優しい男はダメ!?女性が「アブない男性」に惹かれる5つの理由

多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。

この記事は女性ライターGigi Engle氏が「Elite Dailyで説明したもの。曰く「女性が望む理想の男性像は逆説的なもの」。

なんとも複雑な女性の心理をわかりやすく記しています。「確かに!」と思わずテンションが上がるポイントもあるのでは?

shutterstock_221645620_R

「心が穏やかで、一緒にいて安心できる男性が好み」。多くの女性は、自分の理想の男性像をこう表現する。でも、実際は自分に自信があって、ちょっぴり危険な男を追い求める傾向も。

そう、女性が本当に求めているのは、実はまったく逆の男性。

女性は常に優しくて、思いやりのある男性を探し求める。一方、実際は自分の情熱に火をつけるような男性に惹かれるもの。「優しい」だけでは退屈だから。

自分を口説いてくるナンパ男を自宅に連れ込んだ時、なぜだかすごく満たされた気持ちになる。そんな男は本当なら痛い目に合うべきなのに。でも、すごくセクシーだと感じない?

shutterstock_188012843_R

01.
本当は女性だって
「性」に積極的だから

shutterstock_115994308 (1)_R

「Sex Roles; A journal of Research」という雑誌に「ナイスガイ・パラドックス」と呼ばれる現象の特集がある。これを説明すると、「優しい人と付き合いたい」と言っている女性は、結局こうした男性を拒んでいるというもの。しかも、追いかけているのは正反対。筋肉がムキムキで、自分たちをベッドで押し倒してくれるような積極的な男性だ。なぜなら、女性は本来、「性」に積極的な生きものだから。

この研究が明らかにしたのは、女性は長く真剣に付き合っていきたい場合には「優しい人」を求め、性的な関係を持ちたい場合には「見た目が魅力的な男性」を求めるということ。

02.
痛い目に遭うことすら
ある種の快感に!?

18~24歳のイギリス人女性146人を対象にした英・ハートプリー大学の研究。これによると、それなりの恋愛経験を持つとされる彼女たちでさえ、自分に自信があり危険なニオイのする男性に恋をするらしい。しかも、最終的にはそうした男性と結婚してしまうことも。そうしてまた、その男性に似た男の子を産むというサイクルを繰り返すとも。

女性は、何回痛い目に遭わされようと、どうしようもない男性を追いかけたくなるのだ。それは、抑えたくても抑えられない欲求。生きている実感を味わいたいがため、傲慢な男を欲する。

03.
安全な男に逃げるより
危険な男に飛び込みたい!

shutterstock_121996504_R

女性が味わいたいのはスリルだ。だからこそ、自信に溢れた、危険なニオイがする男を選ぶ。本当は彼らが自分に相応しくないと分かっていて、自分を大事にしてくれないことも分かっている。それでも、女性は安全な場所に逃げ込むより、危険な場所に飛び込んでいきたいもの。

04.
優しい=つまらない
もっとワクワクしたい!

「自分の意見がない男性」や「落ち着きがあって裏がない男性」。こうした男性と一緒になりたいと思う女性はいない。女性は一緒にいてワクワクするような、積極的で強い男性を求める。

「優しい男性」という響きは、一見すると素晴らしいように思える。でも、実際は味気ない人ということ。

05.
落ち着いた男性には
「調教」するおもしろさがない

shutterstock_197641076_R

女性は男性を「調教」するのが好き。それなのに、優しい男性にはまったくその必要がない。彼らはすでに落ち着いており、積極的でもなければ危険なニオイもない。

女性はよく、「メンドくさい男性は彼氏にしたくない」と言っているが、実際はそんな男とばかり付き合っている。なぜなら、彼を調教したいというもどかしさに駆られるからだ。

確かに、女性は彼らに対して腹を立てることも多い。しかし、同時に「中毒性」も感じている。もし彼を落ち着いた男性に変えることができれば、とてつもない達成感を感じることができるから。

Licensed material used with permission by Elite Daily

結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
「良い人であること」なんて、最低条件にすぎない。決定要因となるのは、その他にどんな魅力があるか。魅力的かつ、優しい男性を見つける選択をできるってことを忘れ...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
代官山の隠れた人気スポット天然氷で作る、本格的なかき氷URARA〒150-0033 東京都渋谷区 猿楽町20-10http://www.hrm.co.jp...
彼氏のいない期間が長いと、男性のちょっとした優しさに心揺らいでしまう女性もいるでしょう。でも中には、見せかけのやさしさを悪用する男もいて、長い目で見ると痛...
素敵な恋愛がしたい!とは多くの女性が願うことですが、実際それを叶えるのは難しい……。ここでは「Thought Catalog」に掲載された、付き合うべきで...
駆け引きだったり、自信なかったりで、好きな人に告白できない女性に向けて、「YourTango」の恋愛コーチライターが伝授する、男性を振り向かせる告白。
「何が不満なのか分からない」、「どこまで指導していいのか迷ってしまう」……。企業における女性社員の現場で、女性部下の「取り扱い」について頭を抱えている男性...
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
恋愛において、男性は比較的脈あり女性に対して、素直に感情が表に出るタイプが多いです。デートに誘う約束をする、電話をかけるなどのアクションに出たり、別れ際を...
ショーウィンドウに映る自分を見て、髪を整える男性。見た目ばかり気にしていても、意外と女性はそこまで見た目にこだわっていないかも。「Elite Daily」...
関係を続けるかどうかは、その晩のセックスが十分な判断材料になるという記事を、「Elite Daily」で見つけた。抱かれてしまったものは、もう仕方がない。...
男性にとって理想的である、たくましく、柔軟な肉体が手に入るヨガ。以下、7つのメリットを順に紹介していきましょう。しかしながら、男性ならば、やはり、気になる...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...
女性が男性に色気を感じる瞬間は、必ずしも“夜の営み”の最中というわけではない。そんな記事を書いているのは、「Elite Daily」のライターAlexa ...
ヒモ男が持つ特徴に母性本能がくすぐられて、いつのまにか貢いでしまう女性も。好きな男性に尽くすことで、男性が女性を幸せにすることは何の問題もありません。が、...
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと...
自らの恋愛失敗談をもとに「見せかけだけのいい男にご用心」と、警鐘を鳴らすSandy Raitman氏。いい男でも、中身がどうしようもないタイプに共通するN...
『ちゃんとした男』の定義が難しいところではあるのですが、男性の見極め方が知りたいということで、いくつか該当しそうな記事をピックアップしてみました。もし、自...
5人の女性が登場し、見知らぬ誰かがうけた性暴力の体験談を語る動画。目的は、誰かの辛い過去について触れるだけではなく、被害者は男性の場合もあり、身近に存在す...