知らなきゃマズイ「ホノルルの新ルール」

「歩きスマホ」にはもしもの危険が潜んでいる。たとえ南国のリゾートアイランドであっても。

先だって、オアフ島ホノルル市議会で、この歩きスマホを厳しく取り締まる条例が可決されました。知らずに違反した場合、罰金を課せられることにも。

電子機器全般
「ながら歩き」に注意!

違反の対象になるのは手元で使う電子機器全般。スマホはもちろん、タブレットやビデオゲームもその対象。さらにはデジカメ(ディスプレイを覗き込んだらアウト)も含まれるというから、旅行者であっても他人事とは言ってられません。

あくまで禁止となるのは、道路を横断しながら使用する行為。けれどそこはワイキキ。ビーチの向こうに沈む夕日を撮影しよう、なんて迂闊に道路を渡ったりしたら…ということ。

程度によるのか、罰金は15〜35ドルとバッファがあるようです。これ、初めて注意されたときの金額で、2回目となるとさらに罰金が課せられるんだとか(最大で99ドル)。もちろん、何かトラブルに巻き込まれたり、緊急を要するような電話使用については例外ですけどね。

これだけ厳しく取り締まるのも、ローカルだけでなく観光客たちの“ながらスマホ”によるマナー違反や、接触事故が頻発している現状があるから。

ホノルルから本土へ
条例制定までの決断力

これはオアフ島だけに言える話ではありませんが、ワイキキでこのような規制が始まる背景には、アメリカ国内の事情を反映し、本土に率先して条例化までもっていくホノルル市議会のアイデンティティがあるように思えてなりません。

というのも「US National Safety Council」によると、2000年からの10年間で歩行中に携帯電話を使用しながらケガをした人の総数は11,000人以上にのぼるそうです。おそらくその大半はアメリカ本土のものでしょう。

一昨年には、環境への影響を懸念してレジ袋を全面的に禁止したハワイ。当時も本土に先駆けての試みでしたが、「歩きスマホ禁止」も、もしかしたらホノルル発のスタンダードとなるかもしれませんね。

そうそう、条例の施行開始は、2017年10月25日から。夏の混雑を避けてオアフを訪れようというみなさん、ご注意を。

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております(2017/08/04 16:30)

バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
「観光」「グルメ」「ショッピング」。少し強引かもしれませんが、数年前まで旅の目的といえば、この3要素しかなかったと言っていいでしょう。しかし近年は、人々が...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
ハワイ・ホノルル、海水浴客で賑わうはずのワイキキビーチから人影が消えた…。2015年8月23日から24日(現地時間)にかけて、ホノルル市内を大雨が襲った。...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
Benedetto Bufalinoは、私たちが見慣れているモノを予想外のカタチに作り変えてしまうアーティスト。今年の夏、新たに人間を持ち運べる「携帯電話...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
ダイアモンドヘッドも、ワイキキのビーチも、サーファーも、パンケーキもない。なのに、たった1本のヤシの木で十二分に、あの常夏の島への憧憬を抱かせてしまう。ぼ...
ハワイ島と言えば大自然。そこには海も山も火山もあり、一度は訪れてみたいと願う人は多いのではないか。特に、止まることなく流れる溶岩。Erez Maromさん...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
海外旅行に行くために航空券を検索→「安い!」と思ったら燃油サーチャージが含まれていないらしい→結局高いこのサイクル、旅行好きなら一度は経験したことあります...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...