外出先でバッテリー切れを起こしたくない人のための携帯電話

 「だったらバッテリー不要の携帯電話にすればいい」、もうこの発想に至った時点でお見事!でしょ。外出中にスマホのバッテリーが切れる、これは致し方なしだと思っていたから。

ワシントン大学が世界で初めて、これを実現しようとしています。

電力源は「無線信号と光」

コンピュータ科学の研究所であるPaul G. Allen Schoolによって開発された、充電不要の携帯電話「Battery-free Cellphone」。なんでも、これの電力源はふたつだそうで。

ひとつ目は、周囲の基地局から受信する無線信号。もうひとつはで、携帯に埋め込まれた米粒サイズのソーラーパネルで電気に変換するんだとか。

供給される電力量はかなり少なそうですが、一般的なスマホの液晶ディスプレイが3.5W程度の電力を必要とするのに対して、こちらはわずか数マイクロW程度で動くため、十分に事は足りるというのです。

通話をしても消費電力が最小限になるよう、工夫が随所に。例えば、思いきってモニターを排し、機能も電話をかけるという究極の目的だけに絞り込み。

通話の仕組みも革新的。

電話の回線にはスカイプを利用します。最新の携帯電話は、音を伝えるアナログ信号をデジタルデータに変換することで通話を可能にしているそうですが、この電話はマイクやスピーカーの振動を利用して、音声をデータ化するシステムを採用することで、極限まで電力消費量を抑えているんだそう。

ひとつデメリットを挙げるとすれば、振動が伝わりやすいようデバイスに口を近づけて話す必要があるという点。また、音声データをデジタル変換する方法が「送信」と「受信」で異なるらしく、送信と受信を同時に行うことができない、という面も。本体に備え付けられている切り替えボタンを押しながら、通話をする必要があるというから、現状はトランシーバー状態なんだろうな。

それでも、若干の手間はかかるものの「充電不要」という便利さと引き換えだと考えれば……、決して惜しくはない作業かもしれませんね。

今のところ、電話機能のみに焦点を当てて開発されているそうですが、今後は省エネパネルを使用して、電話にスクリーンを追加できるよう研究を進めるそう。

災害時など、電力が不足しているときにも活躍が見込めそうな「Battery-free cellphone」でした。

Licensed material used with permission by Paul G. Allen School of Computer Science & Engineering
「Zanco S-Pen」は、マルチな機能が付いたペン型の携帯電話。レーザーポインターやボイスレコーダー、静止画や動画撮影などなど。さまざまな機能を駆使す...
今やテレビの中の世界になってしまった「黒電話」。あの進化版が登場。
Benedetto Bufalinoは、私たちが見慣れているモノを予想外のカタチに作り変えてしまうアーティスト。今年の夏、新たに人間を持ち運べる「携帯電話...
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
2月15日から「Makuake」で先行販売中のモバイルバッテリー「BRICKSPOWER」の新シリーズは、無線給電、LEDライト、スピーカーなどに変化する...
Energizer社の「P18K Pop」は、電話を90時間できて、音楽を100時間聴けて、動画を2日間見れます。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
どんなに仲が良くても、隠し事のひとつやふたつはあるもの。一生隠しておいたほうが良いことだってあるかもしれない。けれど、その人が大切だからこそ、「自分を理解...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
幼児向け知育雑誌『幼稚園』の最新号が攻めていると話題に。付録として登場したのは、なんと「公衆電話」。紙のパーツを組み立てて作る公衆電話には、さまざまなギミ...
夢占いにおいて「電話やスマホ」は、コミュニケーションや人間関係を暗示するアイテム。例えば、こんな夢を見たことはありませんか?1.電話がかかってくる夢は、人...
「Elite Daily」のこの記事の論点は、恋人にスマホを見せ合えるか否かというもの。ライターDan Scotti氏の主張は、「恋人には隠すべきじゃない...
ガラケーからスマホに変わり始めたころ、家電量販店の「携帯電話アクセサリー」コーナーのさらに隅っこに、ひっそり置いてあった手帳型のスマホケース。こんなもの誰...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
アメリカ・メリーランド州に住む男性は、サンタクロースに扮して子どもたちに電話をかける活動を実行中。現在は問い合わせが殺到するほどの大好評となっているらしい。
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
これまでも環境対策などで率先して規制などを導入してきたハワイ。今回は全米の主要都市を率先して歩きながらの携帯電話、その他手元で使える電子機器の使用を禁止す...
先日「Google」は、現代人のデジタル生活を改善するべく「デジタル・ウェルビーイング」に関するアプリを発表。専用封筒に入れて“電話機能”だけの使用を可能...
スマホにピタッとくっつけて、ワイヤレスで充電してくれるモバイルバッテリー「AIR PLUS」がクラウドファンディング「GREEN FUNDING」に登場。
Bluetoothで手持ちのスマホとペアリング。それだけで電話の受発信ができる「Banana Phone」です。