「水路を使うUber」がインドの交通問題を解決?

人口とあわせクルマ利用も増え、交通渋滞やそれによる環境汚染などが問題となるインド。アジアの中でも、いや世界的にも、かなり有名ですよね。

そんなインド・ムンバイで、Uberが交通渋滞を回避できるサービスを試験的に開始します。それが「Uber Boat」。

名前から判断できる通り、Uberのアプリを使って船を予約できるサービス。クロアチアやトルコでも展開されています。タクシーの配車のようにどこでも来てくれるわけではありませんが、有名なインド、ムンバイの渋滞を避けて市内を横断するなど有効的な手段になります。

交通渋滞に巻き込まれないならボートであれば、ガソリンで動くエンジンを使ったとしても排出する排気ガスの量も抑えられそう。

ヴィネチアやアムステルダムなど、運河で有名な都市は他にもありますが、ムンバイを選んだところに特別な意味を感じられますね。欧米の企業らしく、社会貢献を果たすという意味もあるのかもしれません。

価格は船を丸ごと予約せねばならずちょっとお高い設定。6~8人乗りのボートで5700ルピー(約8800円)から。渋滞をさけた水路を選ぶのに、この金額は妥当なのでしょうか……。

Top image: © iStock.com/pilesasmiles
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
ミネソタ州ミネアポリスに暮らすNaCole Schutzさんは、息子さんが学校に行くのにUberを使っていると言います。予定通りにスクールバスが来ないから...
タクシーやライドシェア、便利な宅配サービスなどで知られるUberが、サブスクリプション型の月間パスの試験導入を開始したようだ。Uberが仕掛ける「サブスク...
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。