イイ男だって、裏の顔は「オオカミ」なのだ。

女性のみなさんは「イイ男」と聞くと、どんな人たちを思い浮かべるだろう。きっと、優しくて裏表がなくて…という要素は入るだろう。もちろんそれは正しいだろうが、「The School of Life」の動画を見ればその考え方が少し変わるかもしれない。

本当のナイスガイとはどんな人物かを暴いているから。

どれほど自分を抑えているかが
「ナイス」な要素に影響

C1cdaeb2f985f72c538cfd7f41f0bcecd2647f37

彼らはすべてを口に出すべきではないことを知っている。だからこそ良い人に見えるのだ。

Cef35989021ffc03e9c653edce394dd9bcada928

本当は考えていることがたくさんあるけれど、言ってしまいたい自分を制御しているだけ。

2e9ca28a3290b8353fd1db91877480640144f8a9

正直でいるくらいなら優しくいようとする。

88506931bda82dab92491628f82cf5ba51e72415

嫌な奴にならないよう自分自身をコントロールしている人だ。

938c7d151a62b5f0b0bd06d96abc1a1f93e18fd6

学生時代に十分やんちゃしてきて、同じことは繰り返したくないと思っているのだ。

「イイ人」だって
セックスもエロも大好き

02124febb993d3e50c35644b9b499ca31597ce8f

しかし彼も他の男性のように女性が好きなことに変わりない。母親や妹、恋人は当然だが、女友達にも優しくする。

1852de19a95859a531b87a85d55e704bd915075d

さらに言うと、あなたとレストランで食事をしながらシリアスな話をしている時でさえ、彼の思考の半分くらいはウェイトレスや他のお客さんのことを考えている。

549207b6477cd96cecc033e9965ca040b8d99395

女性がアダルトサイトは不愉快で恥ずかしいものだと訴えるとする。彼は「そうだね」と心から賛同してくれるだろう。が…

631737ab18db08e6856a83f85800732e5344b0c7

あなたがいない時に、後ろめたさを感じながらアダルトサイトを楽しんでいるのです。

E55d2ceeba58044a30441b8f34e9cc51f8137d92

イイ男はフェミニスト的な考えにも平等で思いやりをもって対応してくれる。けれどエッチな妄想をしている時は強引で荒い男になっているのだ。

Ecf3cb9771587321f91b9d927e29db6536bb9fd2

そしてオーガズムに達した直後、我に返る。自分の表と裏を比べた時の違いは、彼自身も理解できないものだろう。

コントロールできるからこそ
あなたに合わせる

F1aae7d7d11e47b3098c2caf0f56417a81f72676

イイ男はあなたの不満のサインを逃さず合わせてくれようとする。

4d87598d2ba37e72203ac095f34bd25bac960e82

もしかして今、「イイ男と思っていたあの人はただの見せかけだったのね」なんて思っていないだろうか。そんなことはない。彼は本当にイイ人なはずだ。ただこれまであなたが思っていた「イイ人」の定義が違っただけ。

99daf02315b78403402977c794bb50938a34ad01

彼らはたとえ良からぬことを考えていても表に出していないだけなのである。秘密主義者で自分を抑制するのがうまいのだ。

Licensed material used with permission by The School of Life
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
彼氏のいない期間が長いと、男性のちょっとした優しさに心揺らいでしまう女性もいるでしょう。でも中には、見せかけのやさしさを悪用する男もいて、長い目で見ると痛...
ライターRania Naim氏が「Thought Catalog」にまとめた“deep woman”の恋愛事情。この表現、日本語に訳すと“思慮深い女性”と...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
アメリカ国防総省からは約11億円の投資を受けているそうですよ。
Lisette Pylantさんは26歳の誕生日に友達の紹介で、ある男性(Justin)とバーに行くことに。友人が働いているバーでお酒を飲んでいたのですが...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
米ウェブメディア「Elite Daily」で人気の恋愛ライター、Paul Hudson氏。数ある彼の記事のなかでもとくに人気を集めたのが「大人の男性」と「...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
「失恋した友達に贈りたい」絵本を紹介します。
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
楽しいはずのデート。でも、まれにその相手が“イタい人”だと気づく瞬間ってありますよね。場合によっては、彼の行動や発言が不快でつい怒ってしまうことも。「Mi...
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと...
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
「ブロンド美女と付き合ってみたい」と思う男性たちには、『外人女性交際マニュアル』(トランス・ワールド・ジャパン)がオススメ。外人女性といかに付き合うのかと...
気になる彼との初デートほど、ドキドキで不安なものはありませんよね。そして女性なら誰もが、そこで彼の人間性を見極めたいと思うもの。「Elite Daily」...