「当たり前だ」とバカにしてはいけない、ネガティブゾーンの脱出法

何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考にとらわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂鬱な気分が抜けなかったり。

I Heart Intelligence」のライターDondi Leighさんは、ネガティブな思考に陥らないための5つの方法を紹介しています。言われてみれば当たり前かもしれないけれど、いざというときに意外とできていないことなのかもしれません。

01.
とりあえず
頭を空っぽにする

ネガティブなことは、一度考え始めてしまうといつまでも頭に残り、時に深刻に捉えすぎてしまうもの。なので「ちょっと悪い方に考え始めているな」と気付いたら、一旦考えるのをやめてみましょう。

思考は一時的なものなので、無視し続けていると自然と頭から消えていきます。冷静に、フラットな視点で向き合えるようになるまで待ちましょう。

02.
「今やっていること」に
全力で意識を向ける

今の自分自身の状況や感情に心を集中させ、あるがままの現実を受け入れるこの方法。「マインドフルネス」と言われた方がピンとくる人も多いのでは。これはネガティブな思考を根絶やしにするだけでなく、日々をより幸福に、平穏に過ごすために役立ちます。

マインドフルネスの実践はいつでもできます。たとえば私だったら、今キーボードを叩いているこの指の感覚や、タイピングする音に集中する、といったように。

コーヒーを一杯淹れるにしても、マインドフルネスを実践すればその深い香りと味わいをいつもより楽しむことができます。「今ここで起きていること」だけに意識が向くので、ネガティブな思考は自然と消えていきます。

あなたが今していることに、全身全霊を向けてみてください。

03.
仮説を立てない

仮説を立てるのは簡単です。そしてそれは、恐ろしいひとつの可能性として私たちの頭を支配してしまうことでしょう。けれど、忘れないでください。それはまだ起きていないことなのです。

仮説を立てて、それを丁寧に覆すことで安心感が得られるかもしれませんが、まだ起きていない仮説は捨てて別のことに集中した方が、平穏な時間を過ごすことができるでしょう。

04.
くどいようだけど…
考えすぎない

気がかりなことを心に留めておくのは大事なことかもしれません。しかし、そればかりに心をとらわれて過剰に考えるのはやめましょう。繰り返しになりますが、ネガティブな思考は時に人をパニックに陥らせてしまうほどのパワーを持っています。

自分が考えすぎているなと気付いたら、一度そのことを頭から振り払いましょう。

05.
一歩引いて
客観的に考える

ネガティブな思考にとらわれてしまう自分を、客観的に見てみましょう。冷静な目を持つ「もうひとりのあなた」が、落ち込んでいる自分をコントロールせねばなりません。

一歩引いて、自分がネガティブ思考に陥っていないかチェックしてみましょう。この方法と先ほどのマインドフルネスを一緒に活用すれば、ネガティブな思考は消えていきます。 

今の自分ではどうしようもないことを気に病んでしまうのが人間というものですが、それは心の健康によくありません。起こるかどうか分からない「将来の不安」にとらわれず、今の自分に集中することが、心を安らかに保つ一番の方法かもしれません。

Licensed material used with permission by I heart intelligence
もしあなたがネガティブだとしても諦めないでください。悲観的な考えをしてしまうからと言って、前向きになれないわけではないのです。ここに今すぐ試せる6つのこと...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパ...
楽天的な人は何も考えていないという事はない。彼らはむしろ、ネガティブな事が起きた時に軌道修正ができたり、物事に対して冷静な判断を下せたりする。ライターのS...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
「なんだか最近ツイてない…」「私、負のオーラが出ている気がする」きっと、誰にでもそんな時期があるはず。でも、実はネガティブな気を寄せ付けない方法があるみた...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
一度きりの人生。夢を叶えられるかどうかは、あなた次第です。そして、その夢に向かって努力する過程で必要なのが、何よりポジティブな心構えだと教えてくれるのは、...
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...
沖縄県・那覇市の国際通りから少し入ったところ。県庁前駅の近くにある「焼肉バカ一代」。どんな気分のときに行くべきか? もちろん、バカになりたいときだと思うん...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
どうしても抜けない腰の痛み。何もしていないのに首の調子がおかしい…。もしかしたらその痛みは、心の不安が原因かもしれません。心とカラダは繋がっている、と断言...
ネガティブな言葉は、自分の中から生まれてくる「わるい思考」です。間違ったクセである「思考の負債」を背負わず、ポジティブに生きていくためのヒントを紹介しまし...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...