マリンスポーツに革命?「ドローンサーフィン」がやってくる!(かも)

動画を見ると想像以上にパワフルです。でも、ドローンって主には空撮用に使われていますよね。ウェイクボードをするかのように使っていますけど、大丈夫なのこれ?

D286ca7f019fd4031c2d53eb9a8f758c77eea768

使用された機材は「Freefly ALTA 8」。撮影用に販売されている商品ですが、機体に20ポンド(約9kg)まで荷物が積載できるように設計された力持ち。

動画を制作したのは、機材を開発した張本人「Freefly Systems」。問い合わせてみたところ、サーフィンへの利用はオススメしていないとのこと。あくまでドローンの可能性を探りつつ、機材の頑丈さをアピールしたプロジェクトだったとか。

さすがに人間を持ち上げるまでは至りませんが、見た限りではなかなかのスピード。もうジェットスキーなどを使ったトーイング(牽引)は要らなくなりそうですね。マリンスポーツへの応用が増えるかも!

Licensed material used with permission by Freefly Systems
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
パラセーリングにウェイクボード、さらに人気急上昇中のフライボードなど、エキサイティングなマリンスポーツは多いですよね。ただし、ここで紹介する「サブウイング...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
ナショナルジオグラフィックが共同主催する「ドローンスタグラム」は、2014年にスタートした国際コンテスト。第4回目を迎えた本年度も、様々な趣向を凝らした空...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...