「大人な関係」と「幼稚な関係」4つの境界線

若い頃は、最初のドキドキだけでなんとなく関係を続けていたけれど、大人になるにつれ、そんな気持ちにばかりは頼っていられない…と気付く。

恋愛は、ある程度の努力をしないと、いつかは枯れてしまうもの。自分の理想ばかりを押し付けず、チームとしても協力し、成長していく。そんな「大人な関係」についてまとめている記事が「Higher Perspective」にありました。

あなたはまだ子ども? それとも大人?

01.
幼稚な関係は、ふたりを1つにしようとする
大人な関係は、チームワークを大事にする

笑い合うカップル

大人な関係は、お互いにべったり頼らず、チームワークを大切にします。反対に幼稚な関係は、相手の足りないところを「埋めていこう」と必死。対抗心を持ち、相手の弱さを見つけては、自分の強さを押し付けたり。

でも、それに時間とエネルギーを割くのはもったいないこと。大人な関係は、たとえパートナーが比較対象になったとしても、何がお互いに学べるか、と考えるでしょう。

02.
幼稚な関係は、だんだん情熱を失う
大人な関係は、情熱を創り出す

幼稚な関係は、一番最初のドキドキだけを火の元にしています。ですが大人な関係は、そのドキドキをもとに、さらに「好きになれる要素」を見いだせるよう、努力します。

お互いにメロメロになりすぎて、冷静な判断ができなくなるのも幼稚な証拠。成長することや、新たな側面を探す必要性を感じず、最初に感じたトキメキだけにすがっているので、ロマンスが長続きしないのです。

また、大人な関係は「成長」に焦点を当てます。彼らにとって、最初のトキメキはあくまでもスタート地点でしかないのです。

03.
幼稚な関係は、メッセージで喧嘩する
大人な関係は、面と向かって喧嘩する

意見の相違や誤解が生じると、ケンカになってしまうもの。

そんなとき、大人な関係は共感しやすく、真実と向き合える「面と向かっての会話」を好みます。打ち込んだ簡単なメッセージや絵文字で、真剣な思いまでは伝わらないから。

長文メールのやりとりで争いごとを解決できたことに誇りを持っているのであれば、それはまだまだ幼稚である証拠。画面越しにするケンカなんて、そもそも大した言い合いでもないはず。

04.
幼稚な関係は、期待ばかり
大人な関係は、自然に身を任せる

同棲や結婚のタイミング、どの記念日を祝うか。大人な関係は、このような「ふたりの決断」を、自然の流れに任せます。

反対に幼稚な関係の場合、「〜までにやるべきだ」などのルールに縛られてばかりで、望みに素直になることができないのです。

Licensed material used with permission by Higher Perspectives
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。それを「Elite Daily」のMaria Cascianoさんは「初めての大人の恋愛」と呼んでいます。...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
大人の関係って何だろう。愛って何だろう。考え始めた瞬間から、それは非常に難しい問題に変わります。つねに確かめ合う愛は、大人の関係とは言えません。お互いに求...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
「Elite Daily」のパートナーとの関係が終わっていることを示す4つのサインを読めば、見て見ぬフリをしてきた“恋の結末”と向き合う勇気が湧いてくるか...
大好きな恋人と良好な関係を維持する秘訣とは?この問いを20年にわたって研究しているJohn Gottman氏の主張によると、派手な愛情表現は必要ありません...
カーネーギーメロン大学の心理学者の教授、Brooke Feeney氏による研究でサポートや応援してくれるパートナーを持つ人は仕事で成功することがわかりまし...
9月25日〜10月31日、上海にておこなわれているコンピューターゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の世界大会に合わせて、「Nike」がブランド初...
彼女が綴った「恋愛で真剣な関係になろうとしない人の4つの理由」は、辛い恋愛をしている人が心の整理をするのにピッタリの内容だと思います。「何よりも大切なのは...
パートナーとの関係を深めるのが怖いという思いは、往々にして辛い過去に結びついているケースが多いという。「本気で人を好きになって傷つくのが怖い」そうして逃げ...
「一緒にいて幸せ」と感じられるパートナーって、かけがえのない存在。この幸せを維持するためには努力しなくちゃいけないけれど、色んなことに忙殺されて、わかっち...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
これができていれば、大体上手くいくそうです。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
10月8日、「Nike」が「死者の日(Dia de Muertos)」をテーマにしたコレクションを発表。日本での発売は10月27日より。一部のNike販売...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。愛はただ幸せな...
恋人との関係が「落ち着いてきた」ということと「停滞してきた」ということって、似て非なるもの。後者のほうがピンとくるあなたは、関係をよくしようとする「努力」...
「Elite Daily」のこの記事の論点は、恋人にスマホを見せ合えるか否かというもの。ライターDan Scotti氏の主張は、「恋人には隠すべきじゃない...
どんな関係でも、ずっと出会ったばかりの頃のキラメキが続くなんてことはなく、必ずいつかは色褪せてしまうもの。でもそれは、決して魅力が無くなったとか、愛が終わ...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
長続きするカップルは知っている「ルール」「NGワード」「マンネリ解消法」「友達と恋人のバランスの取り方」「良い影響」など、いまパートナーがいる人に読んで欲...