光る波を乗りこなす!世界初のエレクトリカル「ナイトサーフィン」が楽しそう

世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわくわくさせる、次なる一手は「ナイトサーフィン」。その世界観は、サーフィンを数倍楽しくする!

スクリーンショット 2015-08-07 13.39.09

最新の照明テクノロジーを採用し、変幻自在に色を変える波。ライティング開発会社の協力を得て、夜の波間の壮大なイメージを作り上げた。

今回、「Wavegarden」は、研究に研究を重ね波の下(つまりは水中)からライトアップするなど、戦略的にライティングを施し、未だかつて、サーファーたちが経験したことのない“夜の海”を再現することに成功。

スクリーンショット 2015-08-07 13.40.17

「水の下から波を照らすという、まったく新しいコンセプトに至ったんです。さらにソフトウェアプログラムを採用して、波によって光の色彩や濃淡を変えることも可能です。光の内部反射を最適化するために、角度や色合いには特に気り、最適化を計りました」

Surfer Today.com」は、この照明システム導入を予定するウェーブプールに期待を寄せる、CEOのJosema Odriozola氏の言葉を紹介している。

スクリーンショット 2015-08-07 13.40.33

実のところ、ナイトサーフィンは目新しいものではない。と言うのも、サーフィン競技は以前、まるでサッカー競技場のように照明を、海に向かってガンガン焚いて行われてきた歴史もある。
だが当然のことだが、ライトの照射エリアが狭く、波のスピードについていくのも困難。さらにはサーファーからしても、波のサイズや、形、リズムを読み取ることができないと、非難が集中。現在、国際大会で夜に開催されてる競技は、もちろんない。

スクリーンショット 2015-08-07 13.38.36

スクリーンショット 2015-08-07 13.39.59

ちなみに、動画内で華麗なるライディングを披露しているのは、元欧州チャンピオンのビンセント・ダビグナック、 ビッグウェーブライダーとして有名なナチョ・ゴンザレスら、第一線で活躍するプロライダーたち。「Wavegarden」のプレスリリースによれば、彼らも“夜の波”は初体験だったとか。

この技術が応用されれば、仕事や学校がどんなに忙しくても、ナイトサーフィンを楽しむことが可能に。日照時間が短い冬場の朝夕でも存分に楽しめそう!

Reference:Surfer Today.com
Licensed material used with permission by Wavegarden

波に乗るタイミングはサーフィンの時と異なるし、浮力もないのでコツがいるボディサーフィン。それでもみんなに楽しんでもらいたいという願いで、開発された専用ミニ...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「KOBE-REYES-(コウベレイーズ)」は、国内唯一の人工サーフィン施設。未経験者をメインターゲットとしているため、用具のレンタルも可能で無料講習も開...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
「Truck Surf Hotel」という移動式ホテルの利用者は、ポルトガルもしくはモロッコの海を転々として、その場でサーフィンができる。
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。じつはここ、ドイツ3...
2016年1月27日、オアフ島・カメハメハハイウェイでのこと。「Stab」によれば、クリス・ウィッティーさんの妻・サラさんは、2歳の子どもヴァンくんをベビ...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
「The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」は、伝説のサーファーと呼ばれるエディ・アイカウの功績を称えたビッグウェー...
もう3年も前に公開された動画だから、あまり新鮮味はないかもしれない。だけど、夏の終わりが訪れると、なぜだか思い出したようにまた見たくなる大好きな動画です。...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
2015年11月14日、マーク・ザッカーバーグCEOがFacebookの新機能を自身のフィードで発表しました。「360°動画」を投稿することができるように...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...