恋人に携帯電話をオープンにすべき「6つの理由」。スマホはもう一人のアナタ自身。

Elite Daily」のこの記事の論点は、恋人にスマホを見せ合えるか否かというもの。ライターDan Scotti氏の主張は、「恋人には隠すべきじゃない」。恋愛とプライバシーの境界線、いったいどこに正解があるんでしょう? She orchestrates her mornings to the tune of coffee


隠すことがない関係こそが透明な関係。単純ですよね。「やましいことがない」と自信がある人ほど、社交的でよく話す人。自分自身や過去について恥じることがないし、本当の自分を見せることに戸惑いもありません。見た目の通りの人物なのです。 一方、自分に自信がない人はその反対。そして、大抵の場合、何か隠し事があるものです。結果、閉じこもりがちになり、長い会話も避けます。何を考えているのかよく分からないことも多いでしょう。本来の自分とはまったくの別人になって、何かを隠したり、不安から逃げようとするために。そもそも、隠し事というのは、理由なしには生まれません。それは、後ろめたい秘密がある証拠。 これは、恋愛関係についてもしかり。とくに、スマホに原因があることがよくあります。恋人がスマホやその中にある内容を隠したがったら、何かを隠しているという可能性が高いでしょう? 悪いニュースを伝えたいわけではありませんが、早めに知っておいた方が、将来、悲しまずにすむ場合もあります。 もちろん、スマホは個人的なものだし、恋愛関係においてもプライバシーは必要。だけど「情報を隠す」ことは、どんな状況であれ、端からからみれば怪しいもの。恋人のメールを全部読んだり、写真をチェックしたりという訳ではななくても、一度疑いの念を抱くと、気になって眠れませんよね。相手にそう思わせてはダメです。私の言うスマホを隠すべきではないとは、こうした意味からです。

01.
スマホはもう一人の
アナタ自身だから

She orchestrates her mornings to the tune of coffee 現代において私たちデジタル世代は、あなたがどう考えていようと、多くの時間をスマホに向かって過ごすものです。つまり、スマホはすでに人生の一部と化していて、自分の好きな物、音楽、映画、趣味、それらがすべて反映されているのです。つまり、スマホを見られたくないと思うのは、あなた自身をさらけ出すことができないのと同じ。その方が安心だと思ってしまっているからに他なりません。

02.
言い訳がましい
説明が不要になる

もしも、恋人があなたの目を盗んで、スマホをコソコソといじるような仕草がまったくないのなら、その人があなたに隠し事をしている可能性は、限りなくゼロに近いと思って間違いなし!ですが、恋人の電話にあなたが聞いたこともないような名前が登場したとき、その理由説明がちぐはぐしていたり、辻褄が合わないようなら、残念ですがそれは偶然ではないでしょう。

03.
暗証番号よりも
二人の関係が優先

She orchestrates her mornings to the tune of coffee 付き合っているならば、恋人には完全にオープンであるべきです。「たまには…」なんて通用しません。当然、問いつめられた時だけというのもダメ。4桁の暗証番号を恋人に知らせることを、ためらっているようならば、あなたはまだ、その人を本当の意味で、その人を受け入れることができていないのかもしれません。

04.
自分を隠すための
道具ではない

お互いを信頼できる恋人同士なら、スマホの中のコンテンツを隠す必要もないはずです。スマホ画面の中の人物と、現実が同じならばですが。もしも、あなたが「見られたくない」と思っているものがスマホの中にあり、それを見てしまうことを恋人が恐れているとしたら、多分、あなたはパートナーに相応しくない相手だということ。

05.
現実逃避した世界で
仮面の自分を創り出すことも

She orchestrates her mornings to the tune of coffee これを認めるかどうかは別にして、スマホはいとも簡単に、現実とは別の、仮想現実の世界を創り出してしまうもの。例えば、実際の見た目以上に写りのいいセルフィーで、人を騙すことだってできる。「恋人に限ってそんなことはない」と、いくらあなたが思っていたとしても、その電話の中身を確かめるまでは決して分かりません。それが、デジタル時代を生きる私たちの宿命なのですから。

06.
共有、共感するリアル体験が
薄れてしまうから

すでに、あなたの体の一部と化している人も多いでしょう。でも、私たちはそろそろ、スマホばかりで一日を過ごすことを止めるべきです。もちろん、現代社会を生きるうえでスマホは必要不可欠です。だけど、現実とスマホの中の世界が混在してしまっては、トラブルの元になりかねない。そのことを強く意識する必要があるのです。

Licensed material used with permission by EliteDaily

Benedetto Bufalinoは、私たちが見慣れているモノを予想外のカタチに作り変えてしまうアーティスト。今年の夏、新たに人間を持ち運べる「携帯電話...
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
今やテレビの中の世界になってしまった「黒電話」。あの進化版が登場。
「巨人がきたら、かけがえのないものが、跡形もなくなるの」大人になれば、悩みごとも困ったことも、すこしは誰かに上手く伝えられるものかもしれない。
トロントの企業「AHLOT」は、マリファナをたくさん吸ってきた経験のある人を募集中です。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
どんなに仲が良くても、隠し事のひとつやふたつはあるもの。一生隠しておいたほうが良いことだってあるかもしれない。けれど、その人が大切だからこそ、「自分を理解...
夢占いにおいて「電話やスマホ」は、コミュニケーションや人間関係を暗示するアイテム。例えば、こんな夢を見たことはありませんか?1.電話がかかってくる夢は、人...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
「Moto Zen」のスペックは「電話」と「電話」だけ。必要最低限のコミュニケーションを取りたい人向けのスマホだ。
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」のイベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
現在、世界の人口は約72億人。そのうちの約60億人が持っているとも言われるケータイ電話。水洗トイレを使っている人が45億人であることを考えると、爆発的な普...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
これまでも環境対策などで率先して規制などを導入してきたハワイ。今回は全米の主要都市を率先して歩きながらの携帯電話、その他手元で使える電子機器の使用を禁止す...
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
すこしでも恋人に対して「ん?」って思うことがあるのなら、「Elite Daily」で掲載されていたパートナーに“浮気癖”があるかもしれない注意すべき4つの...