叫び声を検知「人命救助ドローン」がドイツで開発中

娯楽用や撮影用だけでなく、人命救助用としても研究が進められているドローン業界。

この度ドイツの研究機関「Fraunhofer FKIE」は、人間の叫び声を察知して、人命救助に向かうドローンを発表したようだ。

© Fraunhofer_FKIE/Twitter

じつは、このようなドローンのアイデア自体は数年前から存在していたものの、マイクの重量により実用化が難しかった背景がある。

このドローンは、コンデンサーマイクの代わりに、より軽量であるMEMSマイクと呼ばれるものを使用することで、システムを小型・軽量化することに成功したようだ。

現在、研究者らは、マイクが拾う環境ノイズ音をいかに除去し、人命救助に関わる音を拾えるか、更なる開発を進めている。

人命救助に関わる音には、タッピング拍手叫び声、被害者が発する可能性のある衝動的な音など、多岐にわたるオーディオデータベースを構築しているようだ。

人命救助が必要な災害現場において、広大な範囲を安全にカバーすることが可能なドローン。この技術が実用化されれば、より多くの命を救うことができるようになるだろう。

Top image: © tommaso lizzul/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事