飛行機のなかでもぐっすり眠る「10の秘訣」

長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。

でも、ご安心。以下の方法を使えば、すぐに心地よい眠りにつくことができるそう。旅行情報サイト「Matador Network」に紹介された情報を元に、機内での快適な睡眠法を伝授しましょう!勝負は搭乗前から始まっていますよ。

01.
睡眠時間を
フライトに合わせておく

スクリーンショット 2015-12-04 15.41.26

理想を言えば、日頃の睡眠パターンをフライト時間に合わせること。これが、上空でも問題なく眠ることができる最善の策。旅に出る前から、少しずつ時間をシフトできる人はフライト時間から逆算して眠る習慣をつけておくことです。

それが無理ならば、日常のルーチンを飛行機の中でも心がけること。就寝前にしている日課を機内でもするのです。たとえば歯を磨いたり、本を呼んだりして、リラックスくることを心がけて見て。

02.
着心地のいい
普段着でフライト

スクリーンショット 2015-12-04 15.41.37

さすがに、パジャマに着替える訳には行きませんが、スウェットパンツやリラックスできるスポーツウェアなどに着替えるのも効果あり。着心地のいい服で搭乗すれば、地上での感覚を体が覚えていてくれるはず。また、足を冷やさないよう厚手の靴下を履いておくのもおすすめです。

03.
寝るのに最適なのは
通路左側の窓際席?

スクリーンショット 2015-12-04 15.47.38

旅行検索サイト「スカイスキャナー」が実施した意識調査によると、コックピットに向かって左側の列の窓側シートは、中心から外れているため、わずかながらスペースが大きく確保されているんだとか。快眠のために選ぶべき座席は、左列の窓側が理想のようです。

04.
数日前から寝不足をキープ

スクリーンショット 2015-12-04 15.41.50

フライトの前日は、睡眠時間を少し短くしてみましょう。いつも8時間寝ている人は4〜5時間寝に。要は意図的に寝不足状態になっておく。飛行機のシートに座ってリラックスした後、自然と眠くなるはずです。

05.
搭乗前に柔軟体操で
体をほぐしておく

スクリーンショット 2015-12-04 15.42.09

狭い座席で足も伸ばせず、体の痛みが気になって眠れない。そんな時は、搭乗前に十分体をほぐしておくことが大事。ストレッチやヨガでリラックスしてから乗り込みましょう。

06.
ポイントはアゴの下
ネックピローは“前”から

スクリーンショット 2015-12-04 15.42.22

ネックピローは、頭の後ろからではなく顎の下、前側から巻くようにしましょう。ウトウトしてきたときに、頭がこっくりこっくりすることで起きてしまうのを防ぎます。

07.
手荷物で急ごしらえの
フットレスト

スクリーンショット 2015-12-04 15.42.36

エコノミークラスでも、フットレストが常設されている機体もありますが、これがない場合は、機内持ち込みの手荷物がフットレスト代わりに足を乗せることで、少しでもゆっくりした姿勢をキープできるはず。靴を脱げば、さらにリラックス度がUP。前のシートに座る人のことも考えて、臭いだけは気をつけましょう。

08.
ちょっぴり恥ずかしい?
でも、アイマスクは必須

スクリーンショット 2015-12-04 15.42.43

スクリーンでは映画が上映され、頭の上からはスポット照明が降り注ぐ。こうした機内の明かりは、当然眠りを妨げる要素。恥ずかしいなんて思わないで、アイマスクをしっかりつけて光を遮りましょう。

09.
心地のよい音
“ホワイトノイズ”でぐっすり

スクリーンショット 2015-12-04 15.42.52

ホワイトノイズと呼ばれる音をご存知ですか?これは、不規則に上下に振動する音の波のこと。雨音のような「シャー」というノイズがずっと、続いていきます。研究では、このノイズを効くことで集中力が増したり、睡眠も向上することが明らかに。どことなくフライト時の機内のあのノイズに似てもいますが、これをヘッドホンで聴くことで快眠が得られるんだそう。

10.
軽食やドリンクは
極力取らない!

スクリーンショット 2015-12-04 15.43.01

コーヒーやアルコール、甘いお菓子などは、眠りの質を妨げます。就寝前にお腹が空いて何か食べたくなった場合は、シリアルなどの炭水化物が豊富に含まれている食べ物にしましょう。

快眠のための
フライト七つ道具

スクリーンショット 2015-12-04 13.54.30

①ヘッドホン②耳栓③ブランケット④音楽プレーヤー⑤ミネラルウォーター⑥ネックピロー⑦アイマスク⑧本や雑誌

最後に、快眠に欠かせない七つ道具のご紹介。全部揃えば言うことなしですが、よりコンパクトな旅をお望みならば、いくつかを組み合わせて試してみて。

Licensed material used with permission by Work the World

いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
「Vasco Pillow」の特徴は、ネックピローでありながら、マッサージをしてくれるところです。
飛行機で寝るときって、なかなかポジションが決まらないですよね。そんなとき、ほとんどの人が使うのが「ネックピロー」。でも、ネックピローの使い方って簡単だけど...
〈W&P DESIGN〉の「CARRY ON COCKTAIL KIT」は本来飛行機内で楽しむものですが、BBQや家飲み用にももってこい。洒落たデザインは...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
「睡眠時間が短い」あるいは「睡眠の質が低い」と悩んでいるあなた。実際、アメリカでは5〜7千万人の人が慢性的な睡眠障害をかかえていて、体調や寿命に悪影響を及...
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
あなたに快眠を提供するために登場したのが、次世代スマートアイマスク「Dreamlight」。光をしゃだんするための簡易アイマスクとは全く異なり、快眠を最優...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
「illumy」は、気持ちよく目覚めるために開発されたアイマスクなのだ。一見、どこにでもあるようなフォルムではあるが、じつは、NASAによるテクノロジーが...
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...