他人へのイライラを「正しく抑える秘訣」に納得!

心身ともに調子が良い時であればいいけれど、嫌なことや悩みがある時だと、ちょっとしたことでもイラッとしてしまう。これが続いたりすると、自分に嫌気がさしてしまうことも。

そんな私の心を少し軽くしてくれたのは「The Schoo of Life」の「しょうがない」という言葉。イライラしてしまうことは誰でもあるということを前提に、ではどのようにしたら冷静になれるのかを解説している。

イライラはある心理現象に関係

E819ed4c0ee7159e18e88d2931c5e45c311f160f

冷静になる方法として最も重要なことの1つは、抑えること。もしそれが理不尽な状況であっても。

B25b044b82c65df847e637afb2a03e6049424713

私たちは何かあった時、なぜ簡単にネガティブに考え、誰かを批判したり傷つけたりしようとするのだろうか。これは心理現象に関係していて、自分が嫌いであればあるほど目に入るものを攻撃の対象にしてしまうというものだ。

94685f5f9db24cc48f0a09ae06b874f845a0f7c3

「やっと落ち着いて仕事をしようとしていたのに、どうして外で工事をしているの?」「ミーティングの直前なのに、どうして必要なメールが届かないの?」「電話で話しているオペレーターは、詳細情報を確かめるのにどうしてこんなに時間がかかっているの?」

私たちの誰もが「対象」になってしまうことは、仕方がないことなのです。

子どもには寛容的に
なれるのはナゼ?

66fdc3a87e8ad600cb730a42c296bbc503783257

幼児は、時々、あなたが頭にくるようなことをする。世話しているのに叫んだり、怒って食べ物が入った器を投げつけてきたり、拾ってきた物をすぐにまた投げたり。

8d688a615f285fc7bb9e3562de80e63b2bbc62f3

けれど、このような行為に憤りを覚えたり傷ついたりするのは稀。なぜなら、ネガティブで意地悪な動機があったとは思わないから。

Bbb43d18fedaf2ef9d7db6ade7e872bd3d69d0b4

例えば、「少し疲れていたんだな」とか、「どこか痛いところがあったのかな」とか、「弟に嫉妬していたのかな」とか。

このように広く考える準備ができているのだ。だからこそ、こちらがパニックになったり酷くイライラすることはない。

対象が「大人」だと逆に…
どうしたら冷静になれるの?

46783df10dbc1a715dff6d0af7e3b7d188e15068

しかし、大人を相手にすると反対のことが起こる。例えば、列に並んでいる時に割り込みされたりすると、自然と相手がズルをしようとしているかのように判断してしまう。

Ccf1baca38a8c5a6697d23351164dd408ae4aedd

でももし幼児に対する解釈の仕方を取り入れたとしたら…、「よく眠れなかったのかもしれない」とか「膝が痛かったのかもしれない」とか、「恋人と上手くいかないことがあったのかもしれない」のように、判断が違ってくるかもしれない。

8f6aaee00de192c7533371b3e3723cba6d58851f

フランスの哲学者によると、誰かのことを悪く思う変わりに私たちは“ピン”となるものを探すべきだという。

A93086e3bbfb08753f038773c9c58eb33540567e

どのようなことかと言うと、相手の行動のもととなっている「苦悩」を探すということ。

9fe68862190c41a330e0d9fdb5a575fd6222e4f3

私たちが見えないところで、彼らも苦しんでいると想像すること。大人になるということは、目に見えない人の痛みを想像していくことでもある。

5a4b66276d1631c1578097c2319199927fb2368b

怒っていないように見える人にだって、自分のことしか考えていないように見える人にだって“ピン”はあり、ただ表に出していないだけだ。

E2dc352011166eacdbd7cba18123c5b15d70ed7d

私たちがすべきことは、怒るかわりに「同情心」を持つことなのだ。

Licensed material used with permission by The School of Life
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
楽天的な人は何も考えていないという事はない。彼らはむしろ、ネガティブな事が起きた時に軌道修正ができたり、物事に対して冷静な判断を下せたりする。ライターのS...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
相手から何か気に障ることを言われてイラッとした時、つい態度に出てしまっている人は要注意。出したところで、結局雰囲気は良くなるわけじゃない。であれば、落ち着...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
生きていく上で切っても切り離せないのが「人間関係」。異なる考えを持つ者同士、わかり合えないのも当然と言えるかもしれません。ここでは、家入一真さんが発案し、...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパ...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
気兼ねなく接することのできる人もいれば、とっつきにくい人もいる。できることなら後者とはなるべく関わらないようにしたい…という私的な思いは通用しないのが、社...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...