波に飲まれた、母と2歳の子どもを救出した男性。正体はなんと・・・

2016年1月27日、オアフ島・カメハメハハイウェイでのこと。「Stab」によれば、クリス・ウィッティーさんの妻・サラさんは、2歳の子どもヴァンくんをベビーカーにのせ、道路を歩いていたところを巨大な波に襲われました。

幸い近くにいた人々が救助に向かいことなきを得ましたが、そのときにまっさきに手を差し伸べたのは、あの世界的に有名なプロサーファーだったのだとか!クリスさんが彼に向けて投稿した感謝の言葉がインスタグラムに投稿されています。

サーフィンの神様が
波にのまれた家族を救出!

8f7b1e8b30168082b55bf2a9932794921a7f7e47

今日、その場にサーフィンの神様、ケリー・スレーターが居てくれたことをありがたく思います。波にさらわれた私の妻と子どもを救ってくれました。家族が生きて帰ってこれてなによりです。彼をはじめ、多くの命を救っているライフガードの皆さんに感謝を。

ケリー・スレーターは、これまでに11度もASPワールドチャンピオンに輝いているプロサーファー。「神」に喩えられるほどの伝説的なプレイヤーとして世界的に知られています。

たまたまそこに居合わせた彼や、ライフガードがサラさんととヴァンくんの救助へ向かいましたが、当初はどこに流されたかわからなかったそう。しばらくしてスレーターは茂みに引っかかっていたベビーカーを発見、砂だらけのヴァン君を救出。サラさんも擦り傷や打ち身はあれど、命に別状はありませんでした。

B8ce5fc47bed76ac0d2156cff8dc9cd5c8e3d184

Next Impulse Sport」には、彼のコメントが掲載されています。

「普段は通らない道なんだけど、たまたま通りかかったんだ。ライフガードも救助に向かっていたし、とにかく無事でよかった。しばらくしたら笑い話になるさ。それにしても、ヴァンのはじめての波はデカかったね!」

彼はそのときに見た光景を「津波」と表現しています。たまたまそこにいたとはいえ、冷静かつ迅速な人命救助ができたのは、彼の勇敢さや経験あってのことでしょう。

まるで何事もなかったかのような冗談交じりのコメントもさることながら、その翌日には同じような巨大な波にのり、サーフィンを楽しんでいたというから驚き。インターネットには「偉大すぎる!」という書き込みがたくさんありますが、まさにその通りですね。

Licensed material used with permission by Chris White
波に乗るタイミングはサーフィンの時と異なるし、浮力もないのでコツがいるボディサーフィン。それでもみんなに楽しんでもらいたいという願いで、開発された専用ミニ...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
ライターのジョアンナ・シュローダー氏が「YourTango」に書いた「サーファー愛」を紹介しましょう。1月にプロサーファーのケリー・スレーターが、波に襲わ...
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわ...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
「The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」は、伝説のサーファーと呼ばれるエディ・アイカウの功績を称えたビッグウェー...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
「ヒュー!日向」のキャッチコピーでおなじみの宮崎県日向市のPRムービーが、2018年も出た。TABI LABOはこの圧倒的にポジティブなオーラを放つPR動...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
真冬の海に何時間も浸かり波を待つサーファーたち。いくらウェットスーツの防寒性能が向上しているとはいえ、濡れた体で陸に上がれば、寒さが身にしみます。そんな波...
夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。じつはここ、ドイツ3...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
南アフリカで行われたサーフィン大会「J-Bay Open」で、オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手がサメに襲われるという事件が起きた...
「観光」「グルメ」「ショッピング」。少し強引かもしれませんが、数年前まで旅の目的といえば、この3要素しかなかったと言っていいでしょう。しかし近年は、人々が...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。