「海の美しさを伝えたい」。水中で絵を描くペインター

かつて、「水中で描かれた最も大きな画」を手がけたペインターとして話題となったAlexander Belozorさん。見た人を驚かせ、2010年にはギネス記録にも認定されていました。
 
あれから月日が経ち、同じような才能の持ち主が現れました。水中で絵を画くペインターOlga Belkaさんがいま話題なんです。様々なメディアに取り上げられ、知名度もあがってきています。
 
彼女、スキューバダイビングのインストラクターも務めているのですが、わざわざ水中で絵を画く理由として、「お金がなくてダイビングができない人にも海の美しさを知って欲しい」からと言います。
 
動画では、実際に水中でキャンバスに絵を画く彼女の姿が。水の中とは思えない軽快な筆の動きに注目です。
© Olga Belka/YouTube
Top image: © 2018 Olga Belka Underwater Painter
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アーティストのLipstick Lexの描く絵はすべて、自らの唇と口紅を使って描かれている。口紅を絵筆のように握り描いて、恋人にキスするようにやさしくキス...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。