「マイナス思考」は変えられないと感じている人が、かなり損をしている理由。

「ネガティブな人」と言っても、いろいろな人がいるでしょう。自覚している人もいればしていない人。または、一見ポジティブにみえて実はマイナスな事ばかり考えている人など。もしあなたがどれかに当てはまるなら、この「Elite Daily」の記事をオススメしたい。

昔は自分も悲観的な考え方をする人間だったと語る、Julia Guerraさんが書いたもの。諦めなければ、今からでもポジティブ思考になることはできるとのこと。ただし、これから紹介する6つのことを実践すればの話です。

01.
前向きな人と一緒にいる

あくびが伝染することは知っていますよね?ポジティブなエネルギーにも同じことが言えます。生き生きした友人と付き合うことは、絶え間なく続いていたマイナス思考から抜け出すカギです。

誰かとお喋りするような気分じゃなくても問題はありません。悩み事について語る必要はありませんし、気持ちが塞いでいることを打ち明ける必要もありません。瞑想スタジオ「Inscape」の創設者でCEOのKhajak Keledjian氏によると、マイナス思考の人は、前向きな人たちに囲まれるだけで、大抵の場合、笑顔になれるということです。

「彼らはあなたのことを深く知らないかもしれませんが、伝わってくるエネルギーには、気分を変えてくれる力があります」

02.
「過去」と「現在」を切り離す

マイナス思考の傾向がある人は、何らかの理由がある場合が多いです。「悲観的な人は、過去に起きたことがキッカケでネガティブな行動をするようになる場合が多いのです」と、ドクターDanielle Forsheeは言います。

「ネガティブな人は、友人からのメールを “攻撃的” や “中傷的” と解釈するかもしれない一方で、ポジティブな人は同じメールを、 “友好的” や “愉快” と解釈するかもしれません」「コミュニケーションに対する点で、両者の間には違いがあるのです」

あらゆる状況や人は異なりますから、それらを個別に受け止める必要があります。親友に裏切られた経験があなたにあり、それがトラウマで、新しい絆の形成を邪魔しているのなら、過去を現在から切り離して前に進むための方法を学ぶことが重要です。

個人的に効果的だと思う方法は、会話や状況をありのままに受け止めることです。私は最悪なケースを想定しがちなので、そのようなことを避けるために急いで結論にいたったり、ネガティブな反応をしたりする前に、物事をありのまま受け止めるようにしています。

03.
「直感」を信じる

これには訓練が必要ですが、自分の直感を堂々と信じる方法を学ぶことは自分自身にできる最も有益なことの1つです。

「幸せ」に関して言うと、自分がどのような人や場所、物にストレスを感じるのか把握していることでしょう。小さなことでもストレスと感じることは“警告のサイン”です。何かがおかしかったり、すぐに身を引く必要があるということを伝えているのです。

女性のエンパワーメントとビジネスの専門家で、メンターであり演説者でもあるHannah Monahan氏によると、私たちは自分の声に耳を傾けて、直感をもとに判断を下すたびに、より強い自分へと成長できると言います。

このような感覚を学び、喜びやストレスをもたらす人や物を発見できる能力を身につけることはパワフルなスキルになります。Monahan氏は「何が起こっているか、何をすべきかを把握する先天的な能力」を活用することを女性に勧めています。

04.
ネガティブな思考回路を絶つ

マイナス思考な人はネガティブな考え方をしますが、それこそが重要なポイント。私の話を最後まで聞いてみてください。

自身をミレニアル世代のライフコーチだというJess Hopkins氏によると、一般的に前向きな人は悪いムードを一時的な現象と考えていて、ポジティブな物事は続くと考えています。その反対の性格の人は、時々「一度起きた失敗は、今後もずっと失敗していくことを意味する」と考えています。

あらゆる人々が、人生のちょっとした嬉しい物事をすべて無視して、ネガティブな物事だけに集中したら、この世界は極めて憂鬱な場所になるでしょう。

「とはいえ、ネガティブなんです」という人はどうすれば良いのでしょう?Hopkins氏はこう提案しています。

「すぐ結論づけたり、ネガティブな思考に支配されてしまう前に、深呼吸をして心を落ち着かせて少し時間をとってみてください。そして、客観的な目線で状況を率直に評価してみるのです」

結局のところ、思考は単なる思考にすぎないので、変えることは可能なのです。

05.
意識して言葉を発する

「Sticks and stones may break my bones, but words will never hurt me(棒や石は私の骨を砕くかもしれないが、言葉が私を傷つけることはない)」ということわざがありますが、悲観的な人は言葉で傷つくこともあります。ネガティブなマインドセットは、精神状態、環境、自分で否定的なことを言ってしまうなど、幾つかのことに由来しています。

もし前向きな考えができないのなら、何も言わないようにすることです。行動科学者で、ブログ「You're Just A Dumbass」を書いているClarissa Silva氏はこのように語っています。

「ポジティブな物の見方ができるようになるには、ネガティブな意味合いを持つ言葉やフレーズを言わないようにする必要があります」

これは「いいえ」や「できない、したくない、しない、すべきでない」のようなワードを使わないことを意味しています。

「重要なのは、問題ではなく解決策です。あなたにNOを言う人は、問題を生み出しています」

と、Silva氏。

06.
瞑想をして、
自分の行動パターンを知る。

これはとてもありきたりな方法に思えるかもしれませんが、信じてください。日常的な瞑想は、より幸せなライフスタイルへとあなたを導いてくれます。1日に最低5分でもいいのです。考えを整理して、目的意識を定めてください。

Keledjian氏は、見識をもち、自分や周囲を覚醒させるために、インスピレーショナルな名言を毎朝読んでから1日を始めているそうです。

「目的意識を定めてじっくり内省するための機会を得ること。この認識は、あなたが立ち向かうあらゆるものを明確にするのに役立ちます」「瞑想することで、あなたの意識全体が高まるでしょうし、自分の行動パターンを詳しく把握できるでしょう」

不思議に思えるかもしれませんが、音声ガイド付きの瞑想も数多く存在していて、わかりやすく実践することもできます。(アプリ、Headspace、YouTube など)。

さあ皆さん、ポジティブ思考を身につけましょう!

Licensed material used with permission by Elite Daily
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
日常で起こる何気ないできごとでも、知らず知らずのうちにマイナス思考になっていませんか?でも、物事のどこにフォーカスを当てるかによって、その感じ方は大きく変...
悲観主義の人々は、過去にどれだけの成功を収めようとも、今回は違う結果が起こり得ると考えて、悪いほうに傾いた可能性を想像しすぎる傾向があります。けれど不安を...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
楽天的な人は何も考えていないという事はない。彼らはむしろ、ネガティブな事が起きた時に軌道修正ができたり、物事に対して冷静な判断を下せたりする。ライターのS...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
少しでも今ある自分、現状を変えたいと思っていても、どうしたらいいのかと頭を捻る人は多いはず。「I Heart Intelligence」の記事は、そんな人...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
好きなことだけして、楽しくお金を稼げたら、そんな幸せなことはありません。ですが現実は、好きな仕事ばかりではありませんよね。任された仕事を淡々とこなすだけで...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
どうしても抜けない腰の痛み。何もしていないのに首の調子がおかしい…。もしかしたらその痛みは、心の不安が原因かもしれません。心とカラダは繋がっている、と断言...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
ネガティブな言葉は、自分の中から生まれてくる「わるい思考」です。間違ったクセである「思考の負債」を背負わず、ポジティブに生きていくためのヒントを紹介しまし...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...