足を奪われたサーファーが「サメをかばう理由」

この覚悟は生半可のものではない──。海を愛し、波乗りを愛するものの一人として、僕はこう思わずにはいられませんでした。

Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活動に動き出し、サーファー仲間らにこんなメッセージを訴え続けています。

IF MY LIFE'S TAKEN DONT TAKE THEIRS....

Mikeのプロジェクト「Fin for a Fin」を最も象徴しているのがこのフィン。海面を境に上にはサメの背びれ、下にサーフィンボードのそれ。人間と魚、ふたつのフィンをつないでいるのが、前述のメッセージだったのです。

自分を襲った相手に対しその境地、どんな心の変化があったのでしょう。

“僕たち”は共存できる

1997年のこと、サーフィン中にイタチザメに足を噛みちぎられた。すべてが一瞬で逃げる間もなかった。

僕の身に起こった不運を見たり聞いたりした仲間たちは、「仕返しをしよう」と提案、実際にサメを捕獲して殺してしまった人もね。それが本当に僕の足を奪ったヤツなんて確証、どこにもないのに。

こんなことをしてほしい訳じゃないし、そもそもサメに対する恨みや怒りなんてものは、そこまでなかったんだ。

だって本来、海は彼らのテリトリーだろ。そこに入っていくのは僕たちの方。海で波に乗るってことは、そもそもリスクがあるんだ。その前提を忘れちゃいけない。

サメってことだけで殺してしまったら、海の生態系を壊すことになる。そのツケは、いつか必ず僕たちに返ってくる。だから『共存』しなければいけない。

もしものことが起きたとき、サーフボードだけしか浜辺に戻ってこないかもしれない。フィンにメッセージを刻んだのは、「復讐は望んでいない」という僕たちサーファーの想いを伝えたいと考えたからさ。

「もしサメが僕の命を奪っても、殺さないでくれ」

Licensed material used with permission by Fin for a fin

関連する記事

7月27日に公開されたフロリダ州ジャクソンビルのテレビ局「WJXT」のWEB版の記事によれば、プロサーファーFrank O’Rourkeさんがシャークアタ...
ライターのジョアンナ・シュローダー氏が「YourTango」に書いた「サーファー愛」を紹介しましょう。1月にプロサーファーのケリー・スレーターが、波に襲わ...
2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が...
「サメって恐いよね」という先入観を、壊してくれるようなおハナシ。
3月25日に、生物・物理・地球科学の研究を学際的に掲載する『iSicence』にてブラジルの「リオグランデドノルテ連邦大学」に所属する脳科学者たちが「タコ...
南アフリカで行われたサーフィン大会「J-Bay Open」で、オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手がサメに襲われるという事件が起きた...
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。
パクチー普及のために2007年からパクチーの種を配布しているパクチー銀行が、今年も​「パクチー育てる」89日間 国民運動を開催。5月13日〜8月9日まで。...
誰しも、ひとりになりたい時がある。じっくり考えごとをしたいとき、仕事に集中したいとき、読書に没頭したいとき──。自分の部屋に閉じこもるのも手だが、ここで知...
波に乗るタイミングはサーフィンの時と異なるし、浮力もないのでコツがいるボディサーフィン。それでもみんなに楽しんでもらいたいという願いで、開発された専用ミニ...
「ヒュー!日向」のキャッチコピーでおなじみの宮崎県日向市のPRムービーが、2018年も出た。TABI LABOはこの圧倒的にポジティブなオーラを放つPR動...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
旅には、人生が凝縮されています。
「Surftrip Map」には、世界1000ヵ所以上のサーフスポットが記されていて、波の質や水温、ピーク時期、サメの有無など各スポットの特長が一目でわか...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
最高に楽しく、充実した毎日を積み重ねていきたい。そうは思っていても、実際にどうすればいいのかは、なかなかピンとこないものですよね。そんなあなたに向けて「Y...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
大人って大変で、辛くて、偉くて、立派な生き物だと思う。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
眠れない夜にオススメのアドバイスをご紹介。今夜から、試してみてください。