「大人な関係」と「子どもの関係」。恋愛で決定的に違う9のこと

大人の関係って何だろう。愛って何だろう。考え始めた瞬間から、それは非常に難しい問題に変わります。

つねに確かめ合う愛は、大人の関係とは言えません。お互いに求めすぎる関係も、大人とは言えないかもしれません。それでは成熟した「大人な関係」と、まだ未熟な「子どもの関係」とでは、一体なにが違うのでしょうか。

Elite Daily」のLauren Martinさんのコラムは、その違いについて教えてくれるものでした。

01.
「愛してる?」
確かめ合う愛は弱すぎる

A79275ba55e02c4e62909f5819d21bdff102ee51

子どもの関係では、常に確認したがります。

「愛してる?」「あの子、誰?」「私のこと好き?」

同意を得て安心し、愛を確認したいがために問いかけます。大人な関係では、そんな質問は不要です。なぜなら、彼らはすでに答えを知っているから。

02.
「私が1番だよね?」
独占欲が強すぎる

子どもの関係は、常に不安と隣り合わせ。

「いつもあなたと一緒にいたい」「あなたでいっぱいなの」「あなたの全てを知りたいの」

カラダの隅々まで隙間なく、相手の全てを知りつくすことで、自分の弱さにフタをします。

大人な関係は、全てを知らないことさえ認めて共にいるのです。なぜなら、全てを知ることが、共にいるための条件ではないからです。

 03.
「こっちが好きでしょ?」
自分の価値観を押し付ける

09db7b7c235d11cee53bd8327132aeba8fe0cded

子どもの関係は、時としてわがままです。

自分の好きなものは相手にも好きになってもらいたい。心のどこかでは相手を支配して、意のままにしようとしているだけなのです。

大人な関係では、お互いを認めます。相手の趣味、興味、その他すべてを自立している個人として認め、違いを楽しみます。そこから愛が始まると知っているのです。

04.
「同じ布団でずっとゴロゴロ」
ただ長い時間
一緒にいることが幸せ

一緒に迎える朝の心地良さは何物にも代えがたい瞬間。陽の光を浴びながら、あたたかい布団に一緒にくるまる相手がいる…。その温もりをひとたび感じてしまったら、一日中離れられないかもしれません。でもそれは、ただの子どもの関係です。

大人な関係は、体を共にしているだけではありません。2人だけで実現できる幸福や目標に向かって、お互いに1番の応援者でいられるのです。

05.
「メッセージの長さが大事」
形に残るもので
愛を確かめあう

A1c616a232b5cf0b86069fecf5ff49421c51d228

テキストメッセージは、離れていても通じ合えるツールです。しかし、それは送った瞬間に「過去」のものとなります。その過去について、子どもの関係だと常に言い争いになるでしょう。

「言った」「言わない」「いや、言った」…。

証拠が残っているかぎり、ケンカは続きます。また、時にはテキストメッセージの「長さ」が、愛をはかる指標になってしまうことも。

大人な関係は、形に残るメッセージをそれほど重要視しません。彼らは「過去」ではなく、常に「未来」と戦っているからなのです。

06.
「2人でひとつだよね」
一心同体になろうとする

自立した人同士が愛し合っているのではなく、2人でひとつという考え方をしていませんか?

相手と一心同体ですべてを知っておきたいし、すべてを知っておいて欲しい…。大人な関係では、お互い自分自身のことをよく知っていて、すべてに干渉しようとはしません。

 07.
「なんでその人と付き合ってたの?」
相手の過去まで求める

59afcbbb59bf2103a9541f8cdd45d17b11c811e2

子どもの関係は、過去や今まで相手がつくり上げてきた全てに嫉妬します。ついには疑心暗鬼になり、自分と比べて自信を失いかけるのです。

大人な関係は、そんなことはしません。相手をつくり上げてきた全てに感謝こそすれ、過去を恐れることもありません。それよりも、これから一緒につくる未来を見ています。

08.
「すべて計画通り」
決めたレールの上を走る

全ての出来事に、間違いや無駄なものはありません。しかし、なんでも計画的に決め込もうとする愛もあります。そして計画的にいかなかったらあたふたしてしまう…。

しかしそうではなく、不測の事態を含めた全ての出来事を受け入れ、そして楽しめることこそが大人の愛なのではないでしょうか。

09.
「受け入れられない」
過去が気になってしまう

87e8dea6a3ac73668381ee06ad97e311af7b0188

時には汚点と思えることや、忘れたい過去もあるでしょう。大人な関係は、それを受容することができます。解決策を探し、共に乗り越えて、新しい未来を一緒につくっていくのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
「一緒にいて幸せ」と感じられるパートナーって、かけがえのない存在。この幸せを維持するためには努力しなくちゃいけないけれど、色んなことに忙殺されて、わかっち...
憧れの「大人の女性」。年齢を重ねればいつか私も…なんて思っていたら大きな間違いです。いつまでたっても中身は「女の子」なんていう女性にならないために、読んで...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
どんな関係でも、ずっと出会ったばかりの頃のキラメキが続くなんてことはなく、必ずいつかは色褪せてしまうもの。でもそれは、決して魅力が無くなったとか、愛が終わ...
恋人との関係が「落ち着いてきた」ということと「停滞してきた」ということって、似て非なるもの。後者のほうがピンとくるあなたは、関係をよくしようとする「努力」...
最初はだれでも恋愛初心者。付き合い方も相手の選び方もよくわからず「感覚で付き合っていた」なんて人も多いのでは?そんな行き当たりばったりの恋愛も、大人になっ...
ついつい、うっかり、本気で好きになってしまった。
「愛が薄れてしまったから」、「より理想と思えるパートナーに出会ってしまったから」。一度はうまくいっていた恋愛が幕を閉じる理由はいろいろあるでしょう。ところ...
今の恋人と、9年間もの時間を共にしているMaryさん。彼女のイラストには、2人のささやかで幸せな日常が描かれている。長く一緒にいるからこその景色、ほんわか...
燃えるような日々も、いつかはロウソクの灯火に。恋愛感情が冷めていく過程とは、往々にしてそんなもの。相手と会話をしているときにスマホの画面を眺めていたり、恋...
カーネーギーメロン大学の心理学者の教授、Brooke Feeney氏による研究でサポートや応援してくれるパートナーを持つ人は仕事で成功することがわかりまし...
長い間会えない状況が続く遠距離恋愛。デートにも行けない中で恋愛関係を続けていくにはどうしたら良いのか、お悩みの方もいるのでは。多くの人が悩むポイントは、「...
カップルの関係は、ときに愛らしく、ときに奇妙です。そんな恋人同士の日常を描く漫画家、Catanaさんの作品をいくつか紹介しましょう。きっと「こういうの、あ...