「男の子」と「大人の男性」はここがちがう

米ウェブメディア「Elite Daily」で人気の恋愛ライター、Paul Hudson氏。数ある彼の記事のなかでもとくに人気を集めたのが「大人の男性」と「男の子」の見分け方をまとめたもの。

大人の男性と付き合いたい女性は必見です。

01.
自分の生活環境に
こだわりがある

男子寮みたいに男くさくて、ゴミ置き場のように足の踏み場がない──なんて部屋はあり得ないですよね。「大人の男」は、健康的な生活を送るための環境作りを大切にします。部屋をキレイに保つこともできないくらい怠け者なら、今は大丈夫でも、そのうちあなたとの関係もおざなりにしはじめるでしょう。

02.
今、何をすべきか?
正確に判断できる

重要なのは計画性です。たとえ数々の仕事を渡り歩いていたとしても、それが目標を達成するために必要なステップであれば問題ナシ。「大人の男性」の行動には、全て意味があります。

03.
お酒に飲まれない

たとえ飲み過ぎたとしても、人に迷惑をかけないのが「大人の男性」。どんな状況であれ、情けない姿なんて見せません。

駅まで迎えに行かなきゃいけない、家に帰ってきてから介抱しなきゃいけない、こんな男性はまだまだ子どもな証拠です。

04.
反論する時でさえ品がある

いくら愛し合っているとはいえ、全ての意見に同意するのは不可能でしょう。「大人の男性」は、パートナーに無理に合わせることなどしません。むしろ自分の考えを持って、率先してそれを伝えます。もちろんリスペクトとユーモアを持ち合わせ、あなたの考えを聞く準備も整っています。

05.
目指すゴールが明確

もちろん一番はパートナーであって欲しいですが、そうじゃない男性もいます。ただひとつ言えるのは、大切なものが何かわからないのは、未熟さの現れ。「大人の男性」は目指すゴールが明確で、そのための努力も怠りません。

06.
自分の心も体も
大切にしている

外見も内面も、まるで整備が行き届いたマシンのように、いつも万全の状態です。

07.
いつも夢を応援してくれる

「そんなことできない。達成できるわけがない」と毒づくのは、未熟な男にありがち。一方で「大人の男性」は否定的な言葉を使いません。むしろ「君ならできる」と、ポジティブな言葉をかけてくれるはず。とくに愛する女性に対しては。

08.
文句を言うのは
時間の無駄だと知っている

物事を正面から捉え、結果を出すのが「大人の男性」。ぶつぶつ文句を言うなんて女々しい行動はしません。

09.
選択肢を与えてくれる

「何する?」「君のしたいことなら何でもいいよ」なんて空虚な会話はしない。彼女が意見を求めたら、必ず選択肢を出す。つまるところ、不要な質問やおうむ返しはしない、というのが彼らの礼儀です。

10.
2人でいる間は
彼女に関係のないことをしない

心の中では仕事や趣味のことが気になっていても、2人でいる時はその素振りを見せません。彼女を楽しませることに精を尽くします。

11.
間違いを正直に認める

何かミスをしても下手な言い訳でその場を逃れようとはしません。人間は誰しも過ちを犯すものだとわかっているので、恥じることもないでしょう。まず間違いを認めなければ成長なんてできない、ということを理解しているのです。

12.
あなたの価値観を
尊重する

彼女の存在をまるごと包み込むくらい広い心を持っているので、一緒にいて心地がいいのは言うまでもありません。きっとこれまで持っていた男性へのイメージも払拭されるでしょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「わかっているつもりだったのに、まったく相手のことを理解できていなかった…」なんて経験、ありませんか?恋愛で失敗する原因は、あなたが異性のことを知らなすぎ...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
学生のときは、一緒にいて楽しければそれで良かった。でも結婚を意識する年齢になってくると、それだけでは物足りなくなってくるもの。もう子供っぽい男性と付き合っ...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
どうせ付き合うなら、長く続く関係を求めるのが当然です。そこで大事になるのが、パートナーとなるべく男性が、「男の子」ではなく「ジェントルマン(紳士)」である...
ついつい、うっかり、本気で好きになってしまった。
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
彼氏にいつのまにか浮気されていた、真剣に付き合っていたつもりだったのに、相手は体が目当てだった…。こんな辛い恋の経験がある人は、次は絶対「一途な男」を見つ...
『ちゃんとした男』の定義が難しいところではあるのですが、男性の見極め方が知りたいということで、いくつか該当しそうな記事をピックアップしてみました。もし、自...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。職場でテキパキと仕事をこなしていたり、メールやLINEの返事がシンプルだったり、合コンでも媚びていなか...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
恋愛の伝道師とも言われる女性ライター、Dina Z Coladaからすると「ダメ男と付き合うなんて人生のムダ。すっぱり縁を切りましょう」っていうのが幸せに...
「一見良いようで実は害がある関係」や「ダメ男」と付き合ってしまっていない?特に、その特徴は些細な行動として表れるもの。でも、この5つの特徴を頭に入れておけ...
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...
夫や彼に対して「最近全然相手にしてくれないし、前と比べて雰囲気も変わった」と思ったことはありませんか?もしかしたらそれは、不倫のサインかもしれません。「E...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
都合のいいときだけ連絡がくる、ウソをつく…。この人、大丈夫かな?と思いつつ気持ちをごまかしていたかもしれませんが、その男性「恋人として最低」の可能性もあり...