14人の面接官のホンネ。採用を躊躇した「これだけは気をつけたほうがいい」

就職・転職活動でもっとも大切なものといえば、やはり面接。失礼なミスはもちろん、準備不足や、実力が発揮できない、なんてことはくれぐれも気をつけたいところ。

そこで、ライターのKim Quindlenさんが「Thought Catalog」にてまとめた「面接官たち語る、不採用になる14の過ち」を紹介しましょう。

01.
目を合わさない

「せっかくの面接なのに、しっかり目を合わせて話ができない人は、赤信号だね」

02.
面接官の名前が
頭に入ってない

「私は、相手が聞き取れるように自己紹介の場面でハッキリと名前を言うの。そのあとも自分の名前を何度か会話に入れ込むわ。だけど一番最後に私の名前を聞くと、ほとんどの人が忘れているの。緊張してるのはわかるんだけど、逆にしっかり覚えてくれている人がいると、即採用したくなっちゃうのよね」

03.
短所を長所に
見せかける

「『短所は?』という質問に『働き過ぎてしまうところでしょうか』なんていう返事がよく返ってくるんだ。本当かよ、って思っちゃうね。」

04.
志望動機が
うまく説明できない

「せめて志望している会社のことくらい、調べてきてから来社してほしいな」

05.
レジュメの
つじつまが合わない

「レジュメに記載されていることに関して質問をすると、ポカンとしている人がたまにいるんだ。適当にでっちあげていることがバレバレだよね」

06.
面接の場でも
ユーモアを

「志望者を気に入るかどうかは、ここにかかってるかな。ブラックユーモアにもついてこれるような人がいいよね」

07.
仕事以外での「魅力」が
見えてこない

「プライベートでは何もしていないの?ウソでも何かパっと思いつけるものはない?って思っちゃうね。そこで固まってしまう人だと、こちらとしても何もできないな」

08.
笑顔を見せてくれない

「緊張しているのはわかるけど、笑顔ひとつで空気が和むものなんだ」

09.
スーツがシワくちゃ

「だらしないし、真剣な姿勢が見えない。はい、次の方、って思っちゃうかな」

10.
話を聞いているようで
聞いていない

「面接が終わったあとに、必ず会社概要、理念、そして社風の話をするんだ。説明が終わったら志望者に質問があるか聞くんだけど、適切な質問をしてくれる人もいれば、終始ニコニコしながらも、わけのわからない質問をしてくる人もいる。見極めるポイントはここだね」

11.
スキルや強みが
あやふや

「きみが入社して使えない人材であれば、僕の責任になるわけだから、もちろんベストな人しか選ばない。だからこれまで培ってきたスキル、そしてどうしてこの会社に適しているのかをハッキリと説明できないのであれば、きみを選ぶことはできない」

12.
せめて歯磨きを!

「お願いだから、面接前に歯を磨いてきてくれ。たまにいるんだ。歯と歯の間にほうれん草が挟まってると、いくら答えがしっかりしていても、どうしても真面目な人に見えなくなってしまう」

13.
「あの...」「えーと...」が
多い

「こういう話し方は、知的に聞こえないので、使わないように気をつけたほうが得策だね」

14.
お礼をしない

「たとえ実力が発揮できなかったとしても、退室する際に『ありがとうございました』が言えない人はアウト。2秒もかからないわけだし、お礼は忘れず言うようにしよう」

Licensed material used with permission by Thought Catalog
「採用」とは、十分下準備をして、ようやく勝ち取れるもの。ですが、会社が求めているものと自分が発信することにズレが生じてしまうと、せっかくの準備も水の泡です...
現在、ほとんどの企業が人材採用の際に行っている(対人型の)面接、これを「何の役にも立たず、むしろ最悪の手段」とまで言い切る人物がいます。組織・人事コンサル...
まだ社会人経験がないなか就職活動をすると、不安なことばかりで、面接前に緊張することでしょう。この記事を読んで、すこしでも事前準備を整え、自信につなげてください。
良い会社づくりにもっとも重要な「採用プロセス」。「Inc.」のJeff Haden氏によると、エジソンはこんな方法で人の本質を、一瞬で見抜いていたのだとか。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
IT系企業の採用面接に向けて、インタビューのスキルを向上させるオンラインサービス「Interviewing.io」の女性CEO、Aline Lerner氏...
デコルテが見えるワンピースを着て撮った証明写真を履歴書に添付すると、面接へ進む確率が高くなる、という驚きの研究結果がフランス・ソルボンヌ大学の心理学者、S...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
優秀な人材を見極めなければ!とは言うものの、ぶっちゃけ一緒に働いてみるまでわかりませんというのが本音かも。ハイヤリングに関する様々な方法論を書いた著書もあ...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
やり甲斐や達成感。仕事においてこの点を重要視する人も多いですが、一方で職場関係に苦手な人がいるとなかなか対応に困るもの。ついには「べつの仕事を当たったほう...
就職活動や転職活動って、とても緊張しますよね。自分で「こんなことを話そう」と準備していても、予想していなかった質問をされるとつい焦ってしまうことも。ですが...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回から...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。どんなこ...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...
仕事の面接に赴いた応募者たちが告げられたのは、合格でも不合格でもなく、次の面接会場。「今から、あの山へ登ってください」。これは、Columbia(コロンビ...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...