不満と迷いが消える。ポジティブな人間関係をつくるための「6つの考え方」

ジョン・キム
作家
韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。最新刊は『ジョンとばななの幸せって何ですか』。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。元音楽プロデューサー四角大輔氏とのコラボサロン『Life is Art』主宰。「女性自身」に連載を持ちながら、女性のひとり起業を応援するV2F Academyを今年3月よりオープン予定。

多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩みの種になりがちです。どうしたら穏やかで気持ちの良い関係性を築いていけるのでしょうか。自著『真夜中の幸福論』より、僕なりの解決法を6つ紹介しましょう。

01.
相手の合理性を理解する

shutterstock_141295075_2

会社で上司との関係に悩んでいる人がよく言うのが「上司が不条理で理不尽なことばかり言ってくる」ということです。こういうときに大切なのは、「人間の合理性というものは、人の数だけある」ということを理解しておくことです。

しかも、それは同じ人間の中においても普遍ではなくて、昨日の「わたし」の合理性と、今日の「わたし」の合理性が違っていたりするのです。

自分の判断基準に合わないと思考を停止してしまうのではなく、「なぜあの上司は自分にこういうことを言ってくるのだろうか」と、少し冷静に相手の立場を考えてみる。すると、相手の行動の背後にある動機がわかってきます。

02.
周りの変化を受け入れ、
不安にとらわれない

shutterstock_181457828_2

くれぐれも忘れてはいけないのが「人はみな、気まぐれだ」ということです。自分を振り返ってみればわかるでしょう。自分も相手も世の中も何もかもが変化していきます。

その流れは誰にも止めることはできません。それを受け入れていく気持ちを持つと、周囲や自分の感情に振り回されることがなくなります。

とはいえ、理想を語るのは簡単ですが、実際はかなり難しい。僕自身、なかなかこの境地に至れません。しかし、日々の省察を通じて、それに近づいている感覚はあります。おそらく、それは死ぬその最後の瞬間まで意識的に続けていくべきなのでしょう。

03.
「10」差し出したから、
「5」返ってくると思わない

人間関係をつくるときに大事なのは、「この人は自分に何を与えてくれるんだろう?」という期待を一切しないことです。何かしてあげたときに「ぼくは相手に10を差し出したんだから、5でも10でもお返しをもらわなければいけない」という考えがあると、ある瞬間から自分の中に妬みや怒りが生まれてきて、自分を苦しめます。

その代わり、相手に10あげることができたことそのものに「僕はあなたのために力を使うことができて、こんなにも嬉しい気持ちになった」という形で気持ちを完結させておくのです。そうすれば、相手が1や2くらいを返してくれたときに、それだけで、ものすごく嬉しくなることができます。

04.
相手との関係は
「一対一」で考える

shutterstock_257377294_2

僕たちは普段、知らず知らずのうちに、人を年代や年齢、職業などでカテゴライズし、偏見の中で判断しがちです。けれども、職業や年齢で分類できるほど、人間の内面はシンプルではありません。そもそも人間は内側に、文類し得ない深遠なるカオスをかかえているのです。

ある人間と人間が出会ったら、その組み合わせは長い歴史の中で、そしてこの世界で唯一無二のもの。その希少性を考えれば、カテゴライズしたうえで人間関係を築くというのが、いかに貧しいことがおわかりでしょう。誰かと会ったときは、周りの評判とは関係なく、自分の眼でその人を見つめるのが大切です。

05.
自分を「水」のような
存在だと考える

提案したいのは、自分というものを「水」のようなものだととらえてみることです。自分を「私はネガティブな性格だ」などと、固定されているものとしてとらえている人が多いと思うからです。

しかし、人間というものは内面的には「一瞬で変わる」と僕は思っています。なぜなら、現在の自分は過去における無数の「選択」の結果でつくられているから。その選択の背後にある「判断基準」を変えれば、それまでとは全く異なる選択をするようになり、それによってつくられる未来の自分は変わるはずです。

06.
ポジティブなオーラを発する

shutterstock_348326522_2

うまくいっていないとき、不満があるときというのは、どうしても同じような不満や迷いを持っている人たちとつながりがち。そしてネガティブスパイラルが始まります。だから、あなたからポジティブなオーラを発するのです。そうすれば、同じような空気を持った人が自然に集まってきます。

見返りを期待せず「この人のために自分のポジティブなオーラを使おう」と思って行動を続けていくと、周りの人との間に微笑ましく暖かい信頼関係が生まれてきます。

利害関係にかかわらずお互いに信頼し合える人間関係をつくりあげていくうえで、これらはとても大事なことだと思います。

真夜中の幸福論
コンテンツ提供元:ジョン・キム

もし付き合っている相手が、自分に対して不満を抱えているとしたら…。後々、「まったく気付きませんでした」とはなりたくない。特に、手遅れになるようなことには。...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
ジョッキに麺が入っています。衝撃!
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
恋とは一体何か?恋をしている人の習性は、恋愛という感情は何なのか?恋を愛へと発展させていく前に、まずは恋についての理解を深める必要があります。拙著『来世で...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
対人関係において持つべきなのは、与えることに徹する意識。そんな意識を持って接することができれば、相手からの自分に対する認識は変わっていく。01.自分自身が...
人間は一人で生まれ、最終的には一人で死んでいく。実は今、生きていること自体が、いかに奇跡的でありがたいことなのか、わかっている人は意外に少ない。これが本当...
私は両親と早くに離別し、小学生の頃から炊事や洗濯などの家事を全部一人でやって暮らした。当然、経済的には底辺で、食べ物も満足に手に入らなかった。そんな非常に...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
自分の弱い部分や恥ずかしい部分などは、人に隠してしまいがち。けれど、あえて見せることで親近感を持ってもらえたり、関係が上手くいくことがある。「弱さ」は決し...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
ここで紹介する「Elite Daily」の記事は、パートナーがいる女性にぜひ読んでもらいたいもの。すでに気づいているものもあれば、「なるほど!」と思う項目...