スタンフォード流の「職場関係改善法」で、ウザい上司とさようなら!

やり甲斐や達成感。仕事においてこの点を重要視する人も多いですが、一方で職場関係に苦手な人がいるとなかなか対応に困るもの。

ついには「べつの仕事を当たったほうがいいんじゃないか…」って考え出したり。そう思っているときに「待った!」と一声かけるのは、「Inc.」のMarcel Schwantesさん。ここまでやってきたのに、辞めてしまうのは勿体無い。

まだ打つ手はあるはず。スタンフォード大学院経営学部Robert Sutton教授の言葉を借りて、こんなふうに提案しています。

01.
社内異動を申請してみる

5907847573405696

Suttonはこう言います。

「転職よりも、まずは社内異動を考慮するほうがスマート。同じ会社なら、ある程度『物事の進め方』が読めるからです」

彼は例としてSalesforce.comを挙げています。この会社は、数ヶ月に一度社員たち(ほとんどがエンジニア)を「椅子取りゲーム」のようなものに参加させるそう。

ほかのチームがどのような業務を担っているかを知る機会として、社員たちを自分の会社がブースを出している就職フェアに参加させるのです。その意図は、転職を考える前に社内異動の可能性を見い出せるようにするためなのだとか。

02.
苦手な人とは
つねに30mの距離を保つ

どうしても苦手な同僚がいるけど、転職も部署異動もいまは現実的な選択肢ではない場合。できるだけ彼らとの接触を避けられるよう試行錯誤をしましょう。

Sutton氏によると、人は誰かと30mの距離をおいてしまえば、「まるで異国にいるほど遠い存在」と感じられるそう。それが7mまで縮むと相手の影響力が強まるため、イライラが着火されてしまうかも。

03.
イヤな態度を、
まともに受け取るのはやめる

6483737994854400

では、イヤな人と一緒に働かないといけない場合はどうするか。自分の精神状態を正常なものに保ち、ダメージを極力減らすためには、彼らを客観的に観察するといいでしょう。たとえ状況をコントロールすることはできなくても、受けるダメージは減ります。

Sutton氏はとある手法を愛用しているそう。

「スタンフォードにいる僕のお気に入りの人は、イヤな態度をまるで病気かのように扱い「イヤなやつの生態」を分析します。会議などで彼らに出くわすと、稀な生き物を見ることができてむしろラッキー、なんて思ったり。病気を解明するアプローチ法をとると、その状況から自分を切り離すことができるので効果的です」

04.
採用方法の改善を求める

有毒な人材を採用してしまうリスクを減らすには、下記Sutton氏のアドバイスを心に留めておきましょう。

・業務に関連するテストを受けてもらう。

・プロジェクトに参加してもらい、周りとどう交流しながらタスクをこなしていくかを観察する。実際に作業に取り組んでもらい、彼らの本性を探る。

・面接時に、上司や同僚などに見られがちな「望ましくない特徴」の有無を細かく観察する。話を聞かない・失礼な行動に出る・口を挟む。これらは危険信号です。

あなたが採用候補の場合。志望する会社の社員と、たくさんコミュニケーションをとりましょう。

直属の上司になるであろう人物と頻繁にコミュニケーションをとっている社員や、今後チームメンバーになるであろう社員と話せると尚良いでしょう。

05.
厄介なクライアントには
彼らの態度相応の額を請求する

6343114054696960

厄介なクライアントに悩まされているのなら、上司にクライアントと掛け合ってもらうよう頼むのもありだとSutton氏。「敬意を持って接してもらいたい意思を、冷静に伝えるために効果的」なのだそう。

もしその話し合いすらも上手くいかず、ほかに打つ手もなく、そのクライアントがどうしても必要な場合はどうしたらいいのか。

多くのプロフェッショナルサービス企業は、厄介なクライアントに対する請求額をあげているそう。同等の立場であるためには、この手法が適切とみなされているのだとか。接し方がひどければひどいほどそれ相応の額を請求し、たとえ彼らがトラブルに直面したとしても、最高のサービスは提供しないと決めるのです。

06.
自ら戦う

最終手段は問題を公にすること。ですが、しっかりと計画を練った上で問題点を主張するようにしましょう。Sutton氏からのアドバイスはこれ。

「権力構想やダイナミクスを知ること、それから職場いじめの証拠を抑えておき、味方をつけることが勝利の確率を上げます」

最後の点として、Sutton氏は頭脳派でお金持ち、そしてプライドが高い人ほど厄介だと語ります。

Licensed material used with permission by Inc.
とかく人間関係とは、ストレスを抱える要因になるものです。学校でも、会社でも。風通しさえよくなれば、ストレスを抱えることなく他人と付き合えるようになると説く...
上司からの侮辱、同僚からのプレッシャー。これらが過度になると「有害な職場環境」が生まれます。ライターMarcel Shwantesの記事を読むと、どれだけ...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
ほとんどの上司が、部下をどのように管理すべきかということにばかり気を取られています。しかし部下にとっては、上司から何を学べるかの方が大切。あなたは、部下が...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
毎日いかなければいけない職場。職場環境が悪くて、転職という二文字が頭のなかをよぎっても、簡単に仕事を変える決断はできないものです。 『Inc.』のMarc...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
もしも、今の上司に不満があるのなら、それはチャンスなのかもしれません。相手がどんなにやり手のビジネスマンだったとしても、何もかもが完璧な人間なんて、見たこ...
不器用な人ほど素直な気持ちで「Inc.」のMarcel Schwantesが説く、周りから信頼を勝ち取るヒントに目を向けてみてはいかがでしょう。口にするだ...
あなたは、部下とうまくコミュニケーションできている自信がありますか?知らぬ間に相手を怒らせたり、イヤな気持ちにさせていませんか?会話の専門家である櫻井弘さ...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
これはビジネスに関するコンテンツを多く紹介している「Entrepreneur」にて、起業家のPeter Daisyme氏が記した記事。上司という立場にいる...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
誰でも「デキる上司」に、1度は憧れるもの。「自分もいつかああなりたい」と尊敬できるし、多くのことを吸収して自分の成長にも繋げられるから。ただ、社会人になっ...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、女性の先輩との人間関係の築き方。先輩を観察しながら試行錯誤を繰り返して発見した3つのポイ...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
多忙を極め、タスクに集中することや外部の人との付き合いが多いと、部下との関係構築はなかなか難しいかもしれない。そこで、マネージメント経験があるPeter ...