救援物資を運び、そのまま消えてなくなる「紙飛行機」ドローン

もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。

救援物資を遠隔地や危険地帯に届け、知らない間に消えてなくなる。

そんな新しい紙飛行機が、米・サンフランシスコの研究機関「Otherlab」で開発されている「The APSARA gliders」。

紙で作れる「ドローン」

ラジコンタイプのドローンはすでに市場にたくさん登場しているので、遠隔操作で何かを飛ばすこと自体に抵抗感はだいぶ無くなってきました。

でも、プロペラなどの動力が必要なドローンでは、バッテリーを中心とした、重くて高価な機械を搭載する必要があり、遠隔地への支援後、回収するために大きな経費がかかるという課題があります。

それを解決するのが、この「紙飛行機」タイプなのだそう。

厚紙で作られたステルス戦闘機のようなこのグライダーは、約900グラム以上積載でき、血液やワクチンを、紛争や道路の断絶で到達するのが困難な地域に届けることができるのだとか。

指定したポイントに
着地できる

さらに、GPSを備えた小さな電子デバイスでコントロールでき、グライダーのように滑空して、目標点から半径約10メートルに着地するように開発。

バッテリーやモーターなどが必要ないため、その分、積載量を増やすことができると言います。小さな電子機器ゆえに発熱も微量なので、熱に弱い物質も運べるという二次メリットも。

そして、ゴミにならずに
自然に還る

一方でグライダータイプなので、当然ですが物資を届けたあとに飛んで戻ってくることはできません。しかし、目標地点でゴミになり、残骸が散乱するようなことだけは避けなければなりません。

その点、この「The APSARA gliders」は、きのこ由来の生分解性の厚紙で作成。それにより、環境を汚すことなく、この問題を解決しているそうです。

数日のうちに胞子によって分解され、跡形もなく土へ還るのです。また、厚紙は現地で組み立てることもできるので、かさばらず大量に持ち運ぶこともできます。

研究チームによれば、カリフォルニア州をカバーできるほどの運用能力が見込まれると考えていて、たとえば

前もって配送座標を設定した数百個の「The APSARA gliders」を輸送機に積み、医療用品を必要としている場所へ落下させる

というのが、ひとつの運用例となりそうです。

Licensed material used with permission by Other lab
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
世界で初めて正式な撮影許可を取って、アボリジニの聖地「カタ・ジュタ」をドローンで空撮した貴重な映像です。
日本企業『株式会社クリエイティブトレーディング』が開発したドローンが話題になっています。その名も『Flying Magic Cleaner』。世界初の空飛...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...