他人に嫉妬してしまった時に、あなたがやるべき5つのコト

同じ仕事をしているはずなのに、なぜか結果に差が出る。こういうとき、意識していないつもりでも、どこかで他人を妬んでしまうのはどうしてでしょう。

「Fox News」を始め、多数のテレビや映画、舞台に出演経験のある女優、コメディアンのRosebud Bakerは言います。「自分の置かれている状況をきちんと認め、つねに自分と向き合うことが重要なの」。

それができれば妬みに打ち勝てる、と断言する「Elite Daily」に寄せた記事を紹介します。

26bffe572660ac083d94b3b2b58a132f8eb01efe

相手の行動が理解できない時は、誰でもモヤモヤした気持ちを抱くでしょう。だから、あの人とは合わない、と友だちにグチってしまう。その理由を聞かれても具体的に説明できないことも。

心の底では、その人をうらやましく思っているのかもしれません。醜いものであり、行き過ぎると他人を傷つけてしまうのが嫉妬心。

「もしこの負の感情を認めることで、プラスにできたとしたら?」

私自身はこの疑問にチャレンジして、その結果を導くことができました。参考にしてみてください。

01.
プライドを捨てて
自分の嫉妬心を認める

44172f1d8320f38e6185c8abd33aeae754ff0928

まず第一のステップは、自分の感情を認識すること。誰かにジェラシーを抱いていると認めることは、なかなか難しいかもしれません。でも、精神的に成長する、という意味で練習してみてはいかがでしょう。

もし、それが嫉妬なら、自分に素直になれたし、マイナス面を知れたということになります。

02.
何を妬んでいるのか
明確にする

例えば、嫌いな人がいても、その人の全てが気にくわないということは少ないと思います。

広い家に住んでいることや自分より早く昇進をしたことを妬んでしまうかもしれません。でも、好きな洋服やブランドは同じ、なんてこともあります。

無理に好きになる必要はないけれど、何を受け入れられて、何に対してうらやましいと思うのかを、知ってみるのは悪いことではありません。

03.
他人のことを考えずに
自分のことに集中する

14e34288a3f2027aa5b67ab65439a94a42a0df38

自分が何をしたいのかを考えましょう。やりたいことをノートに書くだけでも十分。大きな野望である必要はありません。

もし、あなたが小説を書いてみたいなら、通勤の時間に書いてみましょう。隙間時間に、ケータイでメモを取るだけでも構いません。

好きなことをやる時間をできるだけ多く作りましょう。やるべきことがあれば、他人にそこまで意識がいかないはずです。

04.
思い切って相談して
自分を成長させる

なぜヤキモチをやくのかが分からないなら、友だちに相談して、アドバイスをもらうと参考になるかもしれません。

最初は恥ずかしいかもしれないけれど、話しているうちに自分の思いも明確になっていきます。「成長するためのアドバイスを聞かせて」と正直に言ってみるとスムーズに進みますよ。

続ければ、オープンで柔軟に考えられるようになるし、過去の自分と向き合うこともできるように。

05.
マイナス感情を克服するための
綿密なプランを立てる

B5e4194a9755172cb631d7328c240c337bbdd35e

目的を決めたら、何を克服するのか、何をしなければいけないのかを考えましょう。できることなら、いつまでに目標を達成するのかも決めましょう。そうすれば、嫉妬の感情とも上手く付き合うことができます。

この5つのことは誰でもできることです。慣れてしまえば、わざわざ手間をかける必要も無くなります。そうなったら、あとはやるだけですよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
どうせ「嫉妬する」と分かっているけれど、どうしても他人が気になって比べてしまう人も多いはず。たとえば、いい車や広い家、高い給料など…。そこで「becomi...
新生活がひと段落し、疲れも出てくる頃。思い通りの人生を歩めているか、疑問に思うタイミングもありますよね。そんな時参考にしたい5つのサインを「Higher ...
他人にハッピーなことが起きたのに、どうしても素直に喜べないときってありますよね。とくに、自分がうまくいかないことを人が簡単にやってのけていたりすると「どう...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
私たちは皆、社会のなかで生きているからこそ、人の目を気にしたり評価を気にすることがあります。でも、あえて周りを気にしなければポジティブな結果をもたらすこと...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
大好きな彼が自分以外の誰かと連絡をとってる…そんなことを知ったらもやもやした気持ちでいっぱいになってしまいますよね。でも、そんな時、真正面から問い詰めると...
「Power of Positivity」で紹介されているのは、人生の転換期を迎えているサイン。記事によると、どうやらほとんどの人は、人生の舵を切るタイミ...
人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。本質とは...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
何かに流されながら、なんとなく生きていませんか? 面倒だから今この流れに乗ってしまおう…なんて考えていると、表面上は取り繕えていても、後でつらい思いをする...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
もうすぐ30歳を迎えるワタクシ。気づいたらもうこんな年齢かと思い、これまでの人生を振り返ってみた。すると、「もし、あの時◯◯だったら」なんて後悔がいくつも...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
あるカップルから、フォトウェディングを依頼された写真家のAshley Hempel。日照りの激しい夏の日のこと、2人を撮影しようとしたら、見知らぬ女性が突...
「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)「Elite Daily」にライターのP...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...