居心地ワルい飛行機の「中央席」を好む人が増える!?

一見気づきにくい……けれど画期的な座席が注目を浴びている。飛行機の座席デザインや製造を手がける企業Molon Labe Seatingが開発した「S1 Space Seat」だ。

以前、商品化される前にも報じられたことがあるこの座席が、ついにFAA(米連邦航空局)の承認を得たと先日報じられた。

S1 Space Seatのデザインは、3つ並ぶ席の真ん中だけが数センチ低くなっていて、窓側や通路側の席よりも若干幅が広くなっている。加えて、両隣の席より少しだけ後ろに下げて設置される。真ん中に座る人が窮屈な思いをせず快適に過ごせるようにするのが目的。

米メディア「ABC」によるとMolon Labe Seatingは既に航空会社から大口受注も受けているという。

座席を選択するときに避ける人も少なくないだろう中央席だが、このように快適さを追求されたつくりであれば敢えて選ぶ人もでてくるはずだ。

Reference: ABC News
Top image: © Molon Labe Seating.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
6月某日、ケベック・シティーからトロントへ向かう飛行機に乗ったTiffani Louise O’Brienさん。フライト中に眠りについた彼女。目覚めたとき...
落とし物が戻ってきただけでなく、中に入っていたお金が増えたという珍しい話がアメリカで話題に。しかも、親切なことに心がこもった手紙つき。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
「昨日飛行機に乗ったら、同じ便にアヒルが座っていたんだ」なんてツイートをしても誰にも信じてもらえなさそうですが、じつはこれ、ウソのような本当の話。マーク・...
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
いったいどこに座るのが正解なのか?座席指定がどんどん有料化されていく昨今。それくらい狙える場所を知っておくだけで、フライトの天国と地獄が分かれます。
「THE NORTH FACE」のキャンペーン「#SHEMOVESMOUNTAINS」のトークセッションは渋谷「THE CORNER」にて。北川道子(スタ...
シャッターの切り替えもフィルムの巻き取りも完全手動式で電源不要、というインスタントカメラ「Escura Instant camera 60s」が発売。
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
大学の長い長い夏休みを終えたばかりの友人に、リピートせずにはいられないゲストハウスがあると聞いて、紅葉の秋も終盤にさしかかった北海道へ飛んだ。向かった先は...
想像に難くないのですが、彼は酔っ払っていたとのこと。
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?夜のフライトには、ふんわりとしたやわらかさに包まれる「伊織のアイマスク」が...