「イタいジョーク」で、飛行機を降ろされた!

このご時世、決してシャレでは済まされません。

インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。

THE TIMES OF INDIA」によると、21歳の男性は着席するやいなやスカーフで自身の顔を覆い、こんなメッセージをWhatsAppのスナチャ的な機能で発信しました。

「オレはテロリストだ!オンナのハートを壊すのさ!」

これ、彼なりのジョークだったみたいですが、行動を不審に思った別の乗客がこっそりと通報。間もなくセキュリティ部隊によって拘束されることに。

おそらくは必死に釈明したのだと思われますが……後の祭り。まあ、自業自得ですよね。

Top image: © iStock.com/AQtaro_neo, iStock.com/phive2015, WAYHOME studio/Shutterstock.com
想像に難くないのですが、彼は酔っ払っていたとのこと。
一見、落ち着いたナチュラルスタイルのインテリアに見えて、実は斬新なアイデアが反映されているインド・ムンバイのレストラン「Cardboard」。実は、テーブ...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
この場所は、アジア最大のフラワーマーケットと呼ばれている、『Mullick Ghat Flower Market』。たった数分でも、歩いていれば売れるのだ...
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
ひとりの男性が警察署に足を運び、「とあるオンナに心を奪われてしまった。オレの心を取り戻してほしい」と報告したそう。
あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなしな「サンドイッチ」。
インドのNGO団体が制作した映像が話題になっています。ここで紹介されているのは、ムンバイで生きる野犬にカメラをつけることで彼らが日々どんな生活を送っている...
インド北部の町ルディヤーナーに行くことがあれば、たとえあなたが大の肉好きだろうと、ぜひ座席数72シートのベジタリアンレストラン「HAWAI ADDA」に、...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
夢に出てくる飛行機には、一体どんなメッセージが隠されているのでしょう。飛行機はチャレンジ精神を表しているのですが、飛んでいる飛行機を見る場合と自分が飛行機...
インドの英字新聞『The Times of India』の記事によると、インド・ラージャスターン州で、亡くなったと思われていた95歳のおじいちゃんBudh...
大画面を映し出してくれる「Cinego」は、ヘッドセットタイプのデバイス。ディスプレイが現れるのは20m先で、そのサイズは400インチ。これなら、映画館さ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
インド出身で、現在はニューヨークに住むというライター、Nikita Mahtaniさん。彼女が自身の経験を綴った手記が、「Elite Daily」に寄稿さ...