「友達に戻ろう」なんてハンパな選択は、やっぱりしないほうがいい3つの理由

カップルに別れはつきもの。しかし、別れたからといってすぐに赤の他人に戻るのは…そんな発想から、「友達に戻る」という選択をしたことのある人も多いかと思います。

でもそれって、実は余計に苦しいだけなのでは?今回は「The School of Life」から別れた恋人と友達に戻らないほうがいい3つの理由を紹介します。かなり厳しい内容ですが、これくらい言われないと、弱い自分に勝てないかも?

01.
友情のふりをした
「都合のいい関係」になりやすい

5d18fa78c7f02ed8ef0234ead9086e59610676ff

特にフラれた側の人は、友達としてのつながりでも、そこに恋人の余韻を含んだ安らぎや慰めを見出してしまいがち。愛情の燃えかすから何か少しでも掬い出そうとしてしまうのです。

いつまでも生殺しの状態では、残酷ではないですか?好きな時に呼び出されたり、その場の雰囲気で恋人に戻ったかのように接してしまったりと、「友達」の皮をかぶせた都合のいい関係になってしまっていませんか?

02.
フラッシュバックで
罪悪感に苦しみ続ける

かつて恋人だった人を突然締め出すことで心を傷めたくないという思いから、友情という選択をする人も多いでしょう。別れても他人ではなく友達でいられるのなら罪悪感が軽減されるはず。でも本当にそうでしょうか?

ふとした瞬間に、付き合っていた時のことがちらついてしまいませんか?やっぱりまたやり直せるかもしれない、いやダメかもしれない、などと半端な気の迷いで相手を振り回して、自分も胸を痛めたり。お互い「なんでこんなことをしてるんだろう」と思うことがありませんか?

03.
優しさのつもりでも
本当はひどい拷問かも

33bfe947da2029e25c8c9df3aa303cee717054df

特に自分がフる側だと、相手への最後の優しさのつもりで「友達でいよう」などという言葉が口を衝いて出るかもしれません。イイ人は特にそう。でもそれは、結局は元恋人の溜息の原因にしかならないのです。復縁するつもりも無いのに友達になると、お酒が入ったりした時に向こうの本音が垣間みえてお互い傷つきかねません。

また、もし復縁することになったとしても相手にとってはそれは2回目の裏切りでしかないかもしれません。結局は無駄に悲しませられ、振り回されたということになるのですから。それは相手にとっては書き表わしようの無い拷問でもあるのです。

きっぱり思い出に昇華して
お互いを解放しよう

05daff08c75c6a98c9e42ce29de1ca905a5018ac

終わった関係だからといって、すぐに記憶や人生から無かったことにするなんて、簡単じゃないのは当たり前です。でも別れるというのは、2人で下した重い決断。それを尊重せずズルズルとお互いを縛り合うのは、相手にも自分にも呪いをかけているようなもの。

愛の代わりは便宜上の友情なんかではなくて、もっと誠実で前向きなものでなくてはいけません。つまりは自立。距離を置いて、お互いを大切な思い出にして歩んで行くのが1番なのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by The School of Life
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
「Elite Daily」で70以上の恋愛コラムを書いてきた、ライターKimmy Foskettさんは、男遊びが増える時期こそ、気をつけたほうがいいタイプ...
一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと...
自分から別れを切り出せない。そうなったら一緒にいる理由は、『情』や『寂しさ』なのかもしれない。EliteDailyより、パートナーとの関係が惰性になってい...
自分に合っていない男に引っかかり、傷ついて、気を落とすのはもう散々…。ダメな恋愛にしがみついて失敗を繰り返さないために注目したいのは、「YourTango...
何かと厄介なオンナ対オンナ。対立的だったり、繊細だったり、気分の浮き沈みが激しかったり…。もちろん一緒にいて楽しいこともたくさんありますが、女子が群れてひ...
「わかっているつもりだったのに、まったく相手のことを理解できていなかった…」なんて経験、ありませんか?恋愛で失敗する原因は、あなたが異性のことを知らなすぎ...
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
「一見良いようで実は害がある関係」や「ダメ男」と付き合ってしまっていない?特に、その特徴は些細な行動として表れるもの。でも、この5つの特徴を頭に入れておけ...
付き合ったばかりの時は、どんなにダメなところがあっても「可愛いなぁ」なんて許せてしまうもの。だけど、そのうち「このひと、真のダメ人間なんじゃ?」なんてハラ...
「Elite Daily」の Alison Segelさんの記事より、恋愛で決して耐えてはいけない6つの兆候。パートナーによる精神的・肉体的暴力、態度・感...
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
関係を続けるかどうかは、その晩のセックスが十分な判断材料になるという記事を、「Elite Daily」で見つけた。抱かれてしまったものは、もう仕方がない。...
「もし、別れた恋人同士が友達に戻れるなら、2人はまだ愛し合っているか、そもそも最初から愛し合っていなかったかの、どちらかだ」 こんな言葉があるように、別れ...
『ちゃんとした男』の定義が難しいところではあるのですが、男性の見極め方が知りたいということで、いくつか該当しそうな記事をピックアップしてみました。もし、自...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
恋愛に別れはつきものだなんて知っているけれど、実際に直面すれば、やっぱり胸が引き裂かれそうになる。多くの人たちが、過去にこんな痛みを乗り越えたのかと思うと...
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...