仕事が驚くほど上手くいく、人間関係のつくり方「7つのコツ」

ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとした秘訣をお教えします。

01.
初対面の人と会うとき
先入観や思い込みを捨てる

出会いの数は多いけれど、なかなか人間関係を構築できない…なんて嘆いている人は、一人一人と丁寧に向き合えていないのかも。たくさん人に会うより、心を込めて人に会いましょう。そしてまずは、「この人ってきっとこんなタイプ」といった先入観や思い込みを捨てること。先入観がある状態だと、相手の話が違って聞こえたりすることがあります。まずは先入観を持っていないかな?と自問自答してみて。「苦手意識」も先入観です。

02.
場の雰囲気を整える

what i want to do2

目の前の相手がリラックスして話ができるように、その場の空気を整えること。あなたの聞く体制は整っていますか?相手が話しやすい雰囲気を作ってあげましょう。きちんと相手の方に体を向ける、笑顔で話を聞き、相槌をうつ、オープンマインドでいるなど。場の雰囲気が整うと、相手も心を開いて、思わぬ話からビジネスチャンスに発展するかも。

03.
人に何か教えるときは
口よりもとにかく行動

あなたが心からの笑顔で接していると、相手の表情がだんだんとほぐれ、最後には笑みを浮かべていたって経験ありませんか? このようにポジティブな態度というのは周囲に伝染していくのです。これは、人を教育したいときにも応用できます。従業員や部下に対して口でいうよりもまず行動で示していますか? 例えば私はサロン経営時代、接客や身だしなみなど注意するよりも、まずは自分がやってみせていったところ、スタッフのレベルが格段に上がっていきました。

 04.
素直さと行動力を磨く

what i want to do2

私がスタッフを雇うとき、選考基準の第1位は「素直に行動できる人」。キャリアやスキルがなくても、素直で向上心がある人なら、すぐに吸収して行動して成長してくれます。
そのような部下がいたら、「もっと教えてあげたい」と思いませんか?同じように自分自身もそうあると、先をいっている方がどんどん色んなことを教えてくれるようになります。素直に行動できる人は、上の人から好かれます。

05.
自分だけの世界に固執せず
まわりに謙虚な姿勢で向き合う

私は「人を巻き込む」ことが得意です。しかも、相手が気つかないうちに…!それは、「自分も楽しんで、人も楽しませる」ことが得意だからだと思います。ビジネスは自己満足ではなく、相手があってこそ。自分の世界に固執するのではなく、いかに相手に楽しんでもらえるか・喜んでもらえるかということだと思います。そのためには謙虚な姿勢で、相手のニーズと向き合うことが重要です。
1人だけの力というのは限りがあります。人と人とが出会って化学反応を起こしたときに、大きな流れが生まれるのです。だからこそ、自分だけの世界に固執せず、謙虚な姿勢でまわりと向き合うことがとっても重要!

 06.
不満を言いたくなったら
いったん、深呼吸

what i want to do

ネガティブな感情を口にしたくなったら、一度、深呼吸しましょう。今、自分は冷静ではないという場合、なるべく人と話をしないのが一番。なぜなら、それが現実になってしまうから。ネガティブなことが思い浮かぶのは人間だからあたりまえ。でもそれを思った時に口にだすのではなく、自分の中で受け止めて消化する仕組みをつくりましょう。言葉はエネルギーを持ちます。自分で制御できなくなる前に、日頃から発する言葉に注意しましょう。

07.
ネガティブトークには乗らない

もしも会話で誰かの悪口や陰口・噂話になったならば、私はその輪をそっと抜けます。悪口や陰口というのは何も前向きなことが生まれません。ネガティブなエネルギーを受け取って、自分のモチベーションに水を差されるのって嫌ですよね。
人のネガティブトークに付き合うのは、時間とエネルギーの無駄でしかないのです。それよりもポジティブな言葉を発してポジティブな人の連鎖を作った方が、毎日楽しくなります。

好きなことでお金を稼ぐ方法〜楽しみながら成功している人の38の秘密〜
コンテンツ提供元:長谷川朋美

「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
まもなく新年度。就職や転職、部署異動といったキャリアの転機を迎える人も多いと思います。厚生労働省が2013年に行った「労働安全衛生に関する調査」では、...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
やり甲斐や達成感。仕事においてこの点を重要視する人も多いですが、一方で職場関係に苦手な人がいるとなかなか対応に困るもの。ついには「べつの仕事を当たったほう...
人は得てして自分をよく見せようとするので、自分の短所や弱い部分をすすんで明かしたりはしないでしょう。口に出すのは大体、自分の長所や成功談になるのではないで...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
人気起業家である猪熊真理子さんの著書『「私らしさ」のつくりかた』では、なりたい「私」の見つけかたから、好きなことを仕事に変えて、ファンをつくるまでの方法が...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
自分の弱い部分や恥ずかしい部分などは、人に隠してしまいがち。けれど、あえて見せることで親近感を持ってもらえたり、関係が上手くいくことがある。「弱さ」は決し...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
プレイングマネジャーのビジネス・コミュニケーションで大切なのは、たった5秒の日常会話。自著『プレイングマネジャーの教科書 結果を出すためのビジネス・コミュ...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...