居心地ワルい飛行機の「中央席」を好む人が増える!?

一見気づきにくい……けれど画期的な座席が注目を浴びている。飛行機の座席デザインや製造を手がける企業Molon Labe Seatingが開発した「S1 Space Seat」だ。

以前、商品化される前にも報じられたことがあるこの座席が、ついにFAA(米連邦航空局)の承認を得たと先日報じられた。

S1 Space Seatのデザインは、3つ並ぶ席の真ん中だけが数センチ低くなっていて、窓側や通路側の席よりも若干幅が広くなっている。加えて、両隣の席より少しだけ後ろに下げて設置される。真ん中に座る人が窮屈な思いをせず快適に過ごせるようにするのが目的。

米メディア「ABC」によるとMolon Labe Seatingは既に航空会社から大口受注も受けているという。

座席を選択するときに避ける人も少なくないだろう中央席だが、このように快適さを追求されたつくりであれば敢えて選ぶ人もでてくるはずだ。

Reference: ABC News
Top image: © Molon Labe Seating.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

6月某日、ケベック・シティーからトロントへ向かう飛行機に乗ったTiffani Louise O’Brienさん。フライト中に眠りについた彼女。目覚めたとき...
イタリアを拠点にする飛行機の座席デザイン会社「Aviointeriors」が、乗客同士の物理的接触を避けたシートデザインを発表。保護パネルで区切られた座席...
格安航空会社「ピーチ・アビエーションズ」が、国内の全路線が定額で乗り放題になる新サービスを検討中。新型コロナの状況によっては実施期間が変更になる可能性もあ...
落とし物が戻ってきただけでなく、中に入っていたお金が増えたという珍しい話がアメリカで話題に。しかも、親切なことに心がこもった手紙つき。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。