女性が結局「いい人」より「悪い男」に惹かれてしまう5つの理由

結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世にいい男なんていないのかも…と落胆しないでください。もしかして「いない」のではなく「見えていない」だけなのでは?

Elite Daily」ライターGigi Engleさんの記事によると、どうやら女性は無意識のうちにダメな男性を選んでしまう傾向にあるそうです。

E0f08b8d3f2bc9c74ee56ee0273f5e4fcd2bbd6a

大抵の女性は、男性を選ぶとき、繊細で落ち着いていて、自分を大事にしてくれる人がいいって言うの。でも、いざとなると女性は感染症にでもかかったかのように一貫して“悪い男”を追い求めてしまう。

女性が付き合いたい男性の優先順位こそ、究極の矛盾。

つねに優しく、思いやりがあって、良きパートナーになってくれる人を探し求めているのに、いざ惹かれてしまうのは決まって情熱に火をつけるような男性。だってただの「いい人」ってつまらないでしょ?

でも結局のところ、生物学的にも仕方がないみたい。私たちは文字通り、ダメな男に惹かれてしまうみたい。

01.
「いい男」の基準が
矛盾している

02a4f987bfbe778350feb7e87423fad3dc31122c

Sex  Roles, A Journal of Research」では、いい人の矛盾について、明らかにされているわ。

甘く優しい、繊細なステレオタイプの男性が理想とか言う女性たちもいるけど、実際にそういう人を見つけたとしても、体を鍛えているような個性の強い男性に惹かれてしまうの。

真剣な交際をするなら真面目でいい人が魅力的だけど、もっとカジュアルなセックスの関係だったら、カラダが魅力的な男性のほうがどうしても勝ってしまう。

さらに「Journal of SEX and Mariral Therapy」では、およそ半分以上の女子学生がステレオタイプの「いい人」は経験人数が少ない、と思っているみたい。でも、ちゃんとしたデートをするのなら「悪い男」よりも「いい人」を好むの。

私なりに仮説を立てると、セックスにそこまで貪欲じゃない女性は経験人数も少ないから、相手の経験人数が少なくてOK。それで「いい人」を選んでお付き合いをする。一方でセックスに情熱的な女性は「悪い男」と遊びがちだけど、いざデートや真剣なお付き合いってなると「いい人」を選ぶのね。

02.
恋愛の経験値は
あまり関係ない

イギリスの「Hartpury College」の研究者たちが、18〜24歳の146人の女性を対象に行った研究によれば、経験豊富な女性さえも「悪い男」と恋に落ちてしまう傾向があるみたいなの。

こういう男性は、決していいパートナーになりえないわ。にも関わらず、経験豊富な女性でさえも、このことには気づけないの。最終的には自分のことが大好きなナルシストな男性と結婚、なんてことだってある。

運命のいたずらで、どうしようもない男と家族に…。女性は、どれだけ心が傷ついてもダメな男を追い続けてしまうのかな。でもこれは、自分ではどうにもならないこと。そういう男性と一緒にいるほうが「生きてる!」って実感するなんて、本当に不思議よね…。

03.
リスクが好き

Ddebc400bad34c22b13bcd4b267a343ca4b6c993

なぜ、どうしようもない男性を選んでしまうのか…。それはやっぱりスリルがあるから。もちろん、間違ってるってことは理解してるわ。そんな男性と付き合ったところで、何も思い通りにはならないってことも。

それでも丘を登っていくより、ジェット・コースターに飛び乗りたい。まったく女って生き物は…。

04.
「いい人」は退屈

どんな女性も、自分の意見を主張できない男性となんて一緒にはなりたくないはず。それでも刺激を求めて、パワフルでアグレッシブな男性を欲してしまうの。自立した女性は認めたくないかもしれないけど、これは事実。

穏やかな海や、澄んだ空みたいな男性は求めてないの。

女性は意外と「努力する恋愛」も好きだったりする。悪い男に合わせるためにね。「いい人」は、もしも採点表をつけたら満点に近いかもしれない。でも実際に一緒に生活をしていくには、ちょっと退屈なのよね。

05.
「悪い男」を更生させる
過程が好き

86a2f55f484a442e8d23f8299a43f8aa79e79be7

女性は、男性を正すことが好き。「いい人」は激しい性格でも難しい性格でもないので、直す必要がないの。

過去を振り返ってみて。「ダメな男」に出会うと、自然と彼を手なずけたいっていう気持ちに駆られない?彼の見栄っ張りなところにはイラッとするけど、同時に魅力的でもあるの。

そんな彼をマジメな性格に変えることができたら、さぞかし達成感を感じるんじゃないかな?結局、性の欲求には勝つことができないのかも。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
「mindbodygreen」が選ぶ、“愛の伝道師100人”に選出された結婚セラピストShelly Bullard氏。恋愛の切り口も独特。例えばこの表現、...
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」で最高の音とお酒と空間を楽しむ「大人」のリアルな姿をスナップ。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
彼氏のいない期間が長いと、男性のちょっとした優しさに心揺らいでしまう女性もいるでしょう。でも中には、見せかけのやさしさを悪用する男もいて、長い目で見ると痛...
一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと...
とても仲良しでいい雰囲気だったのに、いざ付き合うことはなかった…という時、男性はどんなことを考えているのでしょうか。気になる女性と付き合わずに「キープした...
関係を続けるかどうかは、その晩のセックスが十分な判断材料になるという記事を、「Elite Daily」で見つけた。抱かれてしまったものは、もう仕方がない。...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
普通に恋したいし、駆け引きなんて私には無理。なれないってわかってるのに、なぜこんなにも恋の駆け引きが上手な女性に惹かれてしまうのかな。もしかしたら、Cri...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
「一見良いようで実は害がある関係」や「ダメ男」と付き合ってしまっていない?特に、その特徴は些細な行動として表れるもの。でも、この5つの特徴を頭に入れておけ...
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...
素敵な恋愛がしたい!とは多くの女性が願うことですが、実際それを叶えるのは難しい……。ここでは「Thought Catalog」に掲載された、付き合うべきで...
ディープな英語を学べる「麻薬の隠語リスト」。アメリカの麻薬取締局「DEA」が毎年アップデートしています。
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
今回語ってくれるのは、Elite Dailyの敏腕コラムニスト、Alexa Mellardoさん。恋愛についてのズバズバ主張が、女性たちの共感を集めている...
『ちゃんとした男』の定義が難しいところではあるのですが、男性の見極め方が知りたいということで、いくつか該当しそうな記事をピックアップしてみました。もし、自...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
都合のいいときだけ連絡がくる、ウソをつく…。この人、大丈夫かな?と思いつつ気持ちをごまかしていたかもしれませんが、その男性「恋人として最低」の可能性もあり...