これらの言葉を発する=浮気常習犯と考えてもイイ

浮気をする人は、言葉巧みです。時に魅力的に見えてしまうこともあります。でも彼らの言葉は、絶対に信じてはいけないのです。「I Heart Intelligence」のライターRobyn Reischさんは、浮気性の人がよく口にする「8つの言葉」を紹介しています。

01.
「自分はこれから変わる。
全部やり直すって約束するよ」

まず、この言葉は絶対に実現しないと思った方が良いでしょう。

万が一本当に変わったとしても、浮気をしたという過去は変えられません。相手がその後どれだけあなたに尽くしてくれようと、一度はあなた以外の人を愛したのだということを忘れないでください。

02.
「体だけの関係だったんだ。
愛してるのは君一人だけだよ」

この言葉は、聞きようによっては最悪です。ただ性的な満足感を得たいからといって、あなたとの関係をないがしろにするようなパートナーに価値があるでしょうか。性的な関係と恋愛関係を切り離す考え方は非常に未熟で、あなたとの関係を放棄しているといえます。

03.
「たった一度の過ちで
僕を永遠に責めないで」

こういう人は、「ちょっと“弱さ”が出ちゃっただけさ」と言います。でも弱さとは、自制が効かずにトレーニングをさぼったり、高い靴をつい買っちゃったりするようなことです。決して浮気は“弱さ”ではありません。浮気をしたということは、あなたとの関係を乱暴に扱ったということです。その瞬間、彼らは意図的に不誠実な行いをして、あなたを傷つけました。それが大きな問題であることを忘れてはいけません。

04.
「僕だけのせいじゃない。
君が忙しくて放っておいたのも悪い」

責任転嫁をするような相手は、自分の過ちがどれだけふたりの関係に影響を与えてしまうのかを正しく認識できていません。

確かに、ふたりの間に距離ができたり、倦怠期が生まれていた可能性もあります。しかし大人の付き合いができるカップルは、きちんとその問題に向き合うことができます。浮気などに走らずとも、じっくり向き合って対話をするなど、方法はいくらでもあるはずです。

05.
「浮気相手に誘惑された。
自分から手を出したわけじゃない」

あなたの怒りの矛先を浮気相手に向けさせるのはとても簡単です。自分も被害者のふりをするメリットをよく知った上で、この言葉を発します。でも、騙されてはいけません。パートナーがあなたの信頼を裏切ったことに変わりはありませんから。

06.
「バレると思っていたら
こんなことはしなかった」

これは浮気の言い訳の中でも最悪のものかもしれません。作家のCheryl Hughes氏は、このように書いています。

「嘘をついている人は、たいてい他にも何か隠しごとがあります。これが一番恐ろしいことです。一旦それに気づいてしまうと、私たちは、強さ、自尊心、そして関係の基盤をすっかり失ってしまいます」

あなたのパートナーの嘘は、本当にそれだけですか?

07.
「気にしすぎだよ。
大げさにするのはやめてよ」

この言葉を鵜呑みにしたら、この先どんなこと起こるかわかりますよね。

その後もパートナーは立て続けに浮気を繰り返し、「そういう人だ」とこちらに諦めさせるのです。浮気がふたりの関係にどれくらい大きな影響を与えるのか、何もわかってないのです。

08.
「それはもう過去のことだ。
今は心を入れ替えたんだよ」

浮気性の人は、ほとんどが一生浮気性のままだと断言できます。

浮気をしても、相手はあの手この手で再びあなたの気持ちを取り戻そうとしてきます。でも、本当に彼らはあなたのことを気にかけてくれているかどうかを考えてみてください。第三者に相談して、その人の冷静な言葉を受け入れるのが賢明でしょう。

以上8つの言葉は、本当によく聞くものだと思います。だからこそ騙されることなく、どうかあなたを傷つけることのない新しいパートナーを探してください。それは確かに苦しい判断かもしれませんが、あなたの幸せのために必要なことなのです。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
ひと頃の不倫ブームを経て、不倫や二股、浮気なんていうワードが随分とカジュアルに語られるようになった昨今。浮気実体験者から見出した、浮気男の特徴をこっそり伝授。
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
恋人に浮気されて散々な思いをしたと言う、作家のAlison Segelさんが、世の女性たちに向けて"やめた方がイイこと"を説いています。曰く、強くならなき...
ロンドン大学の論文によると、「嘘をつくほど、罪悪感を感じない脳になっていく」ということが明らかになっています。今回の浮気よりも、次回の浮気レベルが同じ、も...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
自分に合っていない男に引っかかり、傷ついて、気を落とすのはもう散々…。ダメな恋愛にしがみついて失敗を繰り返さないために注目したいのは、「YourTango...
すこしでも恋人に対して「ん?」って思うことがあるのなら、「Elite Daily」で掲載されていたパートナーに“浮気癖”があるかもしれない注意すべき4つの...
ふたりで出かけたら?手を繋いだら?キスしたら?セックスしたら?心が動いてしまったら?越えてはいけない浮気のラインは、人によって千差万別。お互いの認識が違っ...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
無条件に愛を信じることは、危険です。すべてがうまくいっているように感じる時に限って、最悪な出来事が起こります。そう、彼氏の浮気が発覚するのです。あなたはま...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
浮気者はパートナーに対して全く悪気がないのでしょうか?擁護するつもりではないけれど、やめたいと思ってもやめられない人もなかにはいるはず。今まで「浮気する恋...
パートナーの浮気を結婚式前夜に知ったCaseyさん。「Whimn」というサイトに自身の経験をコラムとしてまとめています。
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
「男は浮気する生き物」と諦めている女性もいるかもしれません。でも「Thought Catalog」で紹介されたのは、浮気をせずに恋人との関係を長く続けてい...
最近、彼氏や旦那の様子がおかしい…。そんなときの女性の勘は、たいてい当たるものです。スマホをいじっている時間が長くなった。スマホを肌身離さず持ち歩いている...
「あなたは、パートナーを大切にしていますか?」この問いかけに、ビクッとしてしまったあなたはちょっと心配。恋人ではない相手と関係を持ってしまうことが一番わか...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
論文では、<DRD4>を強く持つ人たちの冒険や放浪によって、世界は開拓されてきた。とあるけれど、つまり旅好きの人は、浮気をする可能性が高いと言えるのではな...
付き合ったばかりの時は、どんなにダメなところがあっても「可愛いなぁ」なんて許せてしまうもの。だけど、そのうち「このひと、真のダメ人間なんじゃ?」なんてハラ...
「男は浮気する生き物」なんて話はよく聞きますし、実際、年齢が上になればなるほど身を持って体験している女性は多いです。ここで紹介するのは、これまで恋愛にまつ...
 浮気って、されたときは、悲しいしムカつくしもうなんだかわからないぐちゃぐちゃな感情がこころに渦巻いて、自暴自棄になってしまうと思うんです。でも、「その経...