足を奪われたサーファーが「サメをかばう理由」

この覚悟は生半可のものではない──。海を愛し、波乗りを愛するものの一人として、僕はこう思わずにはいられませんでした。

Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活動に動き出し、サーファー仲間らにこんなメッセージを訴え続けています。

IF MY LIFE'S TAKEN DONT TAKE THEIRS....

Mikeのプロジェクト「Fin for a Fin」を最も象徴しているのがこのフィン。海面を境に上にはサメの背びれ、下にサーフィンボードのそれ。人間と魚、ふたつのフィンをつないでいるのが、前述のメッセージだったのです。

自分を襲った相手に対しその境地、どんな心の変化があったのでしょう。

“僕たち”は共存できる

1997年のこと、サーフィン中にイタチザメに足を噛みちぎられた。すべてが一瞬で逃げる間もなかった。

僕の身に起こった不運を見たり聞いたりした仲間たちは、「仕返しをしよう」と提案、実際にサメを捕獲して殺してしまった人もね。それが本当に僕の足を奪ったヤツなんて確証、どこにもないのに。

こんなことをしてほしい訳じゃないし、そもそもサメに対する恨みや怒りなんてものは、そこまでなかったんだ。

だって本来、海は彼らのテリトリーだろ。そこに入っていくのは僕たちの方。海で波に乗るってことは、そもそもリスクがあるんだ。その前提を忘れちゃいけない。

サメってことだけで殺してしまったら、海の生態系を壊すことになる。そのツケは、いつか必ず僕たちに返ってくる。だから『共存』しなければいけない。

もしものことが起きたとき、サーフボードだけしか浜辺に戻ってこないかもしれない。フィンにメッセージを刻んだのは、「復讐は望んでいない」という僕たちサーファーの想いを伝えたいと考えたからさ。

「もしサメが僕の命を奪っても、殺さないでくれ」

Licensed material used with permission by Fin for a fin
2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が...
ライターのジョアンナ・シュローダー氏が「YourTango」に書いた「サーファー愛」を紹介しましょう。1月にプロサーファーのケリー・スレーターが、波に襲わ...
南アフリカで行われたサーフィン大会「J-Bay Open」で、オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手がサメに襲われるという事件が起きた...
「サメって恐いよね」という先入観を、壊してくれるようなおハナシ。
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フ...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
誰しも、ひとりになりたい時がある。じっくり考えごとをしたいとき、仕事に集中したいとき、読書に没頭したいとき──。自分の部屋に閉じこもるのも手だが、ここで知...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。
波に乗るタイミングはサーフィンの時と異なるし、浮力もないのでコツがいるボディサーフィン。それでもみんなに楽しんでもらいたいという願いで、開発された専用ミニ...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
旅には、人生が凝縮されています。
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。