理想が高いわたしにも、「許容するかどうかの境界線」がある。

これは、NYの女性ライター・Zara Barrieが恋愛から得た教訓の数々。刺激的ながら共感できる部分も。こんな男性を、あなたは許せる?許せない?

わたしはこの10年、ありとあらゆる男と寝た。“完璧な人たち”は退屈だ。そんな人よりも、2万円のオモチャと楽しく過ごしたい。経験上、黒い歴史がない男の子は、女をどうやって喜ばせていいのかをわかっていない。

いつだったか、マッチングサイトで「理想が非現実的だ」と言われた。嬉しかった。言われるがままだった過去を持つ身としては、進歩したものだと思ったのだ。高嶺の花でいることにハマっていた。

32c490310cd9ef7d31554e612f6418c2cb3b28c1

姉のようになりたかった。彼女を満足させられる人なんていないと思う。だけど、その分半端じゃなくいいオンナだ。わたしだって外見で引けはとっていないとはいえ、元々高望みするタイプではないし、人のダメなところが嫌いになれない。

メッセージを送ってきた男は正しい。わたしの要求は厳しかったから。ただし、許容できることはある。

“仕事で成功してない”。

受け入れる。

わたしはキャリア志向かつ極めて野心家だ。成功している人に対して魅力を感じる。ハツラツとした人が好きだし、仕事の話をしてくれる人に興味を持つ。

と言っても、いま成功していなくてもOK。たいてい独創的でパワフルな人は、後々その分野で成功を収める。いくらリスクを取ったって一夜で成功するとは限らない。

“野心がない”。

許せない。

夢のキャリアを手に入れている必要はないけれど、大胆な野心は必要。わたしには夢がある。

身を粉にして努力して成功を掴んだとして、便乗してくるような存在は腹立たしい。ナルシストに聞こえるでしょう。でも、真実だと思うわ。

“過去に問題がある”。

9742d91d106da9f424c5aa5392fef8f89b2f773b

魅力的な人ほど、フクザツな過去を乗り越えてきている。

若いときの行動を持ち出してああだこうだ言う人を、みっともないとは思わない?そんなことに熱意を燃やす人を、わたしは好きになれないな。

“過去を今の言い訳に使う”。

暗い過去があってもいい。ただ、それを免罪符として使うなんてーーね。

“ウダウダ悩む”。

賢い人に惹かれる。そして、聡明で創造的な人たちほど葛藤している。

不安にならず、落ち込みもしない…そんな人は鈍感なだけだ。知らずにいられることは幸せでしょうけれど。

“助けを求めない”。

C595671639690d79e1aaaa1d1cd6c5de2b55e501

気持ちの面で色々と悩むのはアリ。でも、解決するための努力をしない人には共感できない。

悲しんでいるだけで生活を改善しようとも思っていない人を、気にしている余裕はないもの。

“嫉妬する”。

わたし自身、四六時中嫉妬している。現在進行形だ。お金を持っている人に嫉妬したり、スタイルのいい女の子を見て「あと5キロ痩せていたら」と比較している。

大切な人がいれば、魅力ある人に奪われる心配をするのは当然のこと。それは人間らしさでもある。

“嫉妬心で相手を縛る”。

嫉妬するのは構わない。だけど、コントロールはするべきだ。束縛する相手には視界から消えて欲しい。

わたしは、この残酷で冷たい世の中から抜け出そうと必死に頑張っている。だから、誰にも邪魔されたくなんてない。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
世の中の女子は男性にとって、どういう理想像を持っているのでしょうか?恋愛ドラマや映画ではそんな女子の願望が如実に表現されていることもありますが、実際はどう...
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
「一見良いようで実は害がある関係」や「ダメ男」と付き合ってしまっていない?特に、その特徴は些細な行動として表れるもの。でも、この5つの特徴を頭に入れておけ...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
自分に合っていない男に引っかかり、傷ついて、気を落とすのはもう散々…。ダメな恋愛にしがみついて失敗を繰り返さないために注目したいのは、「YourTango...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
「Elite Daily」で70以上の恋愛コラムを書いてきた、ライターKimmy Foskettさんは、男遊びが増える時期こそ、気をつけたほうがいいタイプ...
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
『ちゃんとした男』の定義が難しいところではあるのですが、男性の見極め方が知りたいということで、いくつか該当しそうな記事をピックアップしてみました。もし、自...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
関係を続けるかどうかは、その晩のセックスが十分な判断材料になるという記事を、「Elite Daily」で見つけた。抱かれてしまったものは、もう仕方がない。...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
起業家のマーク・マンソン氏は、ここ十年ほどで進んだ心理学研究の成果などを踏まえ、一見気にならないけど注意しないと身を滅ぼすーーそんな恋愛のカタチをいくつか...
Lisette Pylantさんは26歳の誕生日に友達の紹介で、ある男性(Justin)とバーに行くことに。友人が働いているバーでお酒を飲んでいたのですが...
恋愛の伝道師とも言われる女性ライター、Dina Z Coladaからすると「ダメ男と付き合うなんて人生のムダ。すっぱり縁を切りましょう」っていうのが幸せに...