「浮気癖」のある男を見抜く4つの注意点。

少しでも恋人に対して「んっ?」って思うことがあるのなら、「Elite Daily」に掲載されたパートナーに“浮気癖”があるかもしれない注意すべき点を読めば気持ちの整理ができるかもしれない。

このリストを読み終わる時、自分の勘違いだったと安心するかもしれないし、もしかしたら疑いが確信に変わる可能性も。いずれにしても、幸せな愛を手に入れたいなら、この辺りで白黒ハッキリつけましょう。

A2bd637eb920c205ea7a61016c77df744f63efa0

パートナーを疑うということは、多くの恋人たちにとって一番と言えるほど、辛いことでしょう。個人的に私は浮気をした相手に一切容赦しません。何かのキッカケで優しいパートナーが身勝手になってしまう。そんな時は、「あの人が、一夜限りの過ちを犯してしまうかもしれない」と悩む人もいると思います。

裏切りの後に、相手にチャンスを与えるかどうかは、あなた次第。でも、原因はなんであれ、パートナーの裏切りが一回だけではないと疑う場合もあるし、浮気の常習犯である証拠を見つけてしまう場合だって。その時は、許す前に必ずじっくりと考える時間を作ってください。

恋愛専門のライターであり、アドバイザーでもあるDemetrius Figueroaによると、普段の行動や習慣から“違和感のある変化”から浮気のサインが現れることがほとんどなんだとか。

誰一人として、浮気したら言い訳するべきではありません。一度でも裏切ることがあったなら、その後に“浮気癖”となる人も多くいるからです。

そう、Figueroaは述べます。

全ての人が「一夫一婦制」に当てはまるかどうかは別にして、それに従わなければいけないという社会的プレッシャーは誰の中にもあるもの。それなのに、パートナーを裏切ることは深刻です。もし、恋人からの裏切りを感じているのなら、そのサインを見逃さないように。

注意01.
「週末の夜」に、
忙しくて会えない日が続く時

5c2a586ff101d8e6949e91bd9effed9e6e68e8e3

パートナーが普段より忙しいからと言って、それは浮気を示すサインではありません。彼らには、やましい気持ちがないため聞けば細かくを話してくれるでしょう。なので、すぐさま浮気という結論は下さないように。注意すべきなのは、「一緒に過ごす時間の減少」なのです。

Figueroaはこう言います。

誰でも仕事が忙しい時ってありますよね。でも、金曜と土曜の夜など普段ならデートしているはずの時間帯に、パートナーがいつも「仕事で忙しい」と言うのなら別です。それは注意すべきサインの可能性が高いです。

注意02.
先を考えて、
「曖昧」な喋り方をする時

Aa2003a48c29811f415d992c64c6248525f83d16

パートナーにやましいことがある場合は、聞いてみましょう。おそらく恋人は、「どこ」に行くのかや、「誰」と「何」をするのかを具体的に語ることができません。曖昧というだけでは、浮気の決定的な証拠にはならないのですが、あなたの直感を信じてください。カンが働いた時に何をするのかを必ず尋ねるのです。パートナーの反応におかしな点があるのなら、隠し事があるはず。

さらに、Figueroaはこう説明しています。

大半の人はウソが下手、もしくはウソを嫌っています。もしも、話の内容がぼやけていたら、あなたに後でウソがバレないようにするために、「意図的」に曖昧に話しているのです。

注意03.
オープンな彼が、
「パスワード」の設定をした時

40140656a68806b3c7a097862a3f3266cd2324e4

関係が順調に進むにつれて、恋人には心を開き警戒心はなくなっていくもの。だけど、最近になってパートナーとの心の距離を感じるのなら話し合う必要があります。

Figueroaはこう述べます。

それは、相手がスマホのパスワードを設定したり、誰かからのメールや電話の着信があった時に部屋を出たり、些細なことかもしれません。もちろん、これだけで疑うのではなく、最近になってプライバシーを守るようになったかどうかに注目してください。

注意04.
今さら、
「よそよそしさ」を感じた時

Ca1d042c187d050c0ae1ced26e500d8f25f4bbd2

あなたと過ごす時間やセックスに対して、パートナーの興味が薄れている思ったことはありますか?長い人生の間で、恋愛関係に浮き沈みがあるのは普通のこと。でも、相手がずっとよそよそしい態度をとっていたら注意。そして、その理由を聞いても語ろうとしないなら、間違いなく何かが起こっているでしょう。

浮気の疑いがある人にどう接したらいいか悩んでいるなら、「浮気をした人物は、証拠がなければ事実を認めない」と言うことを覚えておいてください。正面から向き合いたいのなら、いくらか調査をする必要があるかもしれません。

Figueroaはこう提案します。

相手からの正直な答えが欲しい場合のベストな方法。浮気の証拠をきっちり集めてから、彼に見せるのです。もし、証拠がないとしても、ちゃんと2人だけの時間を設けてください。そうすれば、答えを聞ける可能性が上がるからです。

浮気をしているかどうか、その理由を突き詰めるのは、とても辛い作業。でも、あなたには安心して一緒に過ごせる人と、幸せに暮らす権利があるのです。恋人に「一夫一婦制」の素質がないなら、それは仕方がないこと。

ただ、本当に理解しなければならないのは、あなた自身が簡単に許してはいけないということです。自分の気持ちを正直に明かさずに、大切であるべき人の気持ちを軽視する恋愛は決して良いものではないのだから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「男は浮気する生き物」と諦めている女性もいるかもしれません。でも「Thought Catalog」で紹介されたのは、浮気をせずに恋人との関係を長く続けてい...
恋人に浮気されて散々な思いをしたと言う、作家のAlison Segelさんが、世の女性たちに向けて"やめた方がイイこと"を説いています。曰く、強くならなき...
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
いつの時代も恋愛に積極的で、頼もしく、自分をリードしてくれるような肉食系男子を彼氏にしたい女性も多いのではないでしょうか。ですが、やっぱり注意点もあるんで...
浮気者はパートナーに対して全く悪気がないのでしょうか?擁護するつもりではないけれど、やめたいと思ってもやめられない人もなかにはいるはず。今まで「浮気する恋...
ロンドン大学の論文によると、「嘘をつくほど、罪悪感を感じない脳になっていく」ということが明らかになっています。今回の浮気よりも、次回の浮気レベルが同じ、も...
無条件に愛を信じることは、危険です。すべてがうまくいっているように感じる時に限って、最悪な出来事が起こります。そう、彼氏の浮気が発覚するのです。あなたはま...
やっぱりアヤシイ!って思うとことほど当たるのが女の勘。浮気の兆候だって、やっぱりベタなものほどアヤシイわけで。ということで、「Elite Daily」女性...
恋は、人を盲目にさせるもの。そしてそれが進むと、自分が「浮気相手」であることにさえ、気づけなくなってしまうかもしれません。あなたは、自分が彼から大切にされ...
論文では、<DRD4>を強く持つ人たちの冒険や放浪によって、世界は開拓されてきた。とあるけれど、つまり旅好きの人は、浮気をする可能性が高いと言えるのではな...
浮気をする人は、言葉巧みです。時に魅力的に見えてしまうこともあります。でも彼らの言葉は、絶対に信じてはいけないのです。「I Heart Intellige...
最近、彼氏や旦那の様子がおかしい…。そんなときの女性の勘は、たいてい当たるものです。スマホをいじっている時間が長くなった。スマホを肌身離さず持ち歩いている...
浮気をする夢や浮気をされる夢を見るのは、あまり良い気分ではありませんよね。夢占いで、その夢がなにを意味するのか、どんな前兆なのかを確かめてみませんか。自分...
「あなたは、パートナーを大切にしていますか?」この問いかけに、ビクッとしてしまったあなたはちょっと心配。恋人ではない相手と関係を持ってしまうことが一番わか...
どうにもならないほど浮気癖のある人が、この世に存在しているのは紛れもない事実。せめて深みにはまってしまう前に、相手が浮気癖のない人かどうか、把握しておきた...
男性目線で恋愛を科学するライターMoshe Ratson氏。このたびは、「浮気」をテーマに悩める女性へアドバイスを送ります。記事を読むかぎり、重要なポイン...
アメリカでは、まさに私くらいの年代(20代前半)を称して「The Age of Tinder(Tinder世代)」と呼ぶらしい。分からなくもないのは、日本...
ふたりで出かけたら?手を繋いだら?キスしたら?セックスしたら?心が動いてしまったら?越えてはいけない浮気のラインは、人によって千差万別。お互いの認識が違っ...
「男は浮気する生き物」なんて話はよく聞きますし、実際、年齢が上になればなるほど身を持って体験している女性は多いです。ここで紹介するのは、これまで恋愛にまつ...
たとえ恋人がいたとしても、いつ魅力的な異性に出会い、気を惹かれてしまうかは誰にも予測ができません。ちょっとくらい…でも、その気持ちが後悔のはじまり。1.相...