浮気男の特徴

「この人、絶対にヤッてるね。黒だね」

とある日曜日の昼下がり、実家の母(60代)がテレビを見ながらこう断言しました。視線の先を見れば、政治家と弁護士の不倫が取り沙汰されていて。

ひと頃の不倫ブーム(と言っていいのだろうか?)を経てみると、不倫や二股、浮気なんていうワードが随分とカジュアルに語られるようになったなぁと思います。そう、高齢者が、夫と娘と孫の前で「ヤッてる」となんの臆面もなく言い切れてしまうほどには。

とはいえ、周りを見渡してみると、実際に不倫をはじめとした“浮気”の体験者って多いんですよね。そこで見出した、浮気男の特徴、今日はこっそり伝授します。

SNSで“一緒にいます”表記を全方位で渋る

「仕事上さ、どこにいるとか、誰と一緒にいるとか、バレると困るんだよ」

というのが常套句。ポイントは“全方位”であることです。仕事上でも断っているのだったら、もちろんプライベートも断るというスタンス。裏を返せば、本命の彼女だろうが、浮気相手だろうが、誰と一緒にいるかということをすべて隠蔽できます。

彼のSNSに明らかに飲み会の様子が綴られていた場合、チェックすべきは写真に写っている情報ではなく、その場にいた、他の人の情報が共有されているか否か、です。

記念日の当日ではなく、その前後に予定が入っている

例えば彼の誕生日、お祝いをしたいと伝えたとしましょう。

「もちろん、当日は空いてるよ。でも前日は仕事の予定が入っててさ。泊まりは無理かな」

彼の誕生日になるその瞬間(つまりは日付が変わるその瞬間)は、おそらく別の相手と過ごしているのでしょう。記念日の当日をスペシャルなものと位置付けることで、焦点をぼかしているのです。

実際に浮気をしていた男性は浮気相手にこう言ったそうです。

「誕生日の当日はどうしても抜けられない仕事があるんだけど、俺が歳を重ねる瞬間を祝ってくれたら嬉しいな」

もし、もしもですが、誕生日当日に彼の予定が埋まっていたり、誘いを断られたとしたら…残念ながら、あなた自身が浮気相手の可能性アリです。

矛盾を問い詰めると逆ギレする

「俺に何を言わせたいの?絶対にあなたが不幸になることしか言わないよ」

一晩中、彼と連絡がとれなかったとか。彼の家に自分のものではない髪の毛を見つけたとか。

どうしたって聞かずにはいられない事象が発生した時、女子は黙っていられない生き物だと思います。言い訳してほしい、嘘でもいいから弁解してほしいぐらいシビアな状況だと、浮気男は逆ギレします。

でもね、この場合の救いは、まだ“あなたを不幸にしたくない”と思っていること。そこに縋るかはあなた次第です。

休日に友達との予定を入れたと報告したらまず笑顔になる

いつもはデートをするはずの日曜日、大好きなアーティストのライブに私だけが誘われてしまったら。逡巡ののちに、OKするでしょう。それを彼に伝えると…。

「いいよ!たまには行っておいでよ!友達付き合いも大事だもんな!」

大きな心で送り出してくれる、理解のある素敵な彼氏…かもしれません。でもチェックすべきはこの発言ではなく、あなたが彼にこの事実を伝えた瞬間の表情。

もしも彼が表情を曇らせたら、浮気男ではないでしょう。

もしも彼が瞬間的に満面の笑顔になったら…。残念なお知らせです。彼は瞬時に頭の中で「あの子に連絡しよう♪」とアドレス帳を開いています。


私自身の経験と周りの実体験から導き出したこの法則、あながち間違ってはいないと思うのです。だって、この法則をとある浮気男に伝えたら、

「お前はCIAか。絶対に敵に回したくない」

と言われたんですもの。だから少しでも、悩める女子の手助けになるといいな。

そして浮気をしている男子諸君、女子を侮るなかれ!

ロンドン大学の論文によると、「嘘をつくほど、罪悪感を感じない脳になっていく」ということが明らかになっています。今回の浮気よりも、次回の浮気レベルが同じ、も...
浮気者はパートナーに対して全く悪気がないのでしょうか?擁護するつもりではないけれど、やめたいと思ってもやめられない人もなかにはいるはず。今まで「浮気する恋...
浮気をする人は、言葉巧みです。時に魅力的に見えてしまうこともあります。でも彼らの言葉は、絶対に信じてはいけないのです。「I Heart Intellige...
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
恋人に浮気されて散々な思いをしたと言う、作家のAlison Segelさんが、世の女性たちに向けて"やめた方がイイこと"を説いています。曰く、強くならなき...
論文では、<DRD4>を強く持つ人たちの冒険や放浪によって、世界は開拓されてきた。とあるけれど、つまり旅好きの人は、浮気をする可能性が高いと言えるのではな...
パートナーの浮気を結婚式前夜に知ったCaseyさん。「Whimn」というサイトに自身の経験をコラムとしてまとめています。
ふたりで出かけたら?手を繋いだら?キスしたら?セックスしたら?心が動いてしまったら?越えてはいけない浮気のラインは、人によって千差万別。お互いの認識が違っ...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
「男は浮気する生き物」と諦めている女性もいるかもしれません。でも「Thought Catalog」で紹介されたのは、浮気をせずに恋人との関係を長く続けてい...
「浮気する男性ほど、仕事がデキる」なんて話をよく耳にしますが、冷静に考えれば、それは信頼関係を破壊する行為。巡り巡っていつか仕事でも失敗するときがくるはず...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
自分に合っていない男に引っかかり、傷ついて、気を落とすのはもう散々…。ダメな恋愛にしがみついて失敗を繰り返さないために注目したいのは、「YourTango...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
「男は浮気する生き物」なんて話はよく聞きますし、実際、年齢が上になればなるほど身を持って体験している女性は多いです。ここで紹介するのは、これまで恋愛にまつ...
すこしでも恋人に対して「ん?」って思うことがあるのなら、「Elite Daily」で掲載されていたパートナーに“浮気癖”があるかもしれない注意すべき4つの...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
アメリカでは、まさに私くらいの年代(20代前半)を称して「The Age of Tinder(Tinder世代)」と呼ぶらしい。分からなくもないのは、日本...
発覚している限り、結婚3回。浮気すること数百回のギリシャ神話の最高神「ゼウス」。古代ギリシャに詳しくない人でも、その名前や存在くらいはご存知ではないでしょ...
「あなたは、パートナーを大切にしていますか?」この問いかけに、ビクッとしてしまったあなたはちょっと心配。恋人ではない相手と関係を持ってしまうことが一番わか...
やっぱりアヤシイ!って思うとことほど当たるのが女の勘。浮気の兆候だって、やっぱりベタなものほどアヤシイわけで。ということで、「Elite Daily」女性...
どうにもならないほど浮気癖のある人が、この世に存在しているのは紛れもない事実。せめて深みにはまってしまう前に、相手が浮気癖のない人かどうか、把握しておきた...