男はアレで動き、女はアレに左右される説

ビジネスもプライベートも、わたしたち女性を悩ませるのはいつも『男性』。「どうして、わかってくれないの?」って心の中で叫んでいるのは私だけでしょうか(笑)?

でも、それは男性も同じかもしれません。女性に悩まされ、やっぱり「どうして、わかってくれないの?」と思っているのかも。

私はよくやってしまうんです。「たぶん、こう言ってほしいんだろうな」ということをあえて言葉にせず、意地悪したり……。とくに付き合っているパートナーに対してやってしまいがち。これだと本当に愛想をつかされてしまい、別れの原因になってしまいます。

わかりあいたいのに、どうしてもわかりあえない。異性って難しいですよね。そんな悩めるみなさんに、男と女のコミュニケーション術の違いをお教えしましょう。

ビジネス編

男は褒めてほしい

女はわかってほしい

男性は、基本的に褒めてほしい生き物なんですって。だから、ビジネスの場で男性の話を聞く場合に有効なのは、こんな相づち。

「さすが!」
「最高!」
「すごい!」
「素敵!」
「尊敬します!」

だったこれだけでいいのです。上司に対してもこの魔法の言葉が通じるので、とにかく試してみてください。

プライベート編

男は女を比べて反感をかう

女は男を試して反感をかう

私は恋愛の場でよくやってしまいます。「別れたい」って一方的に伝えること。でもそれは本心ではなくて、

女「別れたい」
男「そんなこと言うなよ」

という会話の流れにしたいだけ。男を試しているんです。しかし、その思惑は外れ、

女「別れたい」
男「そうか……わかった」

となってしまいます。男性がその言葉通りに、「別れたい」と受け止めてしまうからです。


ちょっと考えてみただけでも、これだけの差がある男と女。では、うまくいかせるにはどうしたらいいのでしょうか?

これは理屈で動く男性と感情で動く女性のコミュニケーションの違いを受け止めて、学ぶしかありません。実践あるのみ。

そうしないと、きっとおばあさんになっても男について悩んでいるかも……(笑)。

 

《男女関係に悩まされたくない人はこの本をチェック》

Licensed material used with permission by かんき出版
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
「何が不満なのか分からない」、「どこまで指導していいのか迷ってしまう」……。企業における女性社員の現場で、女性部下の「取り扱い」について頭を抱えている男性...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
・男性の前だけ「頼りない女」を演じる・陰口や噂話など、他人を貶める話が好き・裏表があるこれらはいわゆる「これだから女は…」と言われるような、女性のネガティ...
駆け引きだったり、自信なかったりで、好きな人に告白できない女性に向けて、「YourTango」の恋愛コーチライターが伝授する、男性を振り向かせる告白。
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
「わかっているつもりだったのに、まったく相手のことを理解できていなかった…」なんて経験、ありませんか?恋愛で失敗する原因は、あなたが異性のことを知らなすぎ...
みなさんは「いい女」と言われると、どのようなイメージが浮かびますか?中には、「いい女=美人」だと思った方もいるかもしれません。しかし、必ずしも「美人=いい...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
映画やテレビドラマではかなり誇張されていますが、現実社会にも「魔性の女」はいます。それは決して、見た目だけではわかりません。ちょっとした言動から、男性を虜...
ライターRania Naim氏が「Thought Catalog」にまとめた“deep woman”の恋愛事情。この表現、日本語に訳すと“思慮深い女性”と...
どうしてかな。女が追いかける恋愛って、だいたいうまくいきませんね。
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
当たり前なんだけれど、意外とできていないこと。
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
彼女が綴った「恋愛で真剣な関係になろうとしない人の4つの理由」は、辛い恋愛をしている人が心の整理をするのにピッタリの内容だと思います。「何よりも大切なのは...
彼氏のいない期間が長いと、男性のちょっとした優しさに心揺らいでしまう女性もいるでしょう。でも中には、見せかけのやさしさを悪用する男もいて、長い目で見ると痛...