「男友達が多い女性」心の叫び

一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと感じてしまうのも無理はありません。でも、男友達が多いと意味もなく偏見を持たれてしまったり。

Elite Daily」のJasmine Vaughn-Hallさんの記事は、そんな女性の気持ちを代弁しています。

01.
男友達が多いからって
「気」が多いわけじゃない

Fce3152d7a5e5d73d12b93c2807af5a01e71b713

恋愛感情抜きで異性と親密になることはできない、なんて悲しいことは言わないで。男女関係なく、友情を育むことはできるはずです。もちろん時には、いつの間にか恋愛に…なんてこともあるかもしれないけれど、男友だちが多い女の子にとって、これはむしろレアなパターン。

02.
女友達ももちろん欲しい

男友だちが多いからって、女友だちを欲してないわけではありません。むしろ、女友だちは最高だって思ってます。たしかに男友だちの方がドロドロした関係にはなりにくいけれど、やっぱり誠実な女友だちは必要です。

03.
男友達といたって
女らしさは保ちたい

Deae850eb7c3b4d5e8103cbd25f7f81524bf6def

男友だちが多い女性は、何かと男扱いされがち。そんな人、今まさしく思い浮かんでいるのでは?でも男友達がたくさんいたって、やっぱり女らしさは持ったままでいたいんです。

04.
最高のキューピッドになれる

自身の外交的なキャラをフル活用して、キューピッド役を担ってくれる彼女。女性は往々にして勘が鋭いから、アプローチ法がいまいちな時は、的を得たアドバイスで助け舟を出してくれるはず。

05.
芯がしっかりしている

1674acc89092d69a22f0e762c49e70132a1e1295

だから周りが男ばっかりでも、自分らしくいられるんです。無理に合わせたりもしないし、いつだって楽チンな服装で登場。スウェットでソファに横たわって、みんなで一緒にお笑い番組を鑑賞する週末の夜なんて、最高じゃないですか?

06.
裏表ない
正直な意見を言える

思ったことをそのまま口にする男友だちに囲まれている影響か、いつでもどストレートな意見を言ってくれます。

07.
魔性の女ではない

D3b9c8150c789f909636d7f43defc61e0d52a464

男友だちに囲まれているから「男性の扱い方を分かりきっている」なんて思われがちだけど、恋愛対象ではなく、あくまでも友だちとして接しているだけだから、案外扱い方までは分かっていないもの。何も目立ちたいから男友だちとつるんでいるわけじゃなくて、友だちがたまたま異性ってだけの話なのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
「女心と秋の空」ということわざもあるほど、移り変わりの早い女性の心を理解することは、男性にとって難解なもの。 でも、男友達の多い女性なら、良い付き合いがで...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
ちょっとした気遣いができるかどうかで、モテるかモテないかが決まると言います。ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターErika Hube...
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
結婚を意識するようになると「素敵な男性と出会いたい!」そう意気込む女性も多いと思いますが、結局付き合うのはダメ男ばかり…。そんなとき、もしかしたら、この世...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
「女友達なんかより、男友達のほうが全然ラク!」。そう語るのは、「Elite Daily」のライターAlexa Mellardoさん。「男女の関係」なんて面...
オランダのロッテルダムに世界初の水上牧場Floating Farm Rotterdamが登場予定。まだ建設中ですが、これ、完成したら凄いことになりそう……!
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
最愛の彼女に振られた男性も、魅力的な男になるための努力をすれば復縁できる可能性も。彼女にもう一度恋をしてもらえるような、そんな男になるために以下の5つのア...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
何かと厄介なオンナ対オンナ。対立的だったり、繊細だったり、気分の浮き沈みが激しかったり…。もちろん一緒にいて楽しいこともたくさんありますが、女子が群れてひ...
ひと頃の不倫ブームを経て、不倫や二股、浮気なんていうワードが随分とカジュアルに語られるようになった昨今。浮気実体験者から見出した、浮気男の特徴をこっそり伝授。
いつの時代も恋愛に積極的で、頼もしく、自分をリードしてくれるような肉食系男子を彼氏にしたい女性も多いのではないでしょうか。ですが、やっぱり注意点もあるんで...
彼氏のいない期間が長いと、男性のちょっとした優しさに心揺らいでしまう女性もいるでしょう。でも中には、見せかけのやさしさを悪用する男もいて、長い目で見ると痛...
Lisette Pylantさんは26歳の誕生日に友達の紹介で、ある男性(Justin)とバーに行くことに。友人が働いているバーでお酒を飲んでいたのですが...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...