これはズルい!「乗ったままダイビングが楽しめる」プレジャーボートが登場

3つの船体をいかだのように平行に連結した、フランス生まれのトリマラン型のプレジャーボート。2013年のデビュー以来、改良を繰り返してきました。

これが、スゴいことになっているんです。

81086756374d1d3e8191c9a305ded3b8006b0737

美しいマリンブルーが特徴的な胴体は、フランス海軍設計士によるデザインだそうで、レーシングボートに最適化された速度と安定感で……と、説明にはあるんですが、じつはそんなことほとんど関係なし。

なぜって、この プレジャーボート「Platypus」最大の見せどころは、スピードじゃないんですから。

6cdfae293e062379a851d18a528a331865b9934b

陸を出た二人が向かった先は、海底にリーフ(サンゴ礁)が見えるダイビングポイント。目的の場所へ着くなり、水中マスクをはめる二人。ここからダイブをするのかと思いきや……次の瞬間、レバーを引くと同時に座席だけが、ナント!

そんなのアリ!?
座席だけが水中にザブーン

2b02feb7d54c578a31de5cd941466820cdc30aed28bbdc1ae0e83dc0ecab6d0275c04de753c20adb

まさか……三胴艇の真ん中、シート部だけがみるみるうちに海の中へと沈んでいくじゃありませんか!こうして、ものの数秒で二人は乗組員かつダイバーに。

船底の一部をガラス張りにしたグラスボートというのはありますが、自分自身がダイバーになるって(笑)もう、ほとんど反則ワザです。マスクを装着する理由にも納得。

半潜水艇で楽しむ
新しいマリンライフ

Dee84a8b6c4294bc66ae5cf9fc8dcac001523f296fb7883ad17f73508a87065ce21fc5b634f8a0d1
Photo by (C) Jean de SAINT VICTOR de SAINT BLANCARD

このPlatypus専用のマスクをかぶると、船体のエアコンプレッサーから酸素が供給され、酸素ボンベを付けなくても、海の中の散策ができるという訳。もちろん、舵を切ったり操縦もジョイスティックを使って自由自在。ちなみに海底では3ノット(約5.5キロ)でのんびり進むようですよ。

これなら、泳ぎに自信のない人でもOK。リーフエリアであれば、海の中の大自然を満喫できること間違いなし。オプションで360度カメラやデジタル潜望鏡、GPSナビも搭載できるようですが、「BBC」の紹介記事によれば、最安値でも本体価格は現在のところ60,000ユーロ(およそ680万円)だとか。2017年内の発売を予定、いつかトライできる日がくるかも。

Reference:BBC
Licensed material used with permission by Platy Puscraft
美しくも短い北欧の夏。陽光の下に身をおいてこの季節を楽しむためのアクティビティが目白押しのコペンハーゲンで、新たにこんなサービスが始まりました。これ、日本...
ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できる...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
「HotTug」は、オランダで開発された観光用の湯船式ボート。飲み物片手に運河をセイリングし、街中をまわれる次世代ツールだ。すでに個人向けに販売が開始され...
「人生を楽しむのに年齢なんて、関係ない。」それを実践しているアジア系アメリカ人の微笑ましい夫婦がいます。彼らが今ハマっているのはコスプレ!しかも始めたのは...
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
アメリカ・ミシガン州立の高校、North Farmington High Schoolでは、自分の好きなコスプレをして、学生証の写真撮影をするのが流行って...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
ロールス・ロイスといえば、自動車だけでなく、「エンジンメーカー」としても一流の名を馳せています。イギリスのヨットデザインスタジオ「Claydon Reev...
今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「...
ロサンゼルス・ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで食べるべきグルメです(番外編)。
ミミガーや豚皮のおつまみのようにも見えるこのビジュアル。これが今、アメリカで密かなブームを呼んでいるお肉を使わないジャーキー。代用するのは、100%ココナ...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
もうすぐ、海水浴が楽しい季節がやってきます。ダイビングをしてみたいけれど、タンクは重そうだし準備も大変、ライセンスもいるんでしょ…と思っているみなさん。手...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
スカイダイビングをしながら作品を展示する「Changing Thoughts」というプロジェクト。企画したvexedartと名乗る彼らの作品への思いが、ま...
仕事を辞め、家財もすべて売り払って世界旅行にでた、とある夫婦の話が「boredpanda」や「News.com.au」などで話題になっています。大学を卒業...
マレーシアで愛される鍋料理「スチームボート」。
5歳のBarbaraちゃんは、プロのキッズモデルではなく、ごくごく普通の家庭で育った女の子。ただ、ちょっと普通の家庭と違うのは、中学校の先生をする母親のA...
ペンシルベニア州で暮らすEila Campbellさんが94歳の誕生日に、スリリングな挑戦することを決意した。それは、地上から3,000メートル離れた上空...
誰もが知る世界遺産、グレート・バリア・リーフ。壮大な景観に加え、ダイビングやシュノーケリング、グラスボトムボートでの珊瑚鑑賞、セスナ機に乗っての遊覧飛行な...