて風を起こし、垂直に吹きあげる風...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
「空を自由に飛んでみたい」と誰しもが一度は思うもの。そんな夢を叶えてくれるのが、カラダ全体を翼のようにして飛行可能にする「ウイングスーツ」。最近、映画やC...
傘をさすのが嫌いな人って、私だけじゃないと思う。使い終わったのを乾かすのが面倒だし、畳んだとき足元に雫が落ちるのもイヤ。でも、この傘立てはその雨粒を思いも...
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
12月23日、富士山のふもとでスカイランタン祭りが開催決定。今回のスカイランタンでは、ただスカイランタンを飛ばすだけではなく、開催地の富士吉田市に1000...
インテリアショップにある傘立てって、いかにも“デザインしています”って感じのものが多いんですが、陶製でマリンテイストのボーダー柄。シンプルです。
あなたは虹が真円を描くのを見たことがありますか?イギリス人のアンソニー・キリーンは、ニュージーランドの「ベイ・オブ・アイランズ」で16,000フィート(約...